出会い系サイトで憧れのSMパートナーに出会えた

私はSMにずっと興味があったS男です。M女を調教したいとずっと妄想していたのですが、パートナーは全然見つかりませんでした。以前、付き合った恋人を調教しようとしたのですが、ノーマルの女でSMには全く興味がなく、タオルで手足を軽く縛ってソフトSMから始めようとしても激しく拒否され、バイブやローターで調教するなんて、とてもじゃないけどできませんでした。結局、別れたのですが、セックスが合わないのも原因だったと思います。

SM調教に失敗して恋人にふられてからは、恋人ができてもノーマルのセックスだけで、いつも欲求不満で、頭の中ではいつもM女を調教するという妄想をしていました。出会い系でプロフィールを見ていたら、M女と書いてある女性がいて、住まいも遠くありませんでした。そこで、彼女にメッセージを送って、お互いにメールをするようになりました。出会い系で知り合うと、多かれ少なかれセックスが目的の場合が多いので、距離が近くなると、自然とエッチなネタも多くなってきます。私は彼女に、SMに興味あること、付き合っていた恋人を調教しようとして失敗してふられたこと、それから妄想だけしてまだ一度も調教していないことを彼女に伝えました。

ここで、一気に彼女との距離が縮まりました。彼女は今までどんな調教を受けたのか、どんな調教が好きかを私に教えてくれました。お互いに調教の趣向を理解して、実際に会って調教することになりました。私は調教初心者だったので、当日は緊張しました。しかし、彼女はそれなりに経験があったので、「こういう風に調教してください。」と私を気遣い伝えてくれました。

私たちはホテルに入って、彼女をベッドの上に縛って、彼女が持ってきたSMグッズや大人の玩具で、彼女を攻め続けました。彼女のリードもあって、初めてのSMは最高に興奮しました。私たちはそれからも定期的に会い、私は彼女を調教(逆に私が調教されてる?)しています。

豊満な熟女の体に溺れて


「こんなオバサンの裸でよければ、見せてあげるわ」
両手を背中に回し、ブラジャーのホックを外した。片手に余るほどの双乳が姿をあらわす。四十二歳の膨らみは、多少重力に引かれながらも、張りは保たれていた。薄茶色の乳暈や茶色の乳首が、柔肉の熟れ具合を物語っている。
「この垂れたオッパイが、最高だな」
羞恥で双胸を隠している孝子の最後の一枚、ベージュの薄布に指を引っかけた。嫌がる素振りを見せてはいたが、お構いなしに一気に引き下ろした。いやらしい雰囲気を持った全裸があらわれる。見事な豊乳、しっかりと括れたウエスト、デルタ型に茂った濃いめの恥毛。そして、むっちりとした太腿。体の至るところに、岩井は視線を這わせた。

孝子とは、出会い系サイトで知り合った。
妻に対して何か不満があるわけではなかった。三年前、独立したアニメーションディレクターとしての仕事も頗る順調だった。

それは、長年一緒に仕事をしてきたディレクター仲間、稲葉の一言がキッカケだった。
「お前、出会い系って知ってるか?」
「何だそれ?」
「お堅いお前には、関係のない世界だな、やっぱり」
稲葉の口許に、少し軽蔑を含んだ笑みが浮かんだ。真面目なだけが取り柄の岩井を仕事の面で信用はしてくれているが、それ以外のことを知ろうとしない彼を心の中で馬鹿にもしていた。
「少しは、息抜きでもしたらどうだ。恵美さんには内緒で・・」
妻、恵美とも親しい稲葉は、変なところで気を遣ってくれる。

男として悔しい気持ちがあったのだろう。
何かが吹っ切れたように、岩井は出会い系にのめり込んでいった。二週間後には、仕事の合間にもサイトを覗くほどに耽溺していた。そして知り合ったのが、孝子だった。
最初から、変に馬が合った。趣味のこと。家族のこと。あらゆることをメッセージでやり取りし合った。そして、自然と初めてのデートへと事は進んだ。

「あんまり見ないで、恥ずかしいから・・」
両手で秘部を隠した孝子が俯き加減に言葉を発したが、岩井は聞こえない振りをする。
「そのまま脚を開いて、孝子の○○を見せてくれ」
恵美には決して言えない卑猥な言葉を投げかけながら、岩井は自分の股間に痺れが走るのを感じた。

貞淑な妻には内緒の背徳の宴が、今日も幕を開けた。

数ヵ月全く出会いなしが突然美人とデート


ユーブライドと言う出会い系と言うか私は婚活で利用しているのですが、登録して数ヵ月間、全く出会いが無くこのサイトダメだな!なんて思っていたら突然美人な女性とお会いできましたね!
今まで婚活歴は結婚相談所ツヴァイ、このツヴァイは全くダメ条件の合わないブスばかり紹介してきました。yahooパートナー、こちらは一人だけお会い出来て何故かブスなのにフィーリングがちょっと合ったのか半年ほどお付き合いを。私も夏は彼女も結婚に結び付く相手を探していたので、どうしてもわたしが彼女の容姿が無理でお互い納得のうえお別れ。
マッチドットコム、こちらは有料会員になったのに相手にメールアドレスを教えられない不具合のまま半年間の有料期間が終わる、何度もサイト運営者に言ったのに調査中との事で5ヶ月経った後不具合を認めプログラムを補修すると。しかし有料期間が終わり退会。このマッチドットコムはサクラの業者からこちらにメールアドレスをバンバン教えてくるのに何故有料会員の私が女性にメールアドレスを教えられないの理解に苦しむ。
エキサイト恋愛結婚は相当数の人数お会いできたが段々と女性会員とサイト運営者の質が落ちてきて退会。ちなみにこちらでは美人の超タイプと一人だけお付き合いして、結婚するかお互い真剣に議論し子供を望む私と望まない彼女で意見が別れお互い同意でお別れ。今でも会ってみたいなっと思うほどタイプだった。そしてユーブライド、サイト運営者は結構良い!男女に公平で寛大であるが、登録女性に無料会員が多いのでなかなかコツをつかまないと出会えないようだ。しかし数ヶ月間も全く会えなかった私が、先週初お会いで美人でした。楽しかったしまた会いたい女性!会ってくれなさそうだがメールは続いている。そして今週末はまた違うお相手と会う。
そしてそして、あと3人メールしている女性がいて、一人はお会いする予定何です!結構ココいいかも。初めは愚痴ってたんですけどね。

出会いサイトでも結婚相手をみつけることができる


以前の自分は、異性と付き合うのが苦手でした。そのため、なかなか彼女ができずにいたのですが、あるときこのままではいけないと思い、自分で行動するようになりました。
そのときには、手っ取り早く出会いサイトを利用しました。たくさんの人がやっているから、そこそこ簡単に相手が見つかるだろうと思っていましたが、現実は甘くありませんでした。
メールを送っても返信が来ることはまずなかったのです。さすがにこのままでは遣っている意味がないので、気になる異性にメールを送っていました。
途中であきらめることはしないで、根気良くメールを送り、いつかは返信が来るだろうと思っていました。
すると、あるとき、返信のメールがきたので、そのときにはとても喜びました。あまり時間を空けてはいけないと思い、すぐに返信をしました。
そこから、メールでのやり取りが始まり、大体一月後くらいには連絡先を聞き、電話で話すようになったのです。

電話で話していると、会って話したくなり、相手に聞いてみました。するとすんなりokしてくれたのです。
自分は関東で相手は東北に住んでして、遠かったのですが、すぐに会いに行き、あったその日に肉体の関係を持ったのです。そこから正式に付き合いました。
あまり会うことができないので、電話での連絡が数ヶ月続き、早いかと思いましたが、結婚を申し込みました。
そのときに、いやな顔をせずにうなずいてくれたのに自分は感謝しています。
出会いサイトから結婚をするなんて、自分にとっては本当に運が良かったと思っています。
真剣に出会いを見つけたいと思っていたら、出会いサイトでも結婚までいけるのです。

ごく普通の人妻が・・・


今回出会ったのは、本当にごく普通の人妻でした。
出会系もあまり経験がないらしく男性と会った事は2回目とのことでした。
一回目に会った男性とは、お茶をして終わりだったとのことなので私もあまり期待をせずに、とりあえず会ってみることにしました。
会ってみると本当に普通で、旦那さんとも定期的にしているようだし欲求不満といったこともないようなので、今日はお茶だけで終わるんだなーっと、思っていたのですが急に旦那さんとのHについて語りだしてきたのです。
その内容というと、旦那さんは自分だけ気持ちがよければいいとか、旦那さんとは月一でいいとか色々です。
そこで結局は欲求なんだとゆうことが分かったので軽く押してみることにしてみました。
本当はどんなHがしたいのか?体位は何が好きなのか?など色々と聞いてみたのです。
すると強引にされるのが好きということで、じゃーそんなシチュエーションで俺とやってみようか?といってみるとあっさりOKでした。
ホテルに入ると私は早速強引モードで攻めます。
いきなり後ろから抱き付き強引にキスをしたのです。
すると彼女は嫌がる素振りを見せながらも体は反応しているのです。
いやいやといいながらも抵抗は全くないのです。
これはチャンスとばかりに豊満な胸を無理やりにもむと、喘ぎはじめたのです。
すかさず下半身に手を忍ばすと完全に洪水状態です。
ここで最初に彼女が言っていた強引にされたい願望を叶えるべく、
ありがちなパターンではありますが、どうしてほしい?何をしてほしい?ってな感じでいくと、とにかく激しく犯してとのことなので、ガンガン犯してあげました。
結局3時間で5回もイッタのですが、よく考えると強引に犯されたのは私の方かもしれませんね・・・

一世一代の大芝居、しかし。。


ある人妻との体験談です。私は当時30歳の夏。妻子もあり自営業を営んでいました。
自営業なので出張など羽根を伸ばす機会は当然なく、毎日夕方6時には帰るという刺激のない生活を送っていました。
このころ、妻に隠れて密かに楽しんでいたのが、無料の出会い系サイト。
簡単なプロフィールと自画撮りで苦労して撮った奇跡の一枚といえる写真をサイトに載せ、女性からのアプローチを待つというものでした。
いたずらやさくらからのコンタクトがほとんどではありましたが、それはそれで楽しみながら、ある一人の女性と何度かやり取りするうちに、
どうやら彼女はサクラではないことがわかりました。
神奈川県某市に住む27歳の主婦。エロいメールをやり取りするうちに会いたい気持ちが高まっていきました。
しかし私は、関西に住む自営業者。神奈川へなど行く理由がありません。
私は考えました。やりたい一心で。
そして思いついた理由はこうです。当時そこそこ強い草野球チームに所属していた私。
全国大会に出場が決まり、地区代表として神奈川県で試合をすることに。ついでに湘南あたりのビーチで遊んで帰ってくる、というもの。
土日、一泊二日の大勝負です。
ユニフォームと水着をバッグに詰め込み、土曜の早朝いそいそと出かけました。名神、東名をひた走り昼過ぎに待ち合わせ場所に到着。
すっぽかされることもなく、少しヤンキーチックな人妻さんと合流。
たまに来る妻からのメールに怯えながらデートをし、ホテルではからからになるほど何度も合体。
翌朝、チェックアウトをし別れ際のペッティングもそこそこに帰路に。
泳ぎもしないのに一人海岸で水着を浸し、公園ではユニフォームに着替え怪しい視線を浴びながら一人でスライディング。
完璧なアリバイ工作を企て、日曜夜に作り笑顔で帰宅。
しかしアリバイ完璧なはずなのに、口を利かない妻。orz

MコミュからのNという女性!ダウン奪えました。


これは2012年夏の日のお話しです。Mコミュで様々な女性が投稿している時代でした。その中には「これから一緒に何処かいける人募集、楽しく遊べる方夜会える方を募集」と投稿している30歳の女性を見つけました。Mコミュとは投稿に対してのメールが女性に100通くらいくることも珍しくないそうです。

なので、男性の半数はなんで返事がこな来んだろとあきらめる人も多かったです。私は頻繁に女性からの返事がありました。その女性からもすぐに返事があり、岡山の青江のジャスコで会いました。どこへいくかはその時に決めて、有名な定食屋へ行くことにしました。車の中でもお店の中でも普通な話題が多かったです。

普通イコールそれで楽しく遊んで何もせず終わると思っていたのに思わぬ収穫があったのです。その方はなぜサイトに投稿したかと言えば人肌寂しいので誰か男性と会って甘えたいとのことだったんです。内心早く言ってよーと思ってました。その女性は翌日朝早くから仕事があるのでラブホに行く時間が、なくなったと言ってました。

しかしラブホなくても強引にいやらしいことをするのが私のやり方なので、誰もこない公園のほとりで車を停めました。

そこから一気に脱がせたいけど、服の上から少し胸を触れました。それだけで、もう帰らなくてはだけのセリフで終わり、帰さなくてはいけなくなり不完全燃焼のままで、その子を青江のジャスコあたりまで送りました。もう少しグルメなとこでの話し合いよりエッチする目的だったら良かったと思うし確実にかなりドキドキなこともできたはずです。
それができなかったのは残念!

溢れる。


今日もいつも通りの朝が始まる。
いつもの目覚ましの音、満員電車のきつい香水の匂い、コンビニの安い缶コーヒー、
営業成績の発表。
「よくやったな、昨日の1位はお前だ」
あっ、そうか、昨日営業成績よかったんだった。特別嬉しくもないが、
はにかんでみせる。
「あっ、ありがとうございます。」うちの会社は毎日の営業成績が朝礼で発表される。1位だった人には金一封がもらえる。
俺は100人ほどの営業マンの中で今月の成績は多分5位くらい。上司には評価されている。
仕事は充実している。同僚もいい奴ばかりだ。
朝礼が終わってまたいつもの仕事が始まる。

ブーーッブーッ。
ナオからのメールだ。「今夜会える?」
「うん、いつものファミレスでいい?」
「ありがと。仕事がんばっちゃうよ?^_^」
ナオは同じ営業課の男だ。ナオと付き合うようになったのは
男同士の出会い系サイトで俺が見つけて連絡したことがきっかけだ。
ナオは会社内で女性からも人気がある好青年だ。
小麦肌で歯がキランと光っているような奴だ。
仕事もできてすごい爽やかだ。

夜、ナオといつものファミレスで食事だ。
今日も爽やかな笑顔が可愛い。
あっ、やばい、食事中に勃起してきた。。
「どうしたの?」ニタニタしながら、ナオが俺の股間をテーブルの下から触れる。
いつも彼と会うとムラムラしてしょうがなくなる。
「あっ。。」
「ダメだよ、そんな声だしちゃ」
ナオの手の動きが早くなる。
「んっんんっ。。」
「気持ちいいの?」俺が必死に声を押し殺しているのにナオは更に激しくしごいてくる。
「はっん。。ん。」
今日もスーツの下着の中はぐちょぐちょになった。

「気持ちよかった?」ナオは嬉しそうに俺に聞く。
「あぁめっちゃ気持ちよかったよ」
「じゃあ、俺んちいこっか」
今夜も二戦目が始まる。

ナオは会社ではあんなに爽やかなのに俺といるときは、サドになる。
「どこを触ってほしいんだ?」
「ちんこです」
「あっ、ん。」
「エロい声だしやがって、もっと声だせよ」
「あっあっー」
ナオの言うままに俺は感じまくっている。
気づくと「ナオ様のちんこをケツに入れてください」そんな淫乱な言葉がでている。
ナオの細マッチョな体からは想像できな、熱くて太いモノが俺のケツにいれられる。
ズポッ、いやらしい音と共にそのモノで俺のケツは満たされていく。
次の瞬間には、パンッパンッと激しくそのモノでケツが突かれる。
気持ちよすぎる。。。
ナオも気持ちよさそうだ。その顔をみていたらますます勃起してくる。
「すげぇ勃起してんな、淫乱な奴だな」
どんどんナオの腰の動き早くなり息遣いも荒くなる。
「いきそう。。」ナオが言う、その顔と声で俺はチンコで突かれてる間はしごかれてなかったのに
チンコに熱いものが上がってくるのがわかる。
「イクっイクー、、」「ナオ俺もイク、あっ」


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

おはよう。今日もまたいつもどおりの朝が始まる。
つまらない日常の中、あのいやらしい時間を想像しながら今日をやりすごすのだ。
いつもの満員電車がきた。
さぁがんばろう。

美人人妻とのセックス


俺は、数週間前までは、女性とは全く
無縁なさみしい生活を送っていた。
俺の人生はこんなもんだよなと
思って諦めていた。そう某出逢いサイトで、
彼女に会う前までは、ごく普通の生活を
していた。彼女と僕はなぜか初めての
メールから意気投合した。こんな事は
初めてだった。そして、彼女は新婚の
人妻だった。少し驚いてしまった。
新婚女性が僕に興味を抱いてくれるなんて
夢のようだ。僕たちのメールのやり取りは
毎日行われた。そしてある日、待ちに待っていた事を
彼女はメールで言ってきた。
明日から、私の旦那出張になります。だから、
会えませんか?というような内容の文章だった。
僕は心が踊った。待ち合わせは、都内の某カフェに
なった。彼女は、ピンクの衣装を着て行くからと
言っていた。実はまだ彼女の顔を知らない。
どんな女性なのだろうかと不安と期待で心がバクバクしていた。
ピンクの衣装だから、可愛い系かなと期待した。
待ち合わせのカフェに彼女はいた。笑顔で視線を送って
きたので、すぐに彼女だとわかった。ただ、僕は彼女の
存在にびっくりした。女神様がたっているようだった。
可愛い系よりも、美人と表現できる美しい女性だった。
さらさらとした長い髪にドキッとした。
そして、ピンクの衣装も、薄めで、彼女のボディの
美しさがくっきり見えるのだ。そして、無邪気に
爽やかに微笑んでいる彼女が目の前にいた。
そのギャップに驚いた。何故?と不思議に
思った。事情はわからなかった。カフェでお茶をし、
彼女が、行こっか?と言った。あなたの行きたいところと。
いいの?僕は言った。うん。と彼女はうなづいた。
僕達はホテルの中にいた。彼女は僕をベッドに手招きした。
僕は為すがままになった。彼女が服を脱いだ。白く美しかった。
いつもは旦那としているのであろうと想像すると、僕のエッチ度は
マックスに達した。彼女の白い肌と柔らかい胸に、陶酔状態になった。

リゾートバイトで最高のセックス

彼氏以外の男の人とセックスをしたのはあれが最初でした。

大学2年の夏休みに、友達に誘われて行ったリゾートバイトで彼と出会いました。

最初はお互いにそんな気なくて、でも話が弾む、おもしろい友達って感じでした。

リゾートバイトでの非日常感と、半軟禁生活の中でどんどん仲間の距離が近くなって

いろいろ相談したり、エロトークで盛り上がってるうちに、いろんなハードルが低くなって行ったんだと思います。

普通だったら絶対しないなぁと思いながらも、ここだけだしいっか♪的なノリで、

罰ゲームでどんどん服を脱いでいったり、性癖暴露なんかで盛り上がってました。

彼とは特に仲良くなって、2人で夜の自由時間に探検とか言って宿舎の中や、海岸を散歩していました。

その日もそんな風に夜の探検に出かけて、この時間は誰もいないスタッフルームに。

私たちはよくここでいろいろ話をしていたのですが、その日は2人ともけっこう酔っていて、ボディタッチがいつもより多かったと思います。

私が最初にスイッチ入って、彼の手に腕をギュってつかまれた時、んんっ‥って声出しちゃって

「なに?もしかしてMなの?」ってばれてしまいました(笑)

そこからは今思い出しても、過去最高に気持ちいいセックスでした。

普段彼氏の前では恥ずかしくて言えないようなこと、できないようなことをする私は別人みたいで、初めて、頭の中真っ白になるほどイキました。

手首を背中で縛られて、しゃがんで、愛液が地面に滴るまで胸を揉まれて乳首を弄ばれ、

やっとクリを弄られた時は気持ち良さのあまり、膝から崩れ落ちてしまいました。

その後も「お、オマンコにおちんちん‥突き刺して下さい」ってちゃんと言えるまで何度も言い直しさせられ、

自分がすごく熱くなっていくのがわかりました。

バックでおもいきり突かれながら、おしりをパンパン叩かれて、気がついたら、

「もっと叩いてー、突いてーー、オマンコ気持ちイイのーーーー」って自分から叫んでました。

彼とはその後も何度かセックスしましたが、相性もよかったし、自分の恥ずかしいところ全部知られてると思うと余計に燃えて、セックスを純粋に楽しむことができました。愛人出会い系サイトで味を占め遊んでますがあんなこと、もうできないかな。

SEXの時に気をつけること

女性とのSEXを楽しんでいらっしゃると思います。

そのSEXの時に出会い系サイトで出会った女性のことを最優先に考えてSEXしていらっしゃるでしょうか。

女性の気持ち良さを最優先にしてSEXをすると、次のSEXからは女性の方から求めてくるようになります。

女性は、男性よりも深く、長く感じますので、男性は頑張って女性を感じさせるようにしてみてください。

そんなに難しいことではありません。

女性は見つめることで親近感を覚えます。

しっかりと目を見つめる所からスタートしてください。

見つめられると男性でもドキドキすると思いますが、女性も同じです。

目をしっかり見つめて、女性にドキドキしてもらってから、徐々に感じていってもらうようにするのです。

キスも軽いキスから始まり、段々と熱く、激しくしていくようにします。

リップサービスと称して、身体中をキスしてあげてください。

上から下に、下から上に、後ろから前に、前から後ろにとキスや舌を有効に使ってください。

そして、タッチや揉むなども交えながら、じっくりとゆっくりと焦らず、女性の反応を探りながらその反応を楽しめるようにしてください。

北九州出会い系の女性が感じる反応を見るのは、嬉しいものです。

女性が感じてくると、吐息や喘ぎ声、身体の反応などに表れてきます。

そして、ポイントによってそれらの反応が違いますので、ポイントを探りながら反応を見てください。

じっくりと時間をかけることで、女性の感度はドンドン上がっていきますので、辛抱強く続けてください。

簡単に言うと、焦らすということになるかもしれませんが、自分が早くしたいのももう少し堪えて続けると、女性が求めてきます。

そうなったら、大分感じていると判断しても良いと思いますので、自分も気持ちよくしてもらってください。

女性は男性が気持ち良い顔をしていたりすると嬉しく感じます。

男性もそうですよね。

女性の気持ち良さを最優先に考えて、SEXをするように心がけるとその日もそうですが、次からも違いますよ。

会社の飲み会が・・・

私は、従業員30人程度の製造業の会社の事務員でした。

従業員同士仲が良く飲み会になると下ネタもラフに飛び交うような会社でした。

創立20周年の飲み会がありその日は絶好調に飲めた私は、そのまま2次会3次会と進み気が付くと同じ事務員の女の子と同じ年代の男の子3人が残りました。

この5人は従業員の中でも特に仲が良くプライベートで遊ぶ事もしばしばありました。

しかしそれぞれ結婚していたり、彼女彼氏がいたりで恋愛関係は全くありません。

いつもどおり下ネタで盛り上がっていると、いじられキャラの男の子に出会い系サイトで遊んでいるお前のテクを見せてみろと言う話になり、デリヘリ譲を呼んで他の4人は隣でこっそり見ることに。

いじられキャラの子の家に着いてしばらくすると家のチェイムがなりデリヘル譲が到着。

淡々とコースの説明を受けた後、お互いに服を脱がせあい、お互いにお互いの物をなめあう2人。

デリヘル譲の異常な喘ぎ声に思わずクスクスと笑い声が漏れるとデリヘリ譲も何かおかしいと感じて「誰かいるの?」と聞いてきました。

「ネコだよ」とマンガのような返しにますます笑いが耐えられずもうばれてるだろと思うくらい騒いでいました。

でも隠れてる設定は守り4人は必死に声を隠していました。

そのうち私の下半身に違和感。絶対だれか触ってる!でも声は出せないし動けない。

だんだん激しくなってきて、デリヘル譲の音だか私の音だかわからないくらいになってきました。

もう我慢できないと周りを見てみると、隣の2人も始まっていて、ふと気づくと3組のシックスナインができていました。そこからは喘ぎ声祭り。

1組が終わると別の誰かが来て人を変えてまた始まり入り乱れました。

お金はかかったけど

私は友達と良く飲みに行きます。

最近は出会い系サイトよりニュークラブにはまりそこで働いている女の子とエッチがしたくてたまりませんでした。

その女の子はすらっとした脚をしていて胸が大きく顔は鼻筋が通っていて綺麗な感じの人でした。

会った瞬間から綺麗だなと思いこの子とエッチできたらなと思っていました。

それ日から私のニュークラ通いが始まりました。彼女を指名して5度程店に通った頃2人で食事に行くことできました。

やり目的でないことをわかってもらうために紳士的に優しく接していました。

彼女からも一緒にいてとても落ち着くと言ってもらえました。

住んでいるところも教えてくれましたがなんと私の家のすぐそばでした。私は1人暮らしで彼女は実家から通っていると話していました。

帰り際俺ん家よかったら寄っていくと聞いてみるとちょっと入ってみたいと言われたのでまた飲みなおすことになりました。

部屋に入った彼女はとても無防備でスカートからはパンツが見えていました。前鏡になった時には胸の谷間がしっかり見えました。

酔っ払って私の隣にきた彼女はいきなりほっぺにキスをしてきました。いつも優しくしてくれてありがとうと言われました。

もう我慢できなくなった私は彼女を抱きしめてキスをしました。全く抵抗せずに彼女は舌を入れてきました。

そのままベッドに行きエッチをしてしまいました。出会い系好きの彼女の胸はEカップでとても柔らかかったです。

何よりも足が長くて綺麗でした。マンコの締りもよくてその日に2回も射精していまいました。

その日から本当の彼女になりました。

同窓会で再燃した私の心と身体と湧きあがる(泉)

中学の同窓会。

(アラフォー)記念同窓会のご案内って、ちっとも期待できない響き・・・

クラスメートや部活の仲間と会うんだから「期待」っていう言葉はヘンなんだけど、でも、当時出会い系サイトで遊びまくっていた付き合っていたKも来るのかな・・・

来てほしい。

でも来ても、私の当時好きだった彼とは別人のメタボおやじになって、やってきたらイヤだな、、、

そんなことを想いながら、でもやっぱり「期待」する私・・・

念入りにメイクし、彼好みのかわいい系ながらセクシーなワンピース。そして「下着」も選んで。

遅れてやってきたK。

「おっ」彼はすぐに気付いてくれました。

目が合って、なんだろう、久々に感じた(心)のドキ。そして、私の(子宮)までキュンとなった。。。

彼は私のそばに来て、ちょっとはにかみながらも、「久しぶり。おまえ、変わってないな」

横目でちらっと私の顔と、胸元に視線を落としたKに、ドキドキは加速。

自然消滅でした・・・高校も違い、いつの頃からか連絡もしなくなり、なくなり。

いつしか彼は(思い出の人)となってしまっていたのに、いつもどこかで気にしていた、会いたいと思っていました。それは「結婚」しても。

そんな話まで、お酒のせいか、二次会で彼に寄り添いながら話ていた私でした。

半分は酔ったふりして、半分は(狙って)このときには、気持ちも「身体」の準備もできていました。

自然と店を出て、ホテルへ吸い込まれるように入りました。

今までのお互いの空白期間を知るよしもなく、あの頃のぎこちなかった愛情表現とは違い、愛し方も大人になった、その快楽のときを二人で楽しみました。

彼が当時リクエストしたTバックの下着。気付いたかしら。

そんな間もなく、追い剥ぎのごとく、私は丸裸にされてしまったけど。。。

それから、私たちは、ときどき会うようになりました。

というか、今になって気付いたことがあります。身体の相性がこんなにバッチリだったなんて・・・

会ってすぐに、セックス。こんなこと出会い系サイトで恥ずかしながら遊んだ以来で獣のように愛し合い、お互いしたくなったら、連絡する。

ますます潤う心と(私自身)を、彼が支配してくれるのが、今たまらなくうれしいのです。

根元までくわえてくる女

現在私が付き合っている彼女は、愛想が良く顔立ちもかわいいので不満はありません。

出会い系サイトで知り合いました。休日などには、毎週デートに行くなど、たのしい日々をすごしています。

そして、彼女とはもちろん定期的にエッチをしています。

カップルの円満の秘訣としては、エッチも大切だと私は思います。

彼女とのエッチに対しても不満は無く、楽しいセックスライフを過ごしています。

彼女はエッチの際には、フェラチオを丹念にやってくれます。

過去に風俗などの経験はありませんが、何故かテクニシャンです。

フェラチオの際には、まずは睾丸をしゃぶってきます。

くすぐったいと感じますが、彼女の舌が睾丸に当たると私も感じてしまいます。

そして、竿の部分に関しては根元までくわえてきます。

そのため、彼女は苦しそうになる様子が印象的です。

彼女に聞いたところ、これは性癖だそうです。

今までにも男性と交際した際には、男性器の根元までくわえて、フェラチオをしていたそうです。

私は女性は、エッチに関してはあまり積極的では無いと思っていましたが、

彼女のようなエッチな女性も居る事に驚きました。

他にも、女性でもそれぞれ性癖があり、それぞれ変態なことをしているのだと実感しました。

そして、出会い系で出会った彼女は本番プレイ中にキスをしてくるときも、すごい吸引力で私の口を吸ってきます。

やはり興奮をしたら、何かを吸い付きたいと感じているのだと思います。

これらのように、女性も男性と同じく、セックスの癖や性癖があるのだと思います。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪