旅行に行った際に、ナンパをしました。

これは去年の話ですが、出会い系サイトで出会った友人二人で旅行に行った際に、ナンパをしました。

旅行先は関西であり、大阪や京都の観光地を巡っていました。

もちろん、夕方になると観光は終えて、ナンパをします。

その友人とは、学生時代の同級生であり、共にナンパが好きなので二人で行う事も多いです。

ナンパを行ったのは、京都の繁華街で若い女性がたくさん居たので、

やりがいがある場所でした。

中々足を止めてくれる女性は居ませんでしたが、ナンパを始めて2時間後にようやく話を聞いてくれる、

女性が現れてくれました。

女性は2人組だったので、我々男子2人と食事に行く事になりました。

食事に行ったのは、京都では有名な居酒屋で、話をして盛り上がりました。

二人とも専門学校生であり、どちらかと言うと派手で、ギャルっぽい子達でした。

お酒が入ると、世間話から下ネタに至るまで、楽しく盛り上がり、

段々と男女4人は夜の雰囲気に流されていました。

そして、居酒屋での飲み会を終えると、男女ペアに分かれて別行動する事にしました。

それはもちろん、各自分かれて夜を過ごすという意味を表しています。

私が一緒に行動した子は、20歳の専門学生で、ファッション関係の学校に通っている子です。

背は小柄で、茶髪にパーマを掛けている、よく出会い系にいそうなギャル系です。

流れてホテルに行くと、2人でシャワーを浴びてベッドに入りました。

彼女とキスをして、胸を愛撫していると、彼女も私のペニスを握り返してきました。

そして、クンニをすると、彼女は小動物のような声で喘ぎます。

それから、彼女にフェラチオをさせると、根元までずっぽりと加えて、

上下激しいストロークで、私は射精しそうになりました。

その後、彼女の膣にペニスを挿入して、一つになりました。

彼女の小ぶりのおしりを揉みながら、バックで突いていると、彼女は凄まじい喘ぎ声で叫んでいます。

その後も、正常位や駅弁などの体位を試し、その夜は2回戦まで行いました。

それから、友人ともう一人の女の子も、その夜には愛し合ったそうです。

このように、ナンパは観光の醍醐味だとも言えます。

先輩女性社員の「1時間おしゃぶり」のおかげで早漏克服


新卒で入社した会社に、28際の先輩女性社員がいました。同じセクションでしたので、毎日顔を合わせますし、飲み会なんかでもよくいっしょになります。
きれいな人だな、とは思ってましたが、当時僕に学生時代からの彼女がいましたので、それ以上の感情は抱きませんでした。ところが、むこうから、誘ってきたんです。
職場の忘年会はお開きになって、それぞれタクシーで帰ることになったときのこと。「方向、いっしょだから、いっしょの車でいいよね」と彼女に言われ、僕は「?」。たしかに、かなりおおざっぱにいえば「同じ方向」といえないことはありませんが、ちょっと無理のある「同じ方向」だったからです。
けれどもちろん、僕に断る理由はありません。タクシーに2人で乗りました。近いのは僕のアパートなので、まずそこをめざすことに。そして、僕のアパートに着いたとき、彼女は当たり前のようにタクシー代を払い、いっしょにタクシーを降りたのです。これにはびっくり。
けれど彼女に「わかってるでしょ。大人なんだから」。そして彼女は僕の尻をなでたのです。女性がそんなふうに男の尻を触るなんて、想像したこともありません。尻から股間に、電流が走ったみたいにしびれました。
僕の部屋で、当然エッチしました。1発目が終わったとき彼女は、「もう少し長く持つようになったほうがいいね。それじゃ、今の彼女も不満かもよ」。僕に彼女がいることは、以前話してあったので、その先輩も知っているのです。
それから、その先輩の「特訓」が始まりました。いきそうになっても、先輩が「OK」するまで発射はNG。なんどもなんども寸止めさせられました。一番すごかったのは、丸1時間じゃぶられて、なんどもいきそうになるたびに根元を力いっぱい握られ、「まだだめ。まだだめ」と言われたこと。自分で言うのもなんですが、僕のちんこはけっこうでかいほうなので、先輩はぼくのちんこをしゃぶるのを気に入っていたのかもしれません。
その先輩とは2年近く関係をつづけたあと、先輩に彼氏ができたところで別れました。僕は学生時代からの彼女と、そのときまだつきあいが続いていたので、おたがいあとくされなく、きれいに関係を解消することができました。
先輩のおかげで、早漏は解消されました。今でもあの「1時間おしゃぶり」を思い出すと、勃ってきます。

初めての3P


専門学生だった私。実家に住んでいて、両親はものすごく厳しくて。

マンションの2階に住んでいたんですが、私の部屋の窓から抜け出し、1階の居住者の小窓の屋根に足をつき、両親に内緒で何度も深夜に部屋を抜けだしていました。

その日は、出会い系サイトの男友達から「みんな集まってるから遊びにおいで」って誘いがありました。

実はこの人、私の中学の時の同級生でその当時、私の好きだった人なんです。

出会い系サイトで偶然一緒になり、同じクラスになったのです。

とりあえず、部屋を抜け出し、タクシーをつかまえて彼の家に。

そしたら、みんないるって言ってたけど、彼の他に部屋には同じクラスの男の子と、彼の弟とその彼女。「えっ、みんなは?」って言ったら、もう帰っちゃったって言われました。

そこから、いろいろ話して1時間くらいたったのかって頃に、彼の弟とその彼女が、私達の前で、いちゃつき始め、どうどうとキス。しかも舌をものすごくからめてジュバジュバって言わせてディープキスを始めたんです。

弟の手は彼女の胸をまさぐり始め、彼女は恥じらいもなく、あえぎ声をあげていました。

その瞬間、私の横にいた中学の時に好きだった彼が、座っている私を押し倒してきたんです。

中学生の時に好きだったし、拒絶するのもと思い、彼の思うがままに。

彼は、私の上に馬乗りになり、私を舐めまわし、「気持ちいなら、もっと声出して。」って。

私が、弟カップルに負けないくらいあえぎ声をあげると、彼は、ものすごく興奮し、ビンビンになった自分ののものを、私の口に、無理やり押し込んできました。「吸って」と言われ、夢中で吸って、舐めまわしました。

その時でした。もう一人の出会い系サイトの男の子が、我慢できないって感じで、ハアハアって荒い息をたてながら、私の下着をはぎ取り、挿入してきたのです。

挿入してきた男友達のアソコは、もう今にも出てしまいそうなくらい、大きくなっていました。

気がつけば、私は3P。その横で弟カップルもセックス。

初めての経験に、私は興奮し、アソコはビチョビチョ。ついには、しおを吹いてしまい、もう絶頂。

同時に、2人の男友達も、私の顔とお腹に、発射。

3Pも始めてだったのに、乱交も経験した日でした。

大学生だった時、出会い系サイトで遊ぶお金に料亭のアルバイトをしていました。


夜間の帰り道で・・・
5時くらいに出勤して、団体さんの宴会などが入った時は帰宅が夜中の12時を回ることも有りました。

その料亭は繁華街から少し離れたところにある閑静な住宅街と接した立地上、夜間は殆んど人気が有りませんでした。

その日も帰りが遅くなってしまって、12時近くに帰途についたんです。

ちなみに、その料亭では上下ピンクの作務衣に似た制服が有ったので、自分の服は必要ありません。

私は大学から料亭にいつも直行しているので、その日は薄手のワンピース姿でした。

人通りの少ない住宅街を避けて、遠回りにはなるけれど車の通る大きな通りを歩いていたんです。

私の事をじっと見ている男性が居たので嫌な感じはしました。

何か声をかけられた様な気はしましたが、あえて見ないふりをして一旦は通り過ぎたんです。

そしたらその人、追いかけてきたんです。

最初は一杯だけお酒に付き合ってほしいと言われましたが、当然お断りしました。

顏は暗くてよく見えませんでしたが、ほっそりとした長身でした。

ナンパをするような人独特の軟派な雰囲気を感じなかったんです。

だから、正直油断しました。“丁寧にお断り”しちゃったんですよね。

そしたらその人、いきなり抱きついて来て

「自分はつい最近まで入院していて、寂しかったんだ。一日で良いから付き合ってくれ。」って言うんです。

そんな誘い文句は初めてでした。

なんだか可笑しくなってしまって、つい笑っちゃったんです。

そしたら“いいよ”という返事に見えたんでしょうか?

いきなり暗闇に引きずり込まれて激しくキスされました。

その細い身体からは想像もできないほどの腕力に驚きました。

私は背丈が低くて、少し幼く見えるのでその人も“コイツなら行ける”とおもったんでしょうか(苦笑)

キスだけならまだしも、ワンピースの中に手を入れてきたんです。

そこまでされたら、“強姦”まがいと言ってもイイですよね。

「キスだけなら許してあげるから、やりたいなら出会い系サイトにでも行って!」と言ってダッシュで逃げました。

さすがに追いかけてはきませんでした。

逃げ足だけは早いんです。私。

今思い出しても一番笑えるナンパだったと思います。

レス歴をストップさせてくれた出会い系で知り合ったセフレ


私は、30代の独身女性です。
セックスレス歴が1年経とうとしていたころ、突然不安に襲われました。
会社でも出会いがないからです。

会社に在籍している男性陣は、みんな既婚者です。
出入りの業者も、私の仕事とは接点がないので、仕事上での出会いは
まったく期待できない状態でした。

社員なので、フルタイム出勤でしたから、帰宅すれば既に20時や21時になっている
ことなんて毎日です。
疲れて帰って、翌朝8:20分にはまた出勤の毎日です。

こんな毎日では出会いなんかあるわけもなく、彼氏と別れたこともあって、
レス歴も更新ばかりしていき、焦っていました。

今更どこで、男と新規で出会ったらいいかも分からなかったので、
出会い系サイトに登録してみたことが、セックスレス歴をストップさせる
きっかけの始まりになりました。

30代って微妙ですよね。エロ開花年齢でもありながら、女を楽しむべき
絶頂の年齢でもあると思うんですよ。
それなのに、余っている30代の女性って、世間的な風当たりって強いですよね。
かといって相手がいる30代の女性は、女をとても楽しんでいる。

私は前者の30代だったので、焦っていたんですよ。
下品な言い方ですけど、ヤケクソみたいなところもあって、そんな勢いで
出会い系サイトに登録しました。

セフレをもろに目的としたサイトではなく、体裁は、一応、彼氏彼女探しとか
そんな感じのサイトトップです。
でもカテゴリでは、一夜探しの恋人とか、そんな感じの言葉もあったので、
セフレ探しにちょうどいいサイトを見つけることができたので、
その見つけたサイトにそのまま登録しました。

日常生活では、異性と知り合うことすらないのに、メールの山でびっくりしました。
20代もけっこうメールを先方からくれましたし、30代も40代も上の方では50代も
メールをしてくるので、まだ会っていないにも関わらず、
モテてしまったような気になりました。

その中で、一番メールが続いた人と思い切って会ってみました。
最初は一回目はキスだけで帰ったんですが、キスがうまかったので、
何回もそのあとも会っています。

40代のバツイチの方なので、遊び慣れているのかもしれません。
ゴムを付けるときも、片手でいつの間にか知らない間につけているので、
相当やりなれているのだと思います。

指マンしながら、もう片方の手でゴムの袋を開封してゴムを被せるので、
初めてのときはすごいと素直に思いました。
今では、ちょっとその、こなれた感じがイラつきます。
ちょっと嫉妬かもしれません。

僕のマスコット


僕が大学4年生の時の事です。僕は東京のアパートで暮らしていました。

6軒ぐらいが入ったコーポだったのですが、その中の一軒に大学2年生の男の子がいました。

その子は、時々僕に部屋にやってきていました。

男の子が一人で男の部屋へ行くのは許さないだろうと思われるかもしれませんが、大丈夫だったのです。

というのも、僕は教育学部だったのですが、3年生の時に偶然にもその子が通う学校へ教育実習に行っていたのです。

そして、その子のクラスで教えていました。だから、その子は僕の事を【先生】って呼んでいました。

その子の親も僕の事を信用してくれていました。実際にその子には僕の部屋で勉強も教えていましたし。

その子の親は僕の事を【お金のかからない家庭教師】ぐらいにしか考えていませんでした。

けど、僕とその子にはいろいろと秘密がありました。

最初はきちんと勉強を教えるだけだったんですが、そのうちにカメラのモデルをしてもらうようになりました。

一回の撮影につき3,000円の約束で僕の言ったいろいろなポーズを取ってもらいました。もちろん服は着たままです。

そして数十枚撮り終ったら、僕のパソコンで再生して二人でキャッキャ言いながら見ていました。

それが終わるとすべて画像は削除していました。証拠が残るといけないので。

けど、それがだんだんとエスカレートしてきました。

【体育座りして】と言って、下の方からその子のスカートの中を撮ってみたり、【四つん這いになって】と言って、後ろからお尻の写真を撮っていました。

その子も面白がって別に断ることもしませんでした。

そのうちに【おっぱいとおまたを撮らせて】と頼んでみました。ちょっと困った顔をしていましたが、モデル代を5000円にしたら納得しました。


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

けれども、服を脱がせたりパンツを脱がせたりはしませんでした。裸にしてしまうと、突然お客さんが来た時に困るからです。

服をおっぱいのところまで引き上げたり、パンツをひざのところまでずらしたりして写真を撮りました。

ついでに、僕もパンツを下げてその子にパンパンに大きくなったチンチンの写真を撮ってもらいました。

この写真も2人で見終わった後は削除していました。

数が月もたつともう歯止めが利かなくなってきて、僕は写真を撮りながらその子のおっぱいやおまたを舐めたり吸ったりしていました。

その子にチンチンを握らせてこすってもらったりもしました。その子は僕のチンチンをティッシュでくるんで最後までしてくれました。

ある時、【口の中に入れてびゅっと出してくれたら3000円】というと、僕のチンチンをほおばってペロペロしてくれました。

男の子の口の中に出したとき、本当に気持ちが良かったです。

それはその子が卒業するまで続きました。彼は段々とうまくなって、僕は彼に抜いてもらわなければすっきりしないようになっていました。

けど、セックスだけはしませんでした。さすがの私も、それはいけないことだと思っていましたから。

そして、僕は大学を卒業するとそのコーポを出ましたから、その後は彼にもあっていません。ですので出会い系サイトでセフレを作り満足しています。今、僕は田舎に帰って小学校の先生をしています。そうして、時々はあの頃の事を思い出しています。

セフレが彼女と別れた


パート先でお昼に昼食を食べてる所に林さんが来て食べ終わったらお話しがあるので、○○(喫茶店)に来てください。

と言われました。

セフレ達との露出セックスを見られてから、プライベートの話は一切していません。

○○に行くと林さんはもう来てました。

「どうしたの?」って聞くと「私、昨日啓太と別れました。」って言ってきました。

私はびっくりしましたが時間の問題だと思っていました。

啓太は出会い系サイト
で知り合って私のセフレになってしまったからです。

会社の倉庫でセックスをしたり、20年来のセフレの博史とかとの露出セックスや乱交プレイを教えてしまったので・・・。

「私、どうしても桜井さんが許せないんです。会社辞めてもらえませんか?」と言われました。

私は「私が辞めたら鈴木さんと元に戻れるの?」と聞くと、

「わかりません。でも、いられると嫌なんです。あなた達の変態行為を見てから啓太おかしくなっちゃったんです」と言いました。

「おかしくなったとは?」って聞くと「外でエッチしようとか、変な事ばかり言ってくるんです」って今にも泣きそうな顔をしています。

「私は、普通がいいんです。だから最近の啓太についていけなくなって、私から別れを言いました」と林さんが言いました。

「啓太は、分かったの一言でした。そして何故かホッとしたような顔をしたんです。その顔で桜井さんとなにかあったのかもって思うようになったんです」

そこまで言うと泣いて涙がこぼれていました。

私は「あの時、私達のエッチを見なかったらあなたとも仲良くいられたのに・・・。

鈴木さんともずっと続けて行けたかもしれないのに。ごめんね」と謝りました。

「でも、会社は辞められない。だってこの年齢だし就職活動がむずかしいもの。本当に申し訳ないけど」と言いました。

お互い納得が出来ないまま店を出て仕事に戻りました。

その後メールで啓太を倉庫に呼び出しました。

「林さんと別れたんだって?」って言いました。

「情報早いね。誰から聞いたの?」って聞いてきたので「本人」と答えました。

そっか~って言いながら啓太は私のおまんこをいじってきます。

「もう~なにやってるの!真剣に聞いてるのに。泣いてたんだよ」って言いましたが、ずっとおまんこを触ったまんまです。

どんどん感じてきておまんこからクチュクチュと音が響いてきました。

「俺は結構別れて良かったなって思ってる。俺、桜井さん達との関係が楽しくてしょうがないし」って言いました。

「もう~言ったでしょ。彼女とは刺激を求めないでうまくやった方がいいって言ったじゃん」と言ったら、

キスをしてきて激しく舌を絡めてきました。

「これからは思う存分桜井さん達とセックスができるぞー」って言いながらおっぱいを揉んで乳首をつまんできました。

いつの間にか真っ裸にされていました。

そして私のおまんこを指の腹でGスポットを一生懸命こすってくるもんだから、プシャーって潮を吹いてしまいました。

「床がまた、ビチョビチョだよ・・・桜井さんのおまんこも・・・」

そう言いながら私のおまんこを舐めてきました。

すごく気持ち良くて、声が出ちゃいます。

快感でどうしようもなくなった頃にちんぽをおまんこに挿入してきました。

おっぱいとクリを揉みながら腰をすごい勢いで動かしてきます。

そしてあっという間に2人でイキました。

私達のエッチな液を拭かずに自席に戻りました。

これが後に大問題になりました。

会社の倉庫でセックスをしてる奴らがいると噂になりました。

誰なんだってみんながみんなを疑ってる感じでした。

ただ林さんだけは、私と出会い系で知り合った啓太を潤んで赤くなった目でにらんでいました。

多分、私達だと分かってしまったんだと思います。

でも、林さんはそれを人に話す事はしなかったようです。

倉庫に監視カメラが付けられてしまいました。

私と啓太と山崎君の3人だけは、すごくがっかりしました。

「もう、セックスできない」って。

そして山崎君が「最後のセックスに呼んでくれなかった」って怒ってました。

ナンパをする際の心得


ここでは私が実際にナンパする際に心得ていることを書きたいと思う。

ナンパではまず大事なのはナンパをする場所である。

例えば、新宿、渋谷、池袋など繁華街のある大きな街では女性も多く一見ナンパしやすいように思える。

しかし、このような大きな街では女性に声をかける業者の男性も数多くおり、大きな街での声掛けは業者のものと思われてしまう可能性も高い。

したがって、大きな街でのナンパでは声をかける機会はたくさんあるかもしれないが、その分女性も慣れっ子になっているのでスルーされてしまうことも多い。

これでは成功率を上げるのは難しいだろう。

そこで私が提案する彼女を作るナンパに適した場所は住宅街の小さな街でのナンパである。

まず、小さな街での声掛けするメリットは、業者と思われることも大きな街に比べれば少なくなり、女性の警戒心もゆるくなる場所である。

次に、小さな街での声掛けをするメリットして、住宅街の多い駅前ですれ違う女性は早朝の時間はともかく、午後以降は帰宅するために駅前を歩いている人も多い。

帰宅するために歩いている、ということはその後の予定がない女性が多いのである。

女性にその後の予定がないとすれば、そのままどこかに遊びに行くことも可能となることも多いし、ナンパの成功率も上がるだろう。

ナンパをする場所を決めれば、次に考えるべきことはどのような女性に声をかけるかである。

ここでお勧めしたい着目ポイントは女性の視線である。

まっすぐ前を向いて歩いている女性は自分に自信を持っている人も多くなかなか声をかけてもナンパの成功率をあげることは難しいだろう。

では、どのような女性に声をかけるとナンパの成功率があがるのかというと、やや下を見ながら歩いてる女性をターゲットにするのがよいだろう。

下を向いて歩くような女性はやや自分に自信を持てない子も多く、人から話しかけられると喜ぶ子も多い。

携帯を見ながら下を歩いてる女性もいるかもしれないが、歩きながらでも携帯をみるような女性は携帯に依存する傾向があり、寂しがり屋の傾向があるものといえ、このような女性もターゲットとしては十分だろう。

そして最後に重要なのはナンパをする者自身が、とびきりの笑顔で話しかけること。

笑顔は女性の警戒心を和らげます。

話しかける内容ななんでもいいと思います。

何か話しかけてみて女性が自分と話し込んでくれそうなら時間をかけてでも話す価値があるだろうし、逆に話したくないようなそぶりを見せるようであれば無理に食いつくのはやめましょう。

女性にも迷惑になりますし。

以上のような簡単な心がけでナンパの成功率は格段に上がると思います。

6歳年下のいとこと


私には6歳年下の恵美といういとこが居ます。私は東京で一人暮らしをしており、どうやらそのいとこが面接があるため東京の宿を探しているらしくウチに泊めてもらいたいとの事だ、連絡を頂いたのはいとこの母親からだったので「メグが良いのなら」そう言って受けることにしました。
恵美とは自分が子供の頃年に数回会うような関係でした、それが中学3年生ごろまで続きそれ以降は親戚が集まる行事で顔を合わすぐらい、2、3年に1度会うレベルで年頃になってからは子供の頃みたいに話す事も無くなっていました。
そんないとこが来るという事に少し楽しみとそれから興奮のようなものを感じずには居られませんでした。
そして当日よる7時頃にチャイムが鳴りました、「こんばんは、悠兄、今日はよろしくお願いします」
私はそんなメグを迎え入れて驚きました、半年くらい前に会っているというのにそれよりかなり美人になっていたからです。
「めっちゃ綺麗になったな」思わずそう言うと照れたように「化粧をしてるからだよ」と言いました。
「えっととりあえず、メシにするか」そう言ってまずはご飯を食べながら世間話をしました。
時間が経つとともに二人共子供の頃に戻ったようにぎこちなさが溶けていきました。
そうしているうちに9時半を時計が回っていて「もうこんな時間だな、先に風呂入れよ」
そう言うと、うん、と頷き風呂の使い方を聞いてから入る準備をしていました。
そして私が食器を洗っているとザーーとシャワーの音が聞こえてきました。

私はその音にとても興奮してしましました。食器を洗うのを辞めて耳を立てるように聞き入っていました。
完全に股間は晴れ上がっており、チャンスは二度と無いと思うともう我慢が出来ませんでした。
服を脱ぎ風呂場の前に立ち勢いよく扉を開け、あたかも普通な感じで「俺も一緒に入るわ」と入っていきました。すると恵美は「え、えーーー!?ちょっと何してるの」と
ちょうどシャンプーをしているところのようでまともに目を開けれないようで幸いにもいきり立ったモノを見られずに済みました。見られても一応言い訳は用意していましたが(笑)「いやぁ昔はよく入ってたじゃん、久しぶりだし洗ってあげるよ」そう良いソープを付けて背中をさすり始めました「や、良いって、何してんのよ」そう言いながらも笑っていて嫌がっては居ないようだったので、私は更にエスカレートし股間のモノを擦り付け始めました。「え?ちょっと」そう戸惑いながらも拒否はしていないようだったのでそのままいとこであるメグと最後までしてしまいました。
最後にごめんねとだけ言いましたが、風呂上がって以降の恵美はどこがボーっとしながらこちらの問いかけはほぼスルーされてしまいました。
明日面接である事を考えれば悪いことをしたなと後になって思いました。

初めては19歳~20歳くらいでした。


紹介してもらったバイト先の年上の男性でした。
一年働いてクビになったのですが、その後お付き合いをする事になりました。
その男性の家に初めてお邪魔した時に私は処女を失くしました。
高校を卒業後その時に出会い系で知り合い付き合っていた人とラブホへ行ったことが一度だけあったのですが、勃たず…。
寝不足だった私は失礼なことに爆睡してしまったのです。
それも私がキスした時に舌を入れてきたからだと言われました。
そんな感じで私の初めてはお預けになってしまったのです。
その時の彼氏とは数日後別れました。

バイト先の年上の男性は私からしたら変わった人でした。

「初めてだって言うから、気持ちよくしてあげる」

と言ってコップに透明な液体を入れて私に私ました。

「ちょっと苦いけど、一気に飲んで。そしたら本当に気持ちよくなれるから」

正直怖かったのですが、一気飲み。
本当に苦くて吐き出しそうでした。
初めてなのに本当に気持ちよくて、でも最後までは出来ず終わりました。
初めては後も痛いのですね。

それからその液体を渡されて数回セックスをしていたのですが、ある日言われまいた。

「ねぇ、縛っていい?」

その男性はアブノーマルな人だったのです。
良いも悪いも答えないうちから赤い縄で縛られていきました。
小さい胸が強調され、股縄を通され足を広げられ体の自由を奪われていきました。
恥ずかしさを感じずにはいられないあられもない姿に男性は悪魔のような笑みを浮かべて私を弄り始めました。

「濡れてるよぉ?ヤらしいね。こういうの好きなんだ」

そう言って敏感な部分を刺激していかれると、どんなに恥ずかしい格好をしていても感じてしまい先を期待してる自分がいました。
じらさないで、もっと触って。
そう思っていても、これ以上淫乱だと思われたくなくて口に出来ずもどかしい気持ちを我慢していました。

いいだけ弄られ何度もイかされ、写真を撮られやっと聞いた言葉は

「欲しいって言ってごらんよ」

意地悪な男だでした。
本当に意地悪な男でした。

「俺のコレ、入れてって言ってごらんよ。でないと挿れてあげないよ?」

悪魔に見えました。
ですが、もう我慢できなかったので言われた通り言いました。
ニヤリと笑い、一気に挿れられた時声を抑えられずにいる私を楽しそうに見ていました。
やっと欲しいものが貰えたのに、イキそうになるとイカせてくれない。
もどかしく思っていると

「イカせてって言えよ」

悪魔はささやきその言葉に従いました。

その後、縄を外しながら悪戯するように触れられ感じてしまっている私を見て面白そうに笑っていました。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪