熊本に出張したときの最高セフレとの出会い

私は今、26歳の独身サラリーマンで東京に住んでいますが、熊本県には向上がありますので月に2~3回出張しています。私は熊本に出張すると行きつけの喫茶店に行くのですが、そこにとてもきれいな女性がいます。
この女性は32歳の人妻でパートで働いている女性です。先日出張したときにもこの喫茶店に行って彼女と話していて誰もいないときに、「これから一緒に食事に行きませんか??」と誘ってみたんです。彼女は考えていましたが何とか誘い出すことに成功して、私が宿泊しているホテルのレストランに行きました。イタリアンを食べてから、ホテルの中にあるバーに行ってお酒を飲んでまったりしたところで「これから僕の部屋に来ない??」と誘ってみたんです。
するとあっさりOKが出て、私の部屋に入りました。別々にシャワーを浴びてから、いよいよベッドインですが、キスをしてみると彼女は嫌がることなく応じてくれたので、バスタオルを取っておっぱいを触ってみました。「アァ~ン」と小さな喘ぎ声を上げながら感じて、彼女も私のアソコをシコシコしてくれました。
私もアソコを触ってみるとすでにグッチョリ濡れていたので、コンドームを装着して正常位で挿入しました。腰をフリフリすると彼女は意外と大きな喘ぎ声で感じてくれて、私までこうfンしてきてドピュッと発射してフィニッシュしました。これ以降私たちは定期的に連絡を取り合って、私が熊本に出張したときにはいつもセックスを楽しんでいます。

まさか女の子から迫られるなんて


僕の友達はとのかく大の女好きです。
まぁ、見た目もそこそこいいし、性格も明るいから女の子にモテるっていうのも理由の一つかもしれません。
そんな彼は、とにかくナンパをします。
彼が言うには一生のうちに出会える女の子は限られているから、できるだけたくさんの女のことで会いたいのだそうです。
たしかに、そうだなって思うけど、僕はどちらかというと知らない人と話すのは苦手だからナンパは苦手です。
だから、友達と一緒にいる時には、全部友達がひとりでナンパしています。
でも、いいやつだからちゃんと一緒に遊んでいる人数とあう女の子のグループに声をかけてくれます。
その日は、いつも遊んでいる友達の一人が海外に転勤がきまってみんなで旅行に行こうと熊本に行った日でした。
夜に飲みに出かけたときに案の定、友達がナンパをしようと言いだしました。
ちょうど、店に女の子3人組がいて、人数のつり合いもとれたので、友だちはすぐにナンパをして女の子たちのテーブルに僕たちが動くことになりました。
女の子たちはどの子もレベルが高くて、正直僕はドキドキが止まりませんでした。
しかも、積極的な子たちで彼女たちの一人の家にそのままの飲みにいくことになりました。
アパートについて、自然と3グループに分かれていました。
家の主の彼女が僕の相手でした。
彼女はそっと僕の耳元に唇をよせて隣の部屋に行こうと誘ってきました。
僕は、素直に彼女の言う通りにしました。
まさかと思ったけど、隣には友達や彼女の友達もいるからさすがにないだろうと思っていたのですが、彼女がベットに座って僕も隣に座ったとたんに、そっと唇を重ねられた時には驚きました。
まずいでしょってぼくがいうと、彼女はみんなお楽しみ中だよってくすっと笑いながら言いました。
確かに耳を澄ますと小さな喘ぎ声が聞こえてきました。
ね、しようよって女の子に上目遣いに言われて、僕は理性がとび、彼女とそのままHをしました。
熊本には、2泊3日の予定でしたが、予約をしていたホテルには泊まらず、ずっと彼女の家に泊まって、6人で遊びました。
熊本から帰る時に、空港まで見送りに女の子たちは来てくれました。
連絡先を渡そうとした僕を彼女はそっととめて遠距離恋愛は苦手なんだって笑っていました。
僕にとっては、夢のような熊本旅行でした。
友達も、最後にいい思い出ができたと言って、海外に行ったのでよかったです。

熊本でナンパ


僕は27歳です。
一人旅をしたのが、1年前でした。
日本国内を旅行して、
熊本に仲の良い友達が出来きました。
その後ふらりと熊本に出かけては
その友達のはなれを利用し寝泊まりしていた。
今回は、面白いことになった。
熊本城で、一人の若い女に
写真を撮ってもらえないか?と声を
かけられた。
可愛い子だった。ロングの黒髪が
いい感じだ。
もちろん。と答えて、
どう?いい感じに撮れてるでしょう?
モデルと城がいいからね。とウインクを
すると、女は赤面して、僕の撮った写真をみて、
大満足だった。
そして、いとも軽く、
一緒に熊本城を見物することになり、
一緒に過ごした。
実は、知人のはなれに泊まっていて、
部屋も余っているから、
来ないか?と誘った。
部屋が余っているのは嘘だった。
女は着くなり、あれ?一部屋しかないわ。
と意地悪ねっという目つきで僕を
見てきた。
君が可愛かったからさ。
怒らないで欲しいな。と
いって、二人部屋の中に入った。
そして、しばらく、手は出さず、
会話を楽しみ、
その後、女の身体を引き寄せた。
女の身体は暑くなって行った。
感じてるね。
もっと感じさせてあげる。と
言って、抱きしめて、
膝を触った。
スカートをずらして、
パンティーに手をかけた。
早くも女のパンティーはぐちょぐちょに
濡れていた。
美味しそうだな。と言って、
パンティーの中に手を突っ込んだ。
そして女を押し倒して、僕の股間を
擦り付けた。
もうすぐ、凄く気持ち良くしてあげるから。
と言って、さらに
どんどん擦り付けて行った。
そして、僕は彼女のパンティーに射精しました。

熊本でギャル二人組をナンパ成功したのち、セックスフレンドになりました


熊本のあるシェアハウスで暮らしている男性です。
私は普段コンビニのアルバイトをしながら、正社員を目指して就職浪人をしています。
20代前半の今のうちに仕事も見つけて、いずれ恋人もゲットしたいと考えているのですが、仕事が決まらない内はうまく行動をすることができません。
いい出会いもなく、恋人を作ろうにもどうしたらよいのか途方に暮れていたのですが、友人からある観光地のスポットに行けば簡単に女性をゲットできると聞き2人で行ってみました。
友人はイケメンということもあり、自分だけでナンパをするよりも成功率が上がりそうなので助かります。
棚から牡丹餅を狙う勢いなのが申し訳ないのですが、今の私にとってはこの戦法が精一杯なのです。
こちらが二人組なので、狙う女性ももちろん複数人をターゲットに声をかけました。
一人だと気を使わせてしまうばかりか恐怖心を抱かせてしまう恐れがあるので、効率を考えればこの方法がいいそうだったんですよね。
こうして二人組を狙ってあらゆる女性に声をかけまくった結果、20代前半のショップギャル店員と親しい仲になりました。
お互いに雰囲気的にマッチしていたのかすぐに打ち解けることができて、各自ホテルへと向かってそのままベッドインしました。
最初は複数人でのプレイをする予定だったのですが、女の子がそれを拒んだので仕方がありません。
とはいっても、私好みの巨乳で積極的なギャルの方をいただけたので最高にラッキーでした。
このギャルとは月に二回ほど連絡を取り合ってプレイするセックスフレンドになりました。

熊本観光のついでに民宿のサラリーマン男性と深い関係になりました


熊本に観光に来たのは今年で4回目になります。
どちらかといえば、地元の料理を味わったり、人との出会いを大切にしているので、宿泊する場所も民宿系を選んでいました。
民宿は熊本の地元の料理が食べられることもありますが、家族とのふれあいもすることができるので気にっていたんですよね。
女性の1人旅となると危険がつきもののように思いますが、日本に限っていえば危険なこともありませんでした。
できるだけ夜間は出歩かないようにしたり、知らない人にはついていかないように気をつけている、といった基本をきちんと守っているからかもしれません。
今回泊まった民宿にはまだ結婚をしていない若いサラリーマンの男性とその家族とで経営をしていました。
私はそのサラリーマンの男性に一目惚れをしてしまったんですよね。
ほとんど挨拶ぐらいのものでしたが、もっと知りたいという欲求が強くなってしまったのです。
とはいっても向こうがこちらに興味を示さなければ声をかけることもままなりません。
とくに、女性から声をかけることに抵抗があったのでどうしようか迷いましたが、思い切って携帯電話番号のメモを渡してみました。
民宿の中で交流をするのは他の家族に知られてしまう恐れがあったのでメッセージが届くことを祈っていたのですが、なんと彼から外で会いたいとの連絡が入ったんですよね。
お互いを深く知るためにはまず身体の相性を確かめた方がいいと思って、そのまま勢いで彼に捧げたのです。
身体の相性もよく、今では遠距離恋愛をしながら交際しています。

熊本でナンパをしたことのなかった男が中の下ランクの女性に声をかけて自信をつけた話


茨城県から熊本に引っ越してきたのは、もともとやりたいことがあったからでした。
熊本でしかできないことをしようと張り切ってきたのはいいのですが、なかなか幸先のよいスタートを切ることはできませんでした。
家族の反対を押し切っただけに茨城に戻ることもできず、かといって熊本に頼ることができる人もいません。
私に圧倒的に足りないのは度胸だと感じたので、とりあえず度胸をつけるために熊本でナンパをしてみることにしたんです。
出会いの基本といえばナンパですが、これも自分に自信がなければ行うことができません。
かといってプライドもあったのでとびきりな美人には声もかけることができず、中の下を狙って声をかけることにしました。
ナンパなんて今までにしたことがなかったので最初は及び腰でしたが、だんだんと断られることにも抵抗がなくなってきたんですよね。
ある意味吹っ切れたといえばいいのかもしれません。
何人にも声をかけていくと、だんだんに私について興味を持ってくれる女性もちらほらとあらわれてきました。自分はそこまでイケている方ではありませんが、たくさんの女性と接したことでたまたま好みにマッチしたのでしょう。
中の下ランクに声をかけているつもりでしたが、よくよく見るととてもかわいらしい顔立ち、そして性格をしていました。
最初はナンパのつもりだったのですが、彼女の気立ての良さに一目惚れしてしまい彼女の部屋で一夜を過ごし、交際へと発展していったのです。
今では本当に真面目なお付き合いをしていますが、自分への自信にもつながったので、感謝しています。

わざわざ九州までセフレに会いに。


私は東京生まれ東京育ちであり、あまり地方に赴くこともなく東京から出ることなんて滅多にありません。
そんな私が先日かなりの円滑地熊本に赴きました。
理由は、べたで旅行なのですが実はそれ以外にも理由がありました。
それはセフレに会うという目的でした。

私はネットを使い良く女性と会うのですが、普段は都内でこそこそやっているので、もちろん地方にまで出向くことはありません。
しかし、今回熊本に行くことになったのは彼女がどうしても私のタイプの顔だったからです。
お互いに写メを好感したのですが、彼女はなんとハーフ系の顔で私の大の好みでした。
事実、彼女は23歳のあるメーカーのOLで父親がカナダ人だそうです。

そして、いろいろと省いて書きますが、飛行機に乗りそれからバスに乗り彼女と待ち合わせ場所の下通アーケードというところに行きました。
地方にめったにいかない私は、失礼な言い方ですが小さいな商店街を想像していたのですが、
実際に行くと都内のちょっとした繁華街と変わらないほど人が多かったです。
そのエリアの一角に存在する某ファーストフード店前に行くと、彼女がすでに待っていました。

彼女は、写メで見るよりも若干老けて見えましたが、ハーフだけあって流石に美人さんでした。
彼女「本当に東京から来るとは思わんかったよー」
と彼女の方言を聞くと、ハーフの顔立ちとのギャップで感動しました。
また、いろいろと省いて書きますが私たちは食事をして、とあるラブホテルに行きました。

ホテルに入る前のエレベーターで私たちはすでに濃厚キスを交わしており、ハーフだけあって彼女は外人さんのような大胆さがありました。
そして、部屋に入ると再びキスを交わし私は胸をもみ、すぐに上着をはぎとりました。
彼女の胸はEカップあり、ストレートな日本人と比べ色が白く、乳首も真っピンクです。
彼女「めっちゃ感じるけん、やめてよー」
と熊本訛りで喘ぎます。

次は、ズボンを脱がしパンツもすぐに脱がし、すぐさまクンニをしました。
彼女「いや、やけんやめてよぉぉー」
しばらく私はクンニを続け、熊本の方言での喘ぎを小一時間堪能しました。
その後、彼女にフェラをしてもらった後、私たちは合体しました。

白くて大きなお尻を叩きながら、後ろからひたすらつきまくりました。
バックで着くたびに、でかいおしりの肉が揺れ、私はハーフの美体をおいしく感じました。
その後も、正常位と駅弁、立ちバックと体位をころころと変え、最後は顔謝で占めました。
彼女「ハァハァハァめっちゃ疲れた。 でももっかいしたい!」
となんとおねだりされ、私は結局その日は4回も夜の運動会に挑み、次の日は疲れで観光を諦めたほどでした。
でも、たまには地方でセフレと会うのも悪くないと、今回の旅で感じました。


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

傷心中のサラリーマンと一夜を共にした


住みやすいことで知られる熊本ですから、毎年のように新築住宅が多く建てられています。そのためか、住宅販売の営業マンをよく見かけます。不労所得で生活している私には関係のない人たちですが、実は性欲発散に貢献してもらうことがあるので完全に無関係とは言えません。熊本にはハツラツと活動している営業マンもいれば、残念ながらそうではない人もいます。私が性欲発散のために狙うのは、後者の営業マンだけです。
午後の散歩を楽しんでいると、公園のベンチで泣きながら弁当を食べている男性を発見しました。襟元には住宅販販売社のバッジが見えましたから、仕事で失敗したのだろうと勘付きました。普段ならそっとしておきますが、その日の私はセフレと関係を解消したばかりだったのでラムラしています。ダメ元で誘ってみようと思いたち、コーヒー缶を二本持ちながら彼に近付きました。私が睨んだ通り、今月で契約が取れなければ彼はクビになってしまうようです。そんなことはお構いなしに、私はナンパし始めました。
何もかもがどうでもよくなっていた彼は、仕事中であるにもかかわらずナンパの誘いに乗り見知らぬ女性と肉体関係を持つ決意を固めました。しかし、行為中は聞いたことのない女性の名前を彼が叫んでいました。どうやら同じ会社のお局事務員だということがわかり、その人に直接向けられない怒りを私の体にぶつけているようです。あまりに激しい責めに何度も絶頂させられてしまい、彼はすっきりした表情で外に出て行きました。体の相性が抜群の彼とは再び会えておらず、連絡先を聞いておけば良かったと思っています。

熊本駅のロータリーで出会ったぽっちゃりさん


熊本駅のロータリーでは、可愛い女の子が沢山いるので、ナンパをするのにはすごくいいスポットだと思っています。
ここで私は何人かの女の子のナンパに成功したことがあります。

この日は少しぽっちゃりした可愛い女の子を見つけました。
細い女の子もすごく好きなのですが、ぽっちゃりな体型の女の子もすごく好きです。

彼女も丁度暇をもてあましていたようだったので、私の声賭けにも感じよくついてきてくれました。

軽くお茶をしながら彼女との距離を縮めていこうと思いました。
しかし、彼女のほうから「やりたくて声かけたんでしょ?じゃあ行こうか」といった感じでした。
あっけらかんといわれて私は彼女と一緒にホテルへ行くことに。

彼女のこの発言で、きっとこんな経験は何度もあるんだろうなと思いました。
ナンパされなれているかんがあってちょっと引いてしまいましたが、それでもすごく可愛かったので、私は彼女と一緒にホテルに行くことにしたのでした。
彼女とのセックスがどんな風になるのかもすごく楽しみでした。

駅前の近くにあるラブホにはいり、彼女のほうから積極的にキスをしてくれたり、求めてくれました。
彼女の体つきもすごくよかったのですが、セックスの相性もすごくいいと思いました。

1回戦では終わらずに、2回戦もしてくれて、すごく最高なセックスをすることができました。
彼女もここまで気持ちのいいセックスをしたのは初めてだといい、私たちはその後、セフレとして定期的に会うようになって行きました。

旅行先でナンパされた体験談


私は友人と一緒に熊本へ旅行に来ていました。
九州地方へ旅行をするのは、学生時代の頃の修学旅行以来の出来事になります。

熊本市内や、阿蘇を堪能し、景色を見たり、ご飯を食べたりと、すごく充実した日を過ごすことになりました。

しかし、2日目の計画を友人としていたのですが、何と、友人の彼氏も熊本に来ていると言うことで友人は2日目を彼氏と過ごすと言い、私は突然のフリーに・・・

どうしていいか分からず、とりあえず計画をたてたことを一人で実行していました。
せっかくの熊本旅行なのに、一人では少し寂しいものがあります。

そんなことを思っていたときに、一人の男性から声をかけられました。
「一人なの?一緒に遊ばない?」
ナンパをされることはなかなかないので私は少しドキッとしつつも、なかなかのイケメンフェイスに即答でOKしました。

一人よりいいかなと思い、私は友人と計画していたものを彼にいい、彼はそれに付き合ってくれることに。

夜になって居酒屋で飲んでいたのですが、彼から「お友達はいいの?」と言われ、少しは気に欠けているようでした。
でもきっと友人はホテルには帰ってきません。
彼氏と一緒にすごしているに違いありません。

なので、この日は私も、彼と1日を共に過ごすことにしたのでした。

彼とホテルに行くと、早速セックスをしました。
友人のことも頭にはないくらいに、すごく気持ちのいいセックスを堪能できたようなきがします。

友人との修学旅行は思いもよらない展開になりましたが、結果的には楽しかったです。

阿蘇へドライブ


私は熊本市にすんでいます。
出会い系サイトで、同じ熊本市内の男性と知り合いました。

彼は私よりも3歳年の離れた人でした。
出会い系で知り合って2週間がたち、ついに私たちは会うことになったのでした。

私は食べることが大好きなので、それを知って彼は阿蘇のドライブを計画してくれました。
この日はお互いに始めてあったのですが、お互いに第一印象はすごくよかったのです。
彼も私のことを「可愛い子でよかった」と安心したようでした。

熊本県のご当地グルメ「あか牛バーガー」を食べ、阿蘇の景色をドライブをしながら堪能し、彼との会話も沢山楽しみました。

沢山車を走らせ、沢山会話をし、ご飯も楽しんだ後、夜景スポットへと向かい、人気のないところで2人きりになるのでした。
私は、すごくドキドキしていました。
きっと何かあるんじゃないかと思いながら少し期待していたのです。

そして、期待は実現へと変わっていきました。
初めてのカーセックスを体験するのです。

彼は私のパンツの上をなぞり、パンツを下ろします。
そして、気持ちのいいクンニをしてきます。

車の中で激しくあえぐ声は、車中に響き渡るものでした。
彼もそんな状況にすごく興奮しているのか、かれのモノが一気に私の中に入ってきました。
車の中で激しくあえぎまくる私たち。
乱れ狂うように激しいセックスが数時間続くのでした。

出会い系でであったこれとはその後もセフレとして仲良くしています。
彼とのセックスは忘れられないものとなっています。

熊本市内の社会人サークルで知り合った人とセフレの関係に


毎日仕事と家の往復をしていることが嫌だったので、地元熊本市内で活動している社会人サークルに参加することにしたのです。
カラオケサークルと言うのがあり、私はそのサークルに入りました。

サークルは毎月1,2回の頻度で定期的に行われており、サークルのみんなはすごく仲がよかったです。

社会人の人や既婚の方など、いろんな人がいました。
そして、独身の男性も所属していたのです。
その中で気になっていた人もいたのですが、実は彼も私のことが気になっていたんだそうです。

彼とは最初はサークル内で仲良くしていたのですが、そのうち個人的にも会いたいといわれ、私たちは個人的にも彼と何度か合うことになったのです。
一緒にご飯を食べたり、飲みにいったりと、すごく楽しい時間が流れました。

デートを重ねて5,6回目のときに、ついに進展が起こったのです。

いつものようにお酒を一緒に飲んでいたときのことでした。
私は、「そろそろいい出会いがないかな~」なんて何気なくつぶやいたのです。
彼は「○○は可愛いから絶対いるよ~」の後に・・・「たとえば俺とか・・・俺とか・・・俺とか笑」
私は、すごく嬉しかったけど、彼がナンパ目的でこのサークルに入っていることをここ何度か2人で合っていて分かってきました。
それでも、私は彼に乗っかったのです。
この日はすごく人肌が恋しかったので、寂しさを埋めたかったのでした。

この日は、彼の誘導でホテルに行き、思い切りアツい時間を楽しみました。
サークルではいつもとは変わらない関係でいます。

アパートの管理人さんに誘惑されて・・・


私は地元が熊本なのですが、社会人になったら一人暮らしをしようと、家を出たのです。
お金はそんなに持っているほうではなかったので、仕事で成功したらいいところに住もうと思い、小さなぼろいアパートに住むことにしました。

そこで出会った大家さんは私よりも3つ年上のお姉さんでした。
私に何かと気を使ってくれる彼女は、たまに料理をしに来てくれたりとすごくお世話になっています。
母親のような存在の彼女でしたが、ある日、衝撃な事が起こったのです。

夜になり、そろそろ寝よう年た時でした。
チャイムが鳴り、出てみると、大家さんだったのです。
「あがってもいい?」
と言うので、家に上げたのですが、いつもと何か雰囲気が違います。

突然服を脱ぎだし、私はあわあわとしてしまいました。
「どうしたんですか?」
「うん・・・セックスしに来たの」
シレっと言う彼女はもう素っ裸になっていました。

私が何かを言い返す前に彼女は私にキスをしてきたのです。
私も、彼女のエロい体つきにはすごく興奮を隠すことができず、私のモノはもう元気になっていたのでした。

彼女のフェラはすごく格別でした。
あまりにも気持ちよすぎて思わず声が出てしまいました。

すごく優しいお姉さんのように感じていた彼女は今は小悪魔な女性になっていました。

私は彼女に押し倒され、コンドームをつけると、彼女のほうから挿入してくるのでした。
すごく気持ちいい腰使いに私も負けずに、腰を振り、最終的には同時フィニッシュをするのでした。

阿蘇熊本空港での刺激的な出会い


都内から、出張で熊本に行くことになり、阿蘇熊本空港で大きな荷物を必死で運んでいました。
そんな私の荷物を少し持ってくれる男性がいたのです。

「大変そうだったので・・・」
といってさりげなく私の荷物を持ってくれた男性もまた、都内から出張で熊本にやってきたんだそうです。
宿泊先のホテルも同じだったので、私たちは一緒に向かうことにしました。

お互いに、知り合いがいなくて寂しい思いをしていたのですが、この出会いによって寂しさは解消されそうです。

その日の夜はホテルの近くにある居酒屋で一緒に食事をし、私の部屋に彼を呼んで一緒にお酒を楽しみました。

飲みすぎた私たちは、お互いに添い寝をして、ふと目が覚めると、彼は寝ていました。
彼の寝顔を見てキスをすると、彼は目を覚まし、流れがままにお互いにキスをしました。

キスをするうちにお互いに止まらなくなり、そのままセックスをしたのです。
この日のセックスはすごく激しいものでした。
初めてのセックスでしたが、お互いに気持ちのいいところを知り尽くしているかのように気持ちのいいセックスをしました。

この日は3回戦くらいし、お互いに休むことなくただ、求め合うのでした。
そして、私も彼も何度も絶頂へと向かっていくのでした。

出張期間中は、彼とのセックスを思う存分に楽しみました。
そして、今で互いに出張から戻ってきていて、都内でも定期的に会う関係になっています。

孤独な場所でであった彼は、今では私の彼氏です。
セックスの相性もすごくぴったりです。

熊本の中華街でナンパされた体験談


熊本城下の中央街では土日になるといつも大勢の人でにぎわっていました。
私は歴史が大好きで、よく熊本城を訪れていたのです。

この日も、カメラを持って夕方時の熊本城を撮ろうとしていたのでした。

そこに一人の男性から声をかけられ、「よかったら熊本城をバックに撮りますよ」と言われたので、私はお言葉に甘えて撮ってもらうことにしました。
写真を撮ってもらい、熊本城について少し話しをしました。
時間も夕方だったので、彼は私をご飯に誘ってきました。
私は彼の誘いにOKして夕飯を一緒に食べることにしたのです。

私が彼の誘いにひょいひょいついていったのは、歴史と同じくらいに、セックスにもすごく興味が合ったから。
彼とはきっとそんな関係になるんだろうなと思っていました。

セックスには興味があるのですが、セックスの経験は多くはありません。

彼に、セックスについて話してみると、「じゃあ俺でいろいろしてみようか」といい、私たちはホテルへと向かうのでした。
彼のセックスは、少し荒々しいセックスで、私の好きなセックスでした。
私も激しく彼のことを求めました。

そして、彼は私の敏感な部分を何度も愛撫し、私は何回イカされたのか分からないほどに沢山イカされるのです。

こんなセックスはすごく初めてで、セックスについて今まで以上に興味を持ってしまうのでした。
彼とはその後、連絡先を交換して、今ではセフレの関係になっています。

彼と会うときはいつも濡れてしまいます。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪