五十鈴川に芽生えた恋

伊勢神宮に来るのは初めてだった。
若い頃は気にも留めていなかった神事。しかし、五十の坂を越える頃から、日本の古代に惹かれるようになってきた。なぜだか分からない。

外宮を抜け、内宮近くにある猿田彦神社にお参りをし、三百年以上の歴史を持つ老舗・赤福で小腹を満たしてから、内宮を通って伊勢神宮の鳥居をくぐった。
厳かな雰囲気が辺り一面を包んでいた。

帰り道、一人の女性が私の脇を通り過ぎた。
オフホワイトにネイビーのボーダーラインの入ったカットソーに、ブルージーンズを合わせている。
肩まで伸びた黒髪が、初夏の爽やかな風に揺れていた。ネイビーのスエード風モカシンを素足に履いる。健康的な両脚がリズミカルな歩調をとっていた。
(一期一会、という言葉もあるからな)
その言葉を頭の中で反芻しながら、彼女に追いつこうと歩を速めた。

仄かにパフュームの香りが漂ってきた。
「ちょっと、失礼しますが・・近鉄鳥羽線の五十鈴川駅はどちらにあるでしょうか?」
彼女と肩を並べるやいなや、間髪入れずに声をかけた。
「ああ、五十鈴川駅ですかぁ、この道に沿って真っ直ぐ行って頂ければ・・」
振り向いた彼女は少し怪訝な表情を浮かべながらも、親切に答えてくれた。
「地元の方ですか?」
「そうですけど・・」
「じゃ、この辺で何か美味しいものを食べれるお店は知りませんか?」
「そうですねぇ~、じゃ、お蕎麦ですけでど『○○屋』はどうかしら?」
「いいですね。蕎麦、大好きですから。一緒に食べませんか?」
「え、一緒に?結構ですよ」
「そんなこと言わずに・・こうして知り合ったのも、何かの縁ですから、ね」
「う~ん、じゃ、一緒に食べるだけですよ」
「そうこなくっちゃ。じゃ、行きましょう。どこですか、その『○○屋』は?」

宇治橋から五十鈴川に沿って続く美しい石畳の通りには、切妻様式や入母屋様式の建物が軒を連ねている。
たくさんの飲食店やお土産物屋が、お伊勢参りをするために遠方からやってきた人たちを迎える。

『○○屋』は、約八百メートル続くこの通りの中ほどにあった。
二百年以上営々と商売を続けてきた歴史の重みが店のそこかしこに見られ、食事を取ったというより、歴史的建造物を見に来たといった方が正しいと感じた。
「蕎麦も美味しかったですけれど、お店の佇まいが素晴らしいですね!」
やや興奮気味に話すと、
「そう言って頂けると、お連れした甲斐がありましたわ」
口の端に微笑みを浮かべて、答えてくれた。
「少し散歩でもして頂けませんか?」
「どうしましょうかしら・・じゃ、五十鈴川の堤防でも歩きましょうか」
「いいですね。行きましょう」

先ほど寄った赤福本店を左手に、五十鈴川に向かって緩やかな坂を上った。
川に架かる橋の袂で彼女が急に立ち止まった。
「どうしましたか?」
「いえ・・ここ、遠い昔、初恋の人と歩いた場所なんですよ」
少し頬を赤らめながら、昔日の想い出に浸っている彼女の双眸はキラキラと輝いている。
その黒い瞳に誘われるように、そっと彼女の唇に自分の唇を重ねた。
「あっ、どうしましょう・・」

夕陽が、山の稜線に沈みかけいた。
その燃えるような橙色が、私たち二人の邂逅を祝っているようだった。

その夜、老舗旅館の畳みの間で、お互いの性欲を貪り合ったことは言うまでもない。

 

三重の女の子とのセックス体験談

風俗遊びに少し飽きていた頃、私は何か女の子とセックスできる方法はないだろうかと考えていました。
そして合コンやいろいろなイベントなどにも参加してみましたがなかなかうまくいかず、女の子とHがしたくてしたくてしょうがなく思っていました。
そんなある日、SNSサイトの趣味友で少し仲良くなった女の子がいました。
その女の子は三重県に住む24歳のお嬢様風でした。
こんな素敵な子がSNSサイトにいるのかと思いました。
言葉遣いも丁寧でかなり清楚系な女の子です。
私はこの子とセックスがしたいと思うようになりました。
二週間ほどメールのやりとりをし、我慢できなくなった私は彼女にカラオケでも行こうと誘いました。
いきなりホテルへ誘うと断られるかもしれなかったので、とりあえずは無難にカラオケに誘いました。
すると返事はOKでした。
テンションの上がった私は、どうやって彼女とセックスまで持っていくかということばかり考えていました。
そして、三重県の某駅で待ち合わせをして、彼女とカラオケへ。
彼女の可愛らしい歌声を聞き又々テンションが上がる私。
二時間ほどしてカラオケ店を後にし、そして夜になったのでダメかもしれないけど、一応ホテルへ誘おうと彼女に聞いてみたところ、まさかのOKです。
嬉しくてたまらなくなった私は、彼女の気が変わらないうちに早々とホテルへと連れて行きます。
ホテルの部屋へ入るとなんと清楚な彼女が豹変し、まさかのエロエロモードに。
どうやら彼女もムラムラしていたみたいです。
そしてシャワーもなしでいきなりフェラをしてくれます。
驚きと嬉しさで変になった私は、彼女の全身を舐めまくりました。
彼女も気持ちよさそうに喘いでくれました。
我慢できなくなったのですぐに挿入開始しました。
バックや正常位をしましたが、あまりの気持ちよさにいつもよりも早く果ててしまいました。
彼女とはその日一夜限りでしたが、本当に興奮した一日でした。
 

古道の石畳に静寂はみちて

周囲をうっそうとした繁みにおおわれた熊野古道を歩いているときのことでした。
一人旅の私が、どこまでも続く石畳を進んでいると、後ろから人の気配がして、ふるりむくと10メートルほど後方に、一人の男性の姿がみえました。
ほかには誰もいません。
私はちょっと不安をおぼえて足をはやめました。
急いだはずみに足が石にけつまずき、あっと思ったときには前のめりに倒れていました。

「だいじょうぶですか」すぐに彼がかけよってきて、心配そうにききました。
足をくじいたらしく、私が立ち上がることができないのをみた彼は、私のズボンの裾をめくって、足首をつかんで軽く曲げたり伸ばしたりしました。
「ここは痛いですか」私が痛いところを答えると、彼は自分のタオルにペットボトルの水をふくませたものをその箇所にまきつけてくれました。
彼はそして、私をお嬢さん抱っこしながら、ちかくの平坦な草地まできて、そっと地面に横たえました。
「痛みがひくまで、しばらくこうしていたらいい」私は彼の優しさに、さっき不安に思ったことを詫びたい気持ちでした。
私は彼の手をにぎりしめました。
そんな私の背中を抱きおこすようにして、彼がキスしてくれました。
彼の手が私のジーンズのボタンをはずし、チャックをおろしにかかった時も私は、自分から下半身をうごかしてそれを手伝いました。
私の体が彼によってひらかれたとき、私は目をとざして、彼が突き入ってくるのを、全身でうけとめました。
静寂にみちた古道のなかに、快楽にふるえる私の声がくりかえし響きわたりました。
 

披露宴で出会った彼女と

世の中には、こんな話もあるのかという幸せな話です。
大学時代の友人の結婚式に招待されて、三重県のエクシブ鳥羽&アネックスに宿泊したときの話です。式は昼からでしたが、千葉からでは間に合わないのでエクシブ鳥羽&アネックスに前泊しました。私は、30代前半ですが独身です。大学の仲間では、独身者は絶滅危惧種となってしまいました。
披露宴で同じテーブルの向かいに座った女性と話が弾みました。住んでいるのは、偶然なことに同じ千葉だったので、一緒に私の車で帰りましょうということになったのです。彼女も、ドレスや宿泊の荷物があるので助かったようです。
帰り道、伊勢道の津IC付近で事故があり大渋滞に合ってしまいました。エクシブ鳥羽&アネックスを出発したのが午後3時30分、遅くても千葉に9時頃に着く予定でしたが、7時前で四日市でした。彼女は、翌日は有休をとっているので、どこかで泊まっていいと言います。お互いに、30を超えた独身の男女ですから言いたいことは分かっています。急きょ、予定を変更して湯の山温泉に宿をとることにしました。
宿で、食事をした後に温泉に浸かり、並んだ布団で寝ました。彼女は、私を待っていたのですが、私は疲れとお酒でチンポが勃起しなかったのです。
彼女は、フェラが得意なのと言いながら、私のチンポをパックと咥えてしゃぶってくれました。四つん這いになってと言われてお尻を向けると、私の下に潜り込み、チンポを咥えながら、アナルに指を入れてきたのです。アナルを弄て遊ばれ前立腺を刺激されると力が漲ってきました。
すでにスイッチの入った彼女に正常位から挿入しました。彼女はカエルのように足を開いて私の身体を包ます。激しいピストンより濃厚で時間のかけたセックスが好きなようでした。
お互いにセフレとなった私達は、お互いが欲しいと思ったときは連絡をとり合っています。三重県の縁結びの神様に感謝です。
 

三重県の超変態な女の子との思い出

私は人生で初めてナンパをしたのが三重県津市でのことでした。
ナンパをしたことがなく、そしてそんな勇気もなかったのですが、どうしてもその日はエッチがしたくなり、とうとうナンパをすることにしました。
ナンパを開始したものの全くコツを掴めずに、最初らへんはほとんど話すら聞いてもらえず全くうまくいきません。
しかし、まだまだ諦めるのは早いと思い、何時間かナンパをしていると徐々に慣れてきました。
20番目くらいに声をかけた女の子がかなり話しやすく、話をよく聞いてくれたのです。
これはもしかしたらと思い積極的に面白い話や、少し下ネタなども挟んでみました。
するとその女の子はノリノリになってきました。
聞くと22歳の女子大生で、就活がなかなかうまくいかなくて悩んでいたらしく、気分転換がしたかったみたいでした。
こんなチャンスは滅多にないと思ったので、まずは食事に誘いました。
するとラッキーなことにOKをしてくれました。
イタリアンに行き軽く食事を済ませ、この後ホテルへ行きたいのだけどと言うとなんとそれもOKでした。
まさかそんなうまく行くとは思わなかったので驚きました。
そして一緒にホテルへ行くと、その子はかなりの変態ちゃんでした。
生が好きそしてバックが好きらしく、バックからたくさん挿入するとすごい大きな喘ぎ声を出してくれました。
これに興奮した私は言葉責めなどもして楽しみました。
その日は結局4回戦もしてしまうくらいお互いに興奮していました。
私にとっては夢のような日となりました。
あのとき三重県の津市でナンパをしてよかったです。

 

近鉄四日市駅で誘った彼女はDカップ

私が、彼女と出会ったのは、GWの土曜日の近鉄四日市駅の6番ホームでした。時刻は、夜の11時を回った頃でした。ホーム中ほどのファミマの横でうずくまっていたのです。顔を覗き込むとドンピシャのストライクゾーンdesu.
これは、声をかけるしかないと速攻ででした。
私「大丈夫?」
カ「・・・」
私「どこまで行くの?」
カ「湯の山まで」
私「もうすぐ、終電だから、寝ちゃダメだよ」
カ「もう1杯だけダメ?」

どうやら、彼女の中では、まだ飲んでるようでした。
私「じゃぁ、一軒だけならいいよ」
カ「よし、いこいこ!」
これでは、私が彼女に誘われた形です。彼女に肩を貸して、駅のそばにある四日市ブランチャペルクリスマスに行きました。私のスマホに登録してあるホテルで駅の近所はここだけだったのです。電話するとキャンセルで部屋が空いてるとのこと。駅で声をかけてから30分後には、部屋にチェックインしていました。
強姦ではないので、彼女に確かめした。

私「服を脱がないと、シワになるよ」
カ「あーん、無理!脱がして」
私「僕も脱ぐけど、いいかな?」
カ「私が、先」

これで合意です。早速、彼女の服をハンガーにかけてブラとパンティだけになってもらいました。外見では分からなかったのですが、Dカップです。上下がパープルで白い肌に良く合っています。

私「おっぱい、みせてよ」
カ「恥ずかしいよ」
私「そんなことないよ、綺麗じゃん」
カ「じゃ、少しだけ」

ブラを取ると、乳首がツンと尖がっていました。彼女を力一杯、抱きしめました。耳元で「キレイだね、抱いてもいい?」囁くと、彼女は黙って目を閉じていました。これは、OKとしか理解できません。
濃厚なキスから片方のオッパイを揉みながら、片方のオッパイを乳首を中心に舐めて吸いました。
彼女の身体がピクピク震えていました。私のチンポは、カチコチで先汁が出ています。彼女のショーツに手を入れると濃厚なマン汁が染み出ています。挿入すると、肉ひだがチンポにまとわりついてグニュグニュと動いているような感じです。それから、数時間は続いたと思います。彼女も、こんなに感じたのは初めてと言ってました。
彼女とは、それからセフレの関係が続いています。お気に入りは、垂坂山の駐車場や青山高原の駐車場でのカーセックスです。狭い車の中でのセックスに彼女も私も嵌っています。彼女のマンコにぞっこんの私です。
 


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

久しぶりに三重に帰省して

俺は久しぶりに産まれ故郷の三重県に帰っていた。
俺の目的はひとつ、実家に帰省したときにセックスをする相手が欲しく、つまりはセックスフレンドを作ることだった。
とはいえ簡単にセフレは見つけられない。そこでナンパすることにした。
ナンパは昔かなりしていたし、それで現実的にセフレを作ったことがある。たださすがに当時に比べて年齢が上がったし、そこまで選り好みをするつもりはなかった。
で、昔のように女の子を見つけ次第片っ端から声をかけていった。警戒されるように思われるが、寂しそうな女の子はこれが一番だ。
手当たりしだいにナンパを始めて3時間後、大人しそうな女の子が俺の話を聞いてくれた。別にどうでもいい会話だが、ともかく足を止めさせることが大事なのだ。
そしてうまい具合にカラオケに誘うことができ、更に食事に行って軽く酒を飲んだ。
最初はおどおどしていたが、お酒がまわるにつれて饒舌になっていった。
そろそろチャンスだなと思った俺は、ラブホテルの建ち並ぶ繁華街の裏路に入っていった。
特に彼女は文句を言うでもなくついてきたので、そのまま最寄りのラブホに入った。
驚いたことに彼女はラブホに入ったことがないらしく、派手な装飾の部屋に驚いていた。
そしてシャワーを浴び、脱がせてみると予想以上の巨乳だった。スレンダー体型の巨乳、いわゆる着やせするタイプだったらしい。
首周りから下腹部に向かって愛撫を続けると、彼女は次第に喘ぎ声を強めていった。俺は彼女の感じている様子を見つつ、黙って生ハメした。
もちろんそのまま中出しを決めたことは言うまでもない。彼女自身中出しされたことに気づいていない様子だったので、まあそこは良かった。
それで、しかも彼女は俺のセフレになった。久しぶりの三重でのナンパだったが、案外うまくいくもんだ。
 

ドライブの途中で

わたしは20代の頃は車が好きで、よくひとりで、ぶらっとドライブをしていました。
当時の住まいは大阪だったのですが、よく神戸や和歌山などに一晩かけて行く事が多かったです。
ある時、行先も決めずに適当に車を走らせていると、もうすぐ三重県の看板を見つけたので、三重の名所をまわろうと思いました。時間は深夜の1時くらいでした。
コンビニで飲み物を買って
一休みしていると、退屈そうに座っている女の子を発見しました。目が合ったので、軽く声をかけるとどこかに連れて行ってほしいと言われました。
親とケンカして行くところがないとの事でした。見た目が若干若かったので、年齢確認のために免許証を見せてもらうとわたしより一つ年上の22歳でした。
車に乗って色々と話をしていましたが、なんとなくいい雰囲気になったので、国道沿いのホテルに入りました。女の子は遊び慣れているのかと思っていましたが、意外とうぶな反応がかわいかったです。それでも朝までで3回もやらせてくれました。
ホテルを出たのは午前10時くらいで、このまま帰るのももったいないので、三重の観光スポットを案内してもらいました。
伊勢神宮に行こうかと思いましたが、車が渋滞していたので、二見シーパラダイスという水族館に行きました。名前もちゃんと知らない女の子とデートっぽい事をして過ごしました。
その後は、連絡先を交換して、たまに会っては、セックスしたりのみに行ったりする関係がしばらく続きました。
 

三重県へ旅行

先日私は三重県に引っ越した元同僚を訪ねる為に三重県に旅に出ました。
朝から新幹線、在来線を乗り継ぎ友人が住んでいる町に到着するとすでに夕方になってしまいました。
ホテルにチェックイン後、さっそく友人に連絡をして待ちあわせ飲みに出かけました。
友人の現在の同僚だという女性二名も合流し飲み始めました。
いい感じに酔いがまわって来た所で友人宅で飲み直そうという事になりタクシーで移動しました。
お酒とつまみを買い込み友人宅に到着し飲み始めました。
そこで友人の同僚二人がかなりの美人だという事に気がつきました。
先ほどまで暗い場所で飲んでいたので気がつかなかったようです。
スタイルもよく非常に私好みの女性達でした。
テンションが上がってしまった私はついつい飲み過ぎてしまいかなり酔っぱらってしまいました。
私につられて皆もかなり酔っているようで、友人が冗談ぽく王様ゲームをしようと言い出しすんなりOKに。
さっそくゲームがスタートし始めは軽いゲームから入りました。
どんどん内容をエスカレートさせていき、ついには胸を揉む、キス、下着になる等どんどん過激になりました。
友人が王様になり出した命令が、私の局部をふたりで舐めるというものでした。
さすがにこれは拒否されるかと思いきや女性陣はノリノリで攻めてきました。
我慢出来なくなった私もたまらず胸や下半身をさわりました。
下着越しにも二人が濡れまくっているのが分かったので下着を脱がせ指を入れ刺激しました。
友人も参戦し二人で女性を攻めました。
そして二人同時に挿入。
もちろんゴム等は付けず生で入れました。
締まりもかなりよく興奮しまくった私はそのまま中に出してしまいました。
かなり大量に出てしまい、あそこから白い液体が流れ出してきました。
それから朝までやりまくり、私の三重旅行の中で最高の思い出となりました。
午後から友人と観光に出かけ夜の新幹線で帰路につきました。
もちろん次の休暇にも三重に旅行に来る予定です。
 

三重県四日市市のナンパ事情

私は三重の四日市市を中心にナンパを繰り返しています。
四日市港ポートビルのあたりでよく引っ掛けていますね。
成功率はなかなか高いですね。
今、二年目になるセックスフレンドもそこで見つけました。
これがかなり大当たりの子でしたね。
声をかけてすんなりホテルまでついて来たんですが、かなりエロいセックスで良かったですね。
こんなに簡単にセックスフレンドができるのかと感動しました。
それまでもナンパでセックスまで持ち込んだ経験は多かったのですが、どれも一度切りでしたからね。
続くような女の子が出てきたのは嬉しいことです。
一年以上セフレをやっていますが、まったく飽きませんね。
体の相性が良いんでしょうね。
パッと見はアイドルみたいな顔の系統をしています。
童顔なのに巨乳で、そこが一番のお気に入りですね。
プレイも、結構言うことを聞いてくれるので、ドMなんだと思います。
Mの女の子って良いですよ。
なんでも言いなりになってくれますからね。
そういう性格的な相性も重要になってきます。
単に見た目がタイプですだけではつまらないですから。
まぁ、それだけにそういう子と出会うまでが大変なんですけどね。
だれでもいいなら全然ナンパ、セックスできますけどね。
そこからが腕の見せ所だと思いますね。
セックスは大好きですから。
セックスのためならなんでもしますよ。
そのために体を鍛えたりしていますからね。
やはりたるんだ体なんかじゃモテませんよ。
これからもナンパやセフレ作りに勤しみたいと思いますね。
 

出張の時のセックスフレンド

私は今、27歳の独身であるメーカーに勤務していて、三重県に当社の工場があるので月に2回ほど出張しています。その工場ではいろいろ打ち合わせをしたりしますが、ある事務員の女性がいつも私の仕事を手伝ってくれたり食事の準備をしてくれたりするんですが、彼女は私よりも5歳年上の人妻ですがとても上品で美人でわたし好みの女性です。彼女はとてもまじめな性格で世間話などもほとんどしない女性なんですが、私が東京のお土産を持って行くととても喜んでくれるんです。
そしてある時彼女と一緒に別の会社を訪問することになり、帰り路に一緒に食事をしたんですが、これをきっかけに仲良くなりメールで連絡を取り合うようになりました。彼女は旦那さんとあまりうまくいっていないようで悩んでいるようでしたので、私も気遣ってメールで頻繁にやり取りをしていました。それからしばらくして彼女が東京に出張でやってきたときに、一緒に食事に行ったんですがその時に「これから僕のの部屋に来ない??」と誘ってみたんです。するとあっさりOKが出ました。

シャワーを浴びてからベッドインしてキスをすると彼女も濃厚なキスで応じてくれたので、おっぱいを触ってみると「アァ~ン、アァ~ン」といやらしい喘ぎ声を上げていました。アソコを触ってみるとグッチョリ濡れていて私も興奮してきたので、ここでコンドームを装着してゆっくり挿入します。正常位で腰をフリフリするといつも真面目な彼女がみだらに乱れていたので私も興奮してきて、ドピュッと勢いよく発射して気持ちよくフィニッシュしました。これ以降私たちは定期的に会ってセックスを楽しんでいます。
 

地元でセフレが欲しい!

私は地元の三重でセフレが作りたいと思っていた20代の学生です。
周りには彼氏持ちの男性しかおらず、セックスしたいと思っても
できない状況にありました。
東京や大阪など都会の方なら、ラブホの近くにセックスがしたおじさんが
歩いていたり、チャンスがあるんだろうなと思っていました。
ラブホが少ない地域に住んでいたので、セフレが欲しいと言うのは
夢のような話でした。

ある日、友達に教えてもらった出会い系サイトで
三重での出会いを探している人がいることが分かりました。
サイトでも地方別、地域別に出会いが探せることを
私は知りませんでした。早速活用してみると、松阪で出会いを求めている
人がいることが分かり、実際に会ってみました。
彼は20代の男性で、私より少し大人びた印象でした。
サイトで何度かやり取りしましたが、ネットとは違うクールな人でした。
しかし、私の気持ちをしっかり受け止めてくれてデートしてからラブホに行くという
素敵なプランを考えてくれていました。

その日の最後にラブホに泊まり、彼とセックスしました。
初めての経験でしたが怖いという気持ちは一切なく、ただ彼と繋がりたい、
快感を味わいたいと思っていました。興奮していたんだと思います。
彼が脱いだ時、男性の体をよく見るのが初めてだったので、セックスより
彼の体に恥ずかしいという気持ちが抑えられなくなりました。
裸って色っぽいなと思いました。
彼は私の一番奥まで突き、中出ししました。ずんずんと奥に来る感覚が
とても気持ちよかったです。いけないと分かっていても、セックスできたことが嬉しくて
彼のモノを締め付けて逃がしませんでした。

初めてのセックスが気軽に経験できてよかったです。
これからも彼とセックスしながら、もっと地元でセフレを探してみたいです。
 

可愛らしい子見つけた!

私は三重県四日市市でナンパに成功し、セフレを作ることができました。
ネットで調べるとナンパ旅行に三重まで出かける人も多いらしく、
挑戦してみようと思ったのがきっかけです。

繁華街やナンパに向いている場所があるという訳ではないので
なかなか人を見つけるのができずに苦戦しました。
しかし、四日市まで来ると人通りも多く、若い子が多いので
目当ての子や好みの子を探すのが楽になりました。
20代の小柄な女の子にナンパしてみたところ、喜んでついて来てくれました。
可愛らしくて優しそうな子でした。

ラブホも少ないので普通のデートで終わらないように
なんとか頑張りました。事前に調べておいてよかったなと思います。
ラブホはちょっと高めでしたが、綺麗なところに泊まれてよかったです。
その女の子もセックスは初めてだと言っていたので、ちょっと豪華なところでもいいかなと
思って奮発してしまいました。

セックスは優しく甘い感じでした。彼女が抱きしめやすくて、セックスするより
ずっとイチャイチャしていたいという思いが強かったです。
胸を揉んだりすると小さい喘ぎ声が聞こえて、少し罪悪感もありましたが感じてくれているという
喜びも大きかったです。
挿入はゴムありでした。本当はゴムなしにしようとしたけれど、彼女があまりにも可愛かったので
さすがにナマはかわいそうだと思ったからです。
それでも締め付けは十分だったし、一緒にイけてよかったです。

三重でのナンパが成功したのは、下準備として調べておいたことと
優しい彼女に出会えたことが理由だと思います。
しっかりと準備して、いいセフレを作ってください。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪