料理教室に来ていた美人な人妻の家を訪問して・・・

一人暮らしをしていてこれまで全く自炊をしてこなかった為、ちょっと料理教室にでも通ってみるかと思い立ち、料理教室に通うことにしました。
教室では若い独身女性と人妻だらけで、男は俺一人でした。
かなり浮いていた俺は料理教室中もひとりで作業をすることが多かったのですが、一人の女性が俺を気にかけてくれてたくさん話しかけてくれました。
美人な人妻の女性で、体つきがエロくて、俺の好みのタイプの女性でした。
旦那さんは海外勤務らしく、暇を持て余していて料理教室に通っていると言っていました。
料理教室は週に1回ペースだったのですが、俺は毎週教室に行くのが楽しくなりました。
ある日、その女性が「家の電球が切れてしまったんだけど、交換できなくて困っている」という話を俺にしてきました。
「俺が新しいのと取り換えに行きましょうか?」というと、とても喜んでいて、その日のうちにその女性の家へ行くことになりました。
彼女の家はとても立派な一軒家でした。
天井の高いリビングへ通されて、さっそく電球を付け替えました。
「ありがとう、本当に助かったわ」と嬉しそうに明るくなった電球を見上げていました。
お茶菓子を出しながら「何かお礼をしなきゃね」と言って、俺の隣に座って「何がいい?」と聞いてきました。
俺は唾をごくりと飲み込んで、彼女を抱きしめました。
突然のことでびっくりしながらも、彼女は「どうしたの?」と目をぱちくりさせていました。
そんな彼女に構わず、強引にキスをしてふかふかで大きなソファーに押し倒しました。
「もお、我慢できないから・・・」と言って俺は服の上から彼女のおっぱいや太ももを触りました。
最初はちょっと抵抗していた彼女も、しばらくセックスとはご無沙汰だったからか体が正直に反応し始めていました。
「ほら、本当はほしいんでしょ?放っておかれて、寂しかったんでしょ?」と言いながら、耳や首筋にキスをすると彼女は小さな声で「うん・・・」と言っていました。
そこからはお互い体を重ねあって、長い時間をかけながらセックスに没頭しました。
大きなおっぱいに顔をうずめてべろんべろんに舐め回し、腰を小刻みに揺らしながら彼女のマンコの奥のほうをぐいぐい刺激しました。
最後は彼女のキレイな顔にかけてあげると「嬉しい・・・もう何年もセックスしてなかったから・・・」とちょっぴり泣いていました。
俺は「よかったらいつでも相手になりますよ」と言いました。
あの日から本当に度々彼女の家に呼ばれるようになって、しっかりダブルベッドの上でセックスするようになりました。
こんな美人な人妻とセックスできるなんて、ラッキーだと思っています。

ネットで知り合った彼と最高の夜


ネットで知り合った彼。
10歳も年上で恋愛対象じゃなかったのにいつの間にか惹かれていました。
私は彼と別れたばかり、さみしいって愚痴をきいてもらってるうちに
会いたいと言われました。
遠距離だったけれど高速をとばして会いにきてくれる彼をドキドキしながら待ちました。
会った瞬間、想像通りの人が目の前に現れ緊張がピークに。
そのままホテルへ行きました。
部屋に入ってすぐに抱きしれられ、髪をなでられ安心しました。
優しいキスから始まって徐々に激しいキスに。
彼の唇はぽてっと厚くて気持ちよくて、唇が腫れるくらい吸われて息が苦しくなりました。
ベットに押し倒されたとき、もう頭が真っ白。
彼も久しぶりのエッチで緊張していたようだけど、年上ってこともあって
慣れてるみたいでした。あとは彼にまかせてされるがまま。
首筋やうなじをそっとなぞり、背中も爪ですっとなでられ、
思わず声がでてしまいました。
そのたびに「いい?ここがいいの?」って聞いてくる彼。
「うん」としか言えなくて、恥ずかしがっている私を「かわいい」と言ってくれました。
裸で抱き合ったぬくもりは安心につながりました。
彼は私のあそこを「きれいだ」と言ってじっくり観察。
早く触って欲しくてひくひくしているのに、うれしそうにみています。
今までこんなゆっくりエッチしたことがなくて逆にドキドキ。
それからゆっくりと唇が近づき、クリちゃんをそっと舐めたり吸ったりしてくれました。
身体がビクッとしたけど力強い腕で太ももを抑えられて逃げられません。
舌は尿道にも入ってきました。入れたり出したりをゆっくり繰り返し、いちばん大事なところには
まだ触れてくれません。
アナルにも舌がきてペロペロ優しく舐められました。
初めてのことばかりで頭がぼうっとしてきました。
ヒクヒクしているのに、じらされてじらされて、一時間近く愛撫され続けました。
時々唇にキスしたりにこっと笑顔で「大好き」なんて言ってもらって本当に幸せを感じました。
いよいよ彼のものが入ってきて、今までのだれより太くて、大きくて、入った瞬間にじゅわっと
出ちゃいました。
気持ちよすぎて。。。
入ったあともゆっくり動くんだけどポイントを抑えていてずっと気持ちいい。
最後に子宮の入口をぐりぐりされて、何度も潮を吹いてイってしまいました。
彼は自分で言っていたけれどSなんだそうで、私が気持ちいいほど自分も気持ちいいということでした。
こんなに大事にエッチされたことがなかったのですごく嬉しかったです。
終わってから動けない私に口移しで水を飲ませてくれました。
最高の夜でした。
遠いからなかなか会えないけれど、また会いたいです。

金曜日の夜高校の同級生に会ってお持ち帰りされちゃった


金曜日の会社帰り、休みの前日解放された自由な気持ちでなかまち商店街を歩いていた。工藤と誰かが呼ぶので私の事かなと振り返ると、何と高校時代の同級生の高木君だった。卒業してから会っていないから5年ぶりになる。久しぶりという話から夕食をご馳走になって、何とかいう新しくできた雰囲気の良いバーでお酒を飲んだ。
高木君は昔から陽気で面白いこと言っていたからこの時も話が弾んだ。サッカー部でレギュラーだったから、体もがっちり逞しくて当時憧れていた女の子も結構いて私もその一人だった。
甘いカクテルを2-3杯飲んで眼のふちがトロンとしてくる。急に真面目な顔した高木君が、「俺工藤の事好きだったんだぜ」と言ってきた。
「何よ、いきなり、変なこと言って」危ない危ない、高校の時からモテてたけど高木君はふたまたかけたりプレーボーイのようなところがあったのよね。
バーを出たら飲みなれないお酒を飲んだせいか足元がふらついて、高木君が支えてくれた。いつの間にか建物の陰になった人通りのない通りで、いきなりキスされちゃった。あれっと思ったら肩を抱かれて舌が絡んで体の力が抜けていくのが分かった。素早いわ高木君の右手が私のおっぱいを揉んでいるの。
電気が走って気持ちが良くなり、体が倒れそうになってしがみついた。
そのままタクシーで高木君のアパートへお持ち帰りされちゃった。部屋に入るなり電気もつけずにいきなりディープキス。私も彼の背中に手を回したわ。だって感じちゃって。たくましい胸に抱かれたら濡れてくるのが分かったわ。駄目って言ったのに次々と脱がされてベッドにそのまま運ばれてしまったの。

会社の同僚と秘密のセックス


今は会社員を卒業して会社を経営していますが、6年前くらいに会社勤めだった頃に私の気のあった女の子と会社内外で体の関係を持っていたことがあります。
その子は同じ課の後輩で若くして課長だった私は社内の女性からの好感度は高い方でした。ただ、私はいずれ自分の会社を持つために仕事のみに集中していたのでハメを外すということ自体が頭から抜けていましたが、その後輩は分かりやすいアプローチの仕方だったためその気になってしまいました。正直言うと容姿はそこまで好みではなかったんですが、すごく愛嬌のある子だったので可愛いなとは思っていました。
デスクにいる時も人目を憚らず甘い声で私を呼んできますし、給湯室や廊下で会う度にもベタベタとされていたものです。さすがにここまで露骨に接近されると私も男なので下半身が反応せざるを得なくなります。
ことが決定的になったのは残業で遅くまで会社で残っていたある日のことで、彼女も残って仕事をしていました。23時過ぎまで残って書類作りをしていたんですがさすがにその時間帯には社員は4人程度になっていました。
しかし彼女も残る必要が無いのに残っていたのでまさかな、とは思いましたがそのまさかでした。帰りに一緒に帰りましょうというので駅まで送ろうとしましたが、私の部屋に来たいというのです。
さすがに社内でのこともあるしものすごく悩みましたが性生活とは無縁な日々を送っていたので欲望に負けて部屋に上げました。その後は当然体の関係に。以降、度々帰りに私の家に来るようになり関係を続けました。
それでも付き合うという気が起きず、結局彼女も悟ったようで自然と離れていきました。それから程なく独立したので気まずい期間も少なく、今に至ります。

短期アルバイトに来ただけだったのに


短期アルバイトに2週間来ただけのつもりでした。
(詳しい職種などは控えさせてください。)
なので、とくに人間関係を深めることもなくうわべの挨拶はしっかりしてあとは淡々と作業をこなしていく毎日でした。
2週目に入った頃、社員の男性からいきなり缶コーヒーをもらいました。
外回りから帰ってきて自分の分と一緒に私の分も買ってくれていました。
区切られたブースで作業しているので、私だけ特別扱いでも他のスタッフにはばれていないので少々遠慮しながらもいただきました。
それから次の日もまた差し入れを持ってきてくれます。
最後の日までそれは続きました。
最終日の帰り、社員男性から最後の日だし食事に行かないと誘われました。
もう2度と会うこともないし、断るのも・・・と思い承諾しました。
食事の帰りにいきなり告白されました。
戸惑う私に、2度と会えなくなるという焦りからこんな風にして悪いんだけどと言われて抱きしめられました。
すごい力強さで振りほどくことは不可能です。
私も彼のことが嫌いなわけではないので、そのままされるがままになっていました。
そしてすぐ近くのホテルへ移動しました。
シャワーを浴びたあと、キスをされました。
長い時間をかけて彼の行為は続きました。
何度も快感の波がきて、通り越して、終わった時ぐったりして動けませんでした。
その後も週に一度は会っています。
そのたびに激しく求められています。
彼からはずっと一緒にいたいと言われているのですが、私は体から始まった関係なのでもう少し考えさせてほしいと伝えています。

大阪 20代女性 家事手伝い

バイト先で知り合った彼


登録していた人材財派遣で試験管のバイトをした。正監督と副監督の二人一組で行う。特に難しい
事は無くて、注意事項を伝えたり問題用紙を配って、答案を回収してとそんな感じ。
9時から16時まで働くが正と副では3千円の日給差がありどうせ同じ時間拘束されるならと
私は正を選んでいた。
相棒はパッとしない中年の男性で、なんかいじけた目をしている。簡単な挨拶と打ち合わせをする。
昼になり支給されたお弁当を受け取ったら、相棒が隣りへきていろいろ話かけてくるので適当に
相槌を打つ。私は自分で言うのもなんだけど小顔でかわいい顔しているので、良く男が寄ってくる。
今日は体にピットヒットした黒のスーツを着ているから体の線も出てると言えばそうかも。
午後の再開の時、また注意事項など告げるのだが、そういったことは正監督の役目で副監督は
何もしない。横に立っていた相棒が、このことを言った方が良いとかどうでもいいと思うことを
口出しして、面倒だったが付け加えて話す。
やがて終了の時間になって、無事に終わってほっとした。相棒とお疲れ様でしたと挨拶。最後のオリエンテーションも
終わって帰ろうとしたら、相棒が寄って来て車で送りましょうという。どうしようかなと思ったが
試験の場所が、郊外の学校で交通の便が不便で言葉に甘えることにした。
帰り食事しようというので、どうしようかなと思ったが、食事した。どうぞというので
私だけビールを飲む。洋食を食べたが美味しかった。嫌いな方じゃないのでワインも飲んだ。
相棒はへらへらとして良くしゃべって、くだらない話ばかりだったが賑やかで退屈はしなかった。
店を出た時はもうあたりは暗くなっていた。車に乗ると相棒は車を道路に出ないで駐車場の隅にもっていった。
何?と思ったらキスされてしまった。このぉと思ったら、スカートに手を入れられて、ぐりぐりされて・・
気持ち良くなったしまった。だんだん頭がぼーっとして舌を絡めている。おっぱいも気持ちいい。
私は感じやすくて、すぐ濡れちゃう。
車が走って、走っている間もぐりぐりされて、体が感じてのけぞっちゃうの。車が停まったらそこはモーテルだった。


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

郵便局員さんとのエッチ


なかなかある出来事ではありませんが、去年一時の間郵便局員さんと体の関係を持ったことがあります。私の性別は男です。
そう、女性の配達員さんとセックスをしていました。ことの始まりは仕事場としてマンションを借りて通販業務を行っておりました。
コストの問題上、郵便局を使っていたのですがなんと集荷に来てくれる郵便局員さんが可愛い子で入社3年の24歳でした。
最初はラッキーとしか思ってなかったんですが、毎日顔をあわせるので次第に雑談も増え、だんだんと好感を持つようになっていました。3ヶ月ほどした頃に気持ちを伝える頃合と踏んで付き合ってくださいと告白しました。
すると、バツイチ子持ちです、とのこと。
まったくそういう感じには見えなかったので衝撃を受けましたが、少し考えた後それでもいいと伝えました。すると彼女は見つめてきたので本気の度合いを伝えるために真摯に見つめるとキスをしてきました。
私も熱いキスで応え、玄関先で激しく求め合ってしまいました。普段は色気がないと思っていた郵便局員の制服でさえ、こういう特殊な状況になってしまっては特別エロく感じてしまい、上着を脱がし少し汗ばんだ肌を吸い、ズボンを脱がして手マンをしました。すると濡れていたのでパンツを脱がして激しくクンニ。すぐに彼女が我慢できなくなったのでバックで入れてイッてしまいまいた。
それから2ヶ月ほどたまに会って食事したりセックスしていましたがある日を境にばったりと来なくなってしまい、代わりに男の配達員が来るようになりました。
その時は残念に思いましたが、今ではその後できた彼女と籍を入れる予定で幸せなので彼女にはありがとうと言いたいです。

パパ活を楽しむ旦那様


友人の旦那様はとても熱い人です。元ラガーマンで、体はガッチリ、筋肉ムッキムキというイカツイ見た目ですが、心はとっても優しく(と友人はのろけるんですが)大の子供好きだと聞いていました。
結婚して1年、友人夫婦が待ち望んだ妊娠がわかりました。旦那様も飛び上がって喜んだそうです。友人はほどなくして悪阻期に突入、かなりひどい悪阻だったようです。
食べ物も飲み物も受け付けない友人を見て、旦那様の生活が一変。それまで、専業主婦だった友人が全ての家事をまかなっており、女は家を守ってくれと実際に言われていて、旦那様が家事を行うことは一切なかったそうなんです。
それが、文句のひとつも言わず、簡単な料理や掃除、洗濯などほとんどを代わりにやってくれたとか。きっと旦那様のパパ活スイッチが友人の悪阻の酷さでONになったんだと思います。
もともと、こだわり出したら止まらないタイプの人で、最初は友人の指示に従ってやっていた料理や家事のやり方をパパ仕様にいろいろと工夫されていったそうです。
例えば、調理器具などは友人サイズだと旦那様には扱いづらいようで、新しく旦那様用を買い足したり・・・それは、いずれ子供が生まれた後も、子供に料理を作ってあげたり将来的には一緒に料理がしたい!とどんどん楽しい未来を想像した上での行動だったようです。
ベビー用品を選ぶ際も、かなり熱心に店員さんに質問したり、抱っこ紐の試着も数々行ったそうで、それはそれは熱心にベビちゃんを迎える準備をしたとのことでした。
その後めでたく友人は元気な女の子を出産、旦那様は目の中に入れても痛くないほど可愛がっています。もちろん、パパ活も輪をかけてレベルアップしていて、休みの日には離乳食も作ってくれたりするそうです。
そこまで出来るパパの話は私は聞いたことがなかったので、びっくりするやら羨ましいやら・・・。私もいつかそんな風にパパ活を楽しめる旦那様と結婚したいです。

お父さん先生体験


私の子供の通う幼稚園には、「お父さん先生、お母さん先生体験」という行事があります。
お父さんかお母さんが幼稚園に来て、1日先生のお手伝いや出し物をして子供たちと遊ぶというものです。
以前は、お母さん先生だけだったのですが、意外にもお父さんからの参加要望が多かったことからお父さん先生も実現したんですよ。
1日に入れる人数は、1クラスに二人までです。ちなみに夫婦での参加は、禁止です。
まぁ、家の中の事情を持ち込まれも困るということみたいですが。
なので私は、よその子供のお父さんと一緒にやることになってしまいました。
今までは、お母さんと組んでいたので、お父さんと組むのは初めてで、どんな感じなのかなとドキドキしていました。
まず、朝お父さん先生が登場すると男の子たちが大喜びでした。
早速、上に乗っかったり、大勢で腕にしがみついたりとやりたい放題です。
普段、女の先生にはできないことだから、嬉しいんでしょう。
女の子は、ちょっと恥ずかしそうで様子を伺う感じで私の方に来て、「おままごとしよう。」と言ってくれる子が多かったです。
午前中は、プールがあったので着替えのお手伝いをしたり、プールサイドで見守りました。
が、お父さん先生は違います。子供たちもそこは分かっているようで、水鉄砲の的にされていました。
午後からは出し物をしました。私は特技のピアノでリトミックをしました。
お父さん先生は、絵本を読んだり、外で相撲の相手をしてくださりました。
普段はできないダイナミックな体を使った遊びに子供たちは大満足だったようです。
後日、我が家のパパにも参加をしてもらい、子供たちの様子を聞きました。
お父さん目線とお母さん目線で、子供たちの様子を見て意見を交換すると見方が違って勉強になりますよ。
このような機会があったら、ぜひ参加されることをおすすめします。

セレブな奥様と一夜を・・・


私は最近フェイスブックを始めました。
その中で最近仲良くなったのは、知り合いの知り合いの奥さんです。
彼女は大手企業勤務の旦那さんがおり、東京でも有名な高級住宅街に住んでいます。
そんな彼女とフェイスブック内でやり取りを行ったのは、私が投稿した写真に彼女がいいね!を押してきたことからです。
それ以降は、フェイスブック内でメールを送りあう関係が続きました。

そして、あるとき彼女から私の携帯のメールを教えて欲しいと頼まれ、私もこんなチャンスは無いと思い教えました。
それ以降は、フェイスブックを離れストレートに携帯でやり取りを行いました。
私も彼女と何気ないやりとりを行ううちに、段々と彼女に惹かれて行っているのが分かりました。
そして、私は勇気を出して実際に会わないか?とメールで頼みました。
彼女も初めからそのつもりだったのか、何の躊躇もなくOKのメールを送ってきました。

それから、当日二人で約束をした高級住宅街の最寄り駅で、私は待ち合わせ時間の5分前に到着しました。
すると、フェイスブックの写真で見るよりも、何倍も綺麗な彼女が待っていました。
私「早いですね!もう着いてたんだw」
彼女「30分前に着いちゃったw じゃあどっかいこっか!」
と私たちは何気ない会話を行い、次はお洒落なカフェに行きました。
カフェで話をしていて分かったことは、彼女は36歳で子ども無し。
夫は大手企業勤務で帰りが遅いので、あまり二人で過ごせる時間はないらしい・・

そして、カフェで1時間話をして別れようとした瞬間に、彼女が私を呼び止めてきました。
彼女「よかったら、自宅によってかない? 夫は出張で大阪にいるから」
私「いいんすか? じゃあお言葉に甘えて・・・」
そんな感じで、私たち二人は彼女の住む高級マンションに・・・
マンションでは、彼女が有名な高級ワインを出してくれたせいか、私たちはほろ酔い気分に・・・

そして、お互いお酒が回ってくると、彼女と私は流れに身を任せキスを。
その際は、彼女のほうからグイグイくるので、私は尾され気味に・・
それから、お互い洋服を脱ぎシャワーも浴びずに、シックスナインで興奮を高めました。
彼女「あああ。やばいって! あああああ」と猛獣のような喘ぎ声を出す。
次に我慢できなくなった私はゴムを付け、チンコをインしました。

それ以降は窓際で立ちバック、騎乗位や正常位でお互いに激しく求め合いました。
彼女は36歳と言う年齢を感じさせないスタイルと、テクニックで私にも負けずどんどん責めて来ました。
そして、最後は私が彼女の顔に顔射。
私はセレブ人妻と一線を超え、激しい夜を過ごす事が出来ました。
このような良い経験が出来たのも、フェイスブックのおかげですね。

隣の席の先輩女子はやりがいがあります


身近にいるものですね。半径1mの範囲でいました。つまり隣の席の先輩女子です。色々面倒を見てくれます。デートは2回して2回目の別れ際に彼女が名残惜しいよね、と言ったので家まで送っていく事になりました。次はやろうと思って家の前あたりまで送って帰りました。さて3回目のデートです、2週間、間が空いて新鮮です。2人で外に出ると又違った感じがして、全く雰囲気が違います。デートも3回目となると腕を組んで歩いていていても手をつないで歩いていてもおかしくありません。それで昼食をとって、向かう先はラブホテル街です。ちょっと腰に手を回しました。するとうつむき加減になって言葉数が減って来ました。解かったみたいです。いいでしょうと言ってそのままホテルに入ります。案内にそって部屋へ入ります。それで脱ぎだすと、駄目、やっぱり駄目と言っています。

それで私の口で相手の口をふさぐと黙りました。少し時間はかかりましたが抵抗はしなかったので、念の為にいいんでしょと聞くと、うんと小さく返事をしたのでそれならと脱がしにかかります。先ずブラをとって舐めて行きます。乳首を重点的に舐めるのでもう一方は手でくねくねします。少しその気になったかなと思ったのでパンティを脱がしにかかり、全てとってベッドに横になり大事な所を舐めて行きます。何時もとは違う彼女が見れるぞと思って充分刺激させて敏感な所も口で舐めて行きダメェェと言っていましたがそのまま入れて行きました。それからは2週間毎のデートが待ち遠しくなってきました。結局1週間毎になったんですが。

童貞と処女??


彼女と出会ったのはバイト先でした。
彼女は20歳。大学は別でしたが僕より1つ下でした。
初めて会ったときから可愛い彼女に一目惚れしていました。
仕事は厨房とホールの掛け持ちでしたが、彼女はどちらの仕事も誰よりも真面目にそして上手くこなしていました。

可愛い彼女に僕はどんどん惹かれていき、ついに彼女に告白しました。
彼女はOKしてくれました。夢のようです。

でも僕には悩みがありました。まだ童貞だということです。
彼女はあんなに可愛いのだから絶対に経験しているだろうな、とそれがまた僕の情けなさを増長させます。

ある日いつものコースで居酒屋とカラオケに行きました。
終電近くになって駅に向かいます。
いつもはここで別れるのですが、今日の彼女は突然駅の入り口で立ち止まると「今日ね、家に行ってもいい?」と言いました。
まさかこんなに早く進んでしまうとは、、童貞の情けなさが顔を出します。
でもいつかは知られるんだから、、と思い切って彼女を招き入れます。

部屋に入ると僕は正直に言ってしまいます。
「俺、初めてなんだ、、」
彼女はあまり驚かず
「大丈夫だよ」
という返答。
その返答に彼女は経験済みだということを知り一人でショックを受けます。

彼女はシャワーを浴び終わるとタオル1枚になってベッドに2人で抱き合います。
どうしていいのか全くわからずとにかく優しく優しくと思いながら彼女に触れていきます。
彼女もそんな僕に合わせてくれます。
「すごくドキドキしてる」
彼女は僕の鼓動に気づいたようです。
それでも彼女は優しく僕の準備が出来るまで待っていてくれます。
なんとか彼女を横にして下へ下へ向かって愛撫します。
そしてついにあの部分を発見。
初めて生で見る女の子のあの部分です。
興奮が収まらないでいると彼女は「一緒になろ」と自分の中に迎え入れてくれます。
僕はなるべく優しく優しく挿れて逝かないように頑張ります。
そうしてついにフィニッシュ。
たぶん彼女は逝っていません。
それでも「一緒になれて嬉しい」と喜んでくれています。
その後も僕は彼女と交わり続けました。
3回目の時、彼女が本当に喘いでいるのがわかりました。
今度こそと彼女の中を突き続けます。
彼女は僕の背中を抱きしめてきて「一緒に逝こ」と求めてきます。
ようやく彼女を逝かせられる興奮に全力で彼女を突き続けフィニッシュ。
「情けない姿見せちゃったけど、初めてだったのにありがとう」
僕は正直に伝えます。
彼女は怪訝そうな顔をしています。
「私も初めてなんだから一緒だよ」
僕はその意味がわからないまま彼女が嬉しそうにしてくれている姿を抱きしめました。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪