中学時代のぽっちゃりの子はムッチムチでした。

2015年12月28日の出来事です。
私は久しぶりに中学校時代の同窓会に参加しました。
小規模でやったのですが一人だけぽっちゃりした女性が来たのです。
最初は誰かわからなかったのですが中学校の時に付き合った女性だったのです。
結構なぽっちゃりでわかりませんでした。
昔は超がつくほど美人だったのですがその面影はありません。
ですが私の心に響いたのです。
実は私ぽっちゃり系の女性が大好きなのです。
私は独身で30を迎えた童貞でもあります。
たぶんばれてないと思いますが卒業はしたいなと思っていました。
その後、酒が進み、当然のように終電はなくなりました。
最後に残ったのは男2人とそのぽっちゃりの子でした。
男はフラフラと帰ってしまい、私がその子の介抱をすることになったのです。
私は女性にほとんど触ったことがありませんでした。
性格は昔から知っていますので基本的には顔以外は好みです。
その後、私は彼女を自宅まで送り、分かれようとしたところ、彼女から泊まっていけばとのことで、その後、一緒に寝ました。
その後は言うまでもありません。
まさかのまさかでその子とエッチしました。
昔はキスしかしたことがなかったのですが今回は肉棒を挿入したのです。
ムッチムチの肉欲に吸い込まれるような感覚でした。
テンガとは大違いでした。
プルプルの肌に滴る愛液、本当にエロかったです。
私はすぐに果ててしまいました。
たぶん早漏だったんだと思いました。
しかし、彼女は文句一つ言わず、ニコニコしていました。
正に天使のようでした。
その後も良い関係が続きました。
彼女とは付き合っていませんがお互い時間が合えば体を求めています。

 

ぽっちゃり女子の気持ちよさを知らないなんて気の毒

男として生まれたのに、ぽっちゃりな女の身体の気持ちよさを知らずして、一生を終えるなんて可哀想だと、ぽっちゃり愛好家の友人から強い口調で熱弁され、人生で初めて、ぽっちゃり女子に興味が沸きました。私のぽっちゃり師匠となったその友人は、二人組のぽっちゃり女子と会うセッティングをしてくれたというので、自分もそこに同席させてもらう形で、2対2で会うことになりました。
待ち合わせは、商業デパートの一階ロビーでした。正直、不安な部分もありましたが、現れた二人は、痩せたら可愛いとわかる子達だったので、ホっとしました。この子らがセフレ候補ってことか、というエロい目線でどうしても見てしまいますが、正直、今までもこうしてぽっちゃり女子と出会ってきた友人のことを、既に妬ましく思う自分がいました。私が気に入った方のAちゃんは、体型を隠すようなダウンで登場しましたが、早くその奥に眠る豊満な体を露にしてくれと悶々としました。
自己紹介もそこそこに、じゃ、向かいますか、と私の友人が悪戯に微笑むと、女子たちも何の疑いもなく、ホテル街の方向へ歩き出しました。かなりカルチャーショックでしたが、嬉しさしかありませんでした。元々は飲み屋で隣り合わせた際にナンパして知り合ったそうですが、女子がナンパされた相手と気軽にHしちゃう世界なんて本当に存在するんだなと、目の前で展開する現実に、感嘆するばかりでした。
気に入った方のAちゃんと、初ぽっちゃり体験を終えた印象ですが‥、友人の言うことは100%正しかったです。全身のどこに擦り付けてもイキそうになるなんて、あの感触こそ女の柔肌の極致、童貞を失った夜のような新鮮さがありました。

 

人肌恋しい季節、ぽっちゃりな事務系OLで満たす夜

私がぽっちゃり体型の女の子にハマったきっかけは、デリヘルでたまたま登場した女の子が、プロフ写真とは似つかないワイド仕様で出てきたのがきっかけでした。元を取るためにチャレンジしてみたものの、その一回ですっかり魅了されてしまい、特に肌寒い時期になると、ふつうの肉付きの女の子じゃ満足できない性癖になってしまいました。
先日も、馴染みの出会い系サイトを利用し、普段は事務系OLとして働いてるという23歳のKちゃんと会ってきました。デブだけどほんとにいいの?と高確率で聞いてくる、自虐的で謙虚な女の子が多いのも、ぽっちゃり女子の可愛い特徴です。いやいやそれがいいんです、としか言いようがない私としては、それだけで抱きしめたくなります。
カラオケに行く約束をしていたので、早速、店内に入ると、ダウンの中から薄手のニットを押し上げる豊満な胸や、柔らかそうな二の腕のシルエットが登場し、テンション上がりました。学生時代からモテてきてない女子は、男からの強引な押しに憧れてるものなので、密着するように彼女の隣を陣取り、じっとみつめたり、ハイタッチを求めたり、勢いで肩を抱いたりして、距離を詰めていきました。頼まれてもないのにサワーをどんどん注文し、さらに片手で髪を撫でたり、グイと肩を引き寄せたりして、ボディタッチを増やしていきました。バラードを歌うKちゃんの頬や耳に、恋人のような優しいキスをし、女心を盛り上げていきました。ここまでできれば、もうカラオケにいる理由はありません。言葉もなくホテルへ手を引いていき、指が埋もれるような柔らかい体で快楽を貪りました。

 

会社帰りのぽっちゃり系男子は簡単にヤらせてくれる

むちむち体型に自信を持っている私は、周囲からぽっちゃり女子と呼ばれています。
特定のマニア層にしか受けないと思いきや、オッパイが大きいので口説かれたことが何度もあります。
個人的にはスレンダーな女性よりもモテると自負しているので、どれだけ多くの男性に認めてもらえるのか確かめたくなりました。
向かった先は、自宅から100kmほど離れた駅です。
新幹線が発着するほどの規模なので、いろんな男性をナンパできると思いました。

会社帰りのように見える男性を中心にナンパしましたが、私の予想に反して食いつきが良くありません。
ところが、男性の体型まで絞り込んでみるとナンパに成功したのです。
相手は私と同じぐらいの体型の持ち主で、サラリーマン風のぽっちゃり男子でした。
聞けば仕事帰りとのことで、風俗に行こうか悩んでいる最中だとわかりました。
それなら私とエッチしてみようと誘ってみると、彼はモジモジしながらしながらナンパに乗ってくれたのです。

ちょうどいい感じのホテルが見当たらなかったので、私の自宅でエッチが始まりました。
一人ずつシャワーを浴びて汚れを落としたのですが、抱き合ってしばらくすると大量の汗で体がテカテカ光っていました。
ローションの代わりになるほど二人の汗が多く、巨根がアソコに挿入されても痛みを感じにくかったです。
汗でビッショリになっている私の乳首を強く吸われたときには塩味が効いていて美味しいと言われましたが、正直に言うと恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

ぽっちゃり女子との体験談

ネットで知り合い、LINEをするようになった女性がいて、話している内に仲良くなったところまではよかったんですが、実際に会おうと誘ってみてもいまいち反応が悪いことが気にかかっていました。
雰囲気としては最高で、恐らく相手も会いたいと思ってくれているようなのに、なぜか拒否されている理由は、彼女がぽっちゃり女子だったからです。
さすがに力士さんのような重量の女性では相手できるかわかりませんが、基本的にぽっちゃり女子が好きな私は、体重を直接聞くこと無く、出来るだけ相手の太っていることを批難せず、むしろ好印象だということを伝えながら話をすすめていきました。
どうやら力士さんほどではなく、普通の女の子よりぽっちゃりしていて、ぽっちゃり度合いでいうと少なめではないとのこと。
これまで私もぽっちゃりさん相手は何度かしてきましたが、重量級であることも覚悟しながら、会う約束までこぎつけました。

ある駅前で待ち合わせしたぽっちゃり女子は、予想よりもぽっちゃり女子ではありました。
正確な体重は聞いたこともないのでわかりませんが、全体的にふっくらとして、顔も少しぽっちゃりとした感じでしたが愛嬌があって可愛く、私の中では美味しそうに見える女性でした。
そもそも胸が大きいのか、ぽっちゃりも相まってさらに大きくなっている胸が印象的で、下衆いですがこの体をモノにしようと思い、食事や酒を楽しみつつ口説き落として、ホテルに向かいました。

ホテルに着いて服を脱がすと彼女も準備万端だったようで、下着も今日のために可愛いものを選んでくれていて、その気遣いというか、優しさというか、可愛さが愛おしくて、こちらも普段より優しく攻め立てました。
とても感じやすい子で、前戯の時点でイッてくれたり、挿入した後も何回かイッてくれて、嬉しかったです。
ぽっちゃり女子独特の肉感というか密着感、そして安心感を堪能できましたし、彼女も楽しんでくれたようで、次回会う約束もこぎつけました。
それからは定期的にお互いが気持ちよくなる間柄になっています。

 

まさかぽっちゃり女性に欲情することになるとは

とくにぽっちゃり好きという訳ではなかった私が一度の過ちのおかげで、すっかりぽっちゃり好きになってしまったお話です。
これは昨年の夏の出来事なのですが友人から合コンの誘いがあった為、仕事を終えて合コンに参加することになりました。
その友人はこれまでも合コンをセッティングしてくれて、かなり美味しい思いをさせてもらったので今回も期待も股間も膨らませて某飲食店に入りました。
しかし、店内に入って私は目を疑ってしまいました。その理由は合コン相手の3人の内2人がぽっちゃり体型の女性だったのです。
当然私は一瞬引いてしまったのですが、友人に促されて席に着きました。それぞれの自己紹介を済ませて合コンが開始されると意外にも盛り上がってしまったのです。
それどころが1人のぽっちゃり女性が上着を脱ぐと、その胸の大きさに私は何故か下半身が反応してしまったのです。そんな筈はないと私は心の中で何度も思いましたが、いつの間にかぽっちゃり女性を性の対象と見てしまったのです。
私は友人たちと相談した結果、1人のぽっちゃりをターゲットにすることになり、友人の協力のおかげでラブホテルに行くことができたのです。
初めてぽっちゃり女性を抱くということで緊張してしまったのですが、裸を見ると男の本能が限界に達したようで思うがままにしゃぶり尽くしてやりました。
すごい肉感な上に真夏だということもあり、体中が汗まみれでヌルヌルしていました。そのせいか挿入をスムーズにいって気持ちよかったです。
今ではこのぽっちゃり女性と2週間に1度のペースで会ってエッチするという関係を築いています。

 

ぽっちゃりな女性とのセックス

ぽちゃ専というのをご存知でしょうか。世間では樽ドルなんて言葉が囁かれていたり、ぽっちゃり娘だけを集めた風俗があったりと、一定の需要があるジャンルです。
私もそんなぽちゃ専の一人です。ミケポ(体重3桁超えのぽちゃ)さんでも余裕で守備範囲です。しかし、ダイエットにいそしむ女性は数多くいても、中々自分からぽっちゃりを目指す女性が少ないのは悲しいところです。
現に私の会社でも、ぽっちゃり娘はほとんどおりません。
そんな状況ではありますが、今はインターネットという便利な物があります。私は各種SNSを駆使し、ぽっちゃりな女性との出会いのための労力を惜しみません。仕事中以外は常にネット上でナンパしていると言っても過言ではありません。
そんな苦労の甲斐があってか、先週末OLのぽっちゃりさんとセックスする事が出来ました。
彼女は一目見て美人だと分かる目鼻立ちで、全身に肉がついており、おっぱいとお腹が段々になっていました。また、前職はぽちゃ専の風俗で働いていたという事もあり、テクニックに自信を持っているようでした。
私は早速ホテルに着くと彼女を脱がし始めます。およそ期待した通り、素晴らしい爆乳と柔らかいお肉が顔を出しました。堪りません。
早速胸にしゃぶりつきながら、彼女の女性器を刺激し始めます。太っている女性って、入口にすごくお肉がついていて、指でかき分けるように探っていくとオアシスのようなアソコがあります。手のひらには柔らかな肉の厚みと、指先では濡れた締め付けるアソコを刺激していると、それだけで私のペニスも固くなってきます。
そのまま1回戦突入。騎上位等やりづらい体位もありますが、あの手この手で相手を責め倒しました。そして最後は肉に埋もれながらイきました。
これだからぽっちゃり娘とのセックスはやめられません。

 

出会い系はぽっちゃりに焦点を当てるに限る


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

もしあなたがぽっちゃり好き(デブ専)であるのであれば風俗に行かずSNSですぐやれる子を探すのが手です。
といってもいきなり「Hしましょう」といってももちろん相手にされません。
ぽっちゃり専門のSNSで食事に誘って一回おごって女の子をほめまくってホテルに行くというのが常套手段だと思います。
ぽっちゃりの子を落としやすい方法としてあげられるのが食事です。
あまり食事に誘われたことのない女の子に対して「おごってあげるよ」と言ったらついてくる率はほかの出会い系に比べて圧倒的に高いです。
また、サクラもかなり少ないです。
これは私の推測なのですが、サクラを使うのであればスレンダー美女と考えている業者が多いからです。
ぽっちゃり好きにピンポイントを当ててサクラを仕立てるのは面倒なのでやはりぽっちゃり専門のSNSは出会いを求めている子の率が高い気がします。
そしてぽっちゃりの子はほぼ100%といっていいくらい食べるのや飲むのが好きです。
こじゃれた敷居の高そうな店よりも味は確かで食べ放題の店を探したら「一緒に行きませんか?」と言ったら食いつく可能性は大です。
私が使っている必殺技は「OOというバイキングの店を予約したのですが(もちろん予約はしていない)、友達にドタキャンをされたので一緒に行きませんか?」と言って女の子を誘い出すことです。
そこで仲良くなったら次につながったりホテルにつながったりと損して得取るといった感じになります。
ぜひ一度活用してみてください。

 

誰にも言えない気持ちいいこと

既婚33歳、子どもはいません。
一時期、夫が出張で家を空けることが多くあり、つい魔が差して出会い系アプリを通して男性と会っていた時期がありました。
その中でも12歳も年下の大学生の男の子とは危険なほど親密な仲になり、決して教えるつもりのなかった自宅へも連れ込んでしまいました。
彼はどこもかしこもお餅のようにぷにぷにとしただらしない私の体を好きだという奇特な男の子で、いつも後ろから私を抱きかかえては、やわらかい部分を撫でさすって悦に入っていました。
私をペットか何かくらいの癒し道具に思っていた節もありますが、彼に撫でられるのは本当に気持ちよくて、考えることを放棄させられてしまっていました。
さらに奇特なことに、彼が特に好きな行為というのが、私をソファに座らせて足を広げさせ、その間に顔を突っ込むことでした。
私の肉感に過ぎる太ももで彼の顔を挟み込むと、なお気持ちよがっていました(この気持ちよさはなんとなく私も想像できます(笑))。
下着を脱がせ、すべてを露にした状態で彼は私の細部をじっくり観察し、かならず「どうしてほしいの?」と訊き、私が恥ずかしさに耐え難い、という表情をすればするほど喜ぶのです。
でもクリトリスを舐められるのが大好きな私は、恥ずかしさよりも快感に負けてしまい、早々に「舐めて」とお願いしてしまいます。
彼が私の肉に顔を埋めていく姿は、なかなかにグロテスクで扇情的でした。
自宅の革張りのソファには彼と私の汗と愛液がすっかり染み込んでいて、出張から帰った夫がそこに腰を下ろしているのを見るとなんとも後ろ暗い気持ちになってしまい、今更、というタイミングで私から彼に関係を絶つことを告げました。
今はそれでよかった、と思いながらも、あのときの快感を思い出しては切ない気持ちになってしまいます。

 

ベタに熱海でお忍び温泉旅行

食べることが大好きな自称健康的ぽっちゃりな私。
仕事盛りの28歳独身、稼いだお金は主においしいものを食べることに注ぎ込んでいました。
そこでふと思い立ち、おいしいお魚とお酒を楽しみに温泉旅行しませんか、という誘い文句で出会い系アプリに登録してみたところ、20歳の大学生が乗ってきました。元よりおじさまよりは若い体が好きな私。実際に彼に会ってみたところ、180㎝を越える高身長のスラリときれいな体型で、自分のだらしない体を棚に上げてすっかり気に入ってしまいました。
お金はあるし若い男の子を旅行に連れてってみるのもまた一興かなと思いきや、自分の分は自分で、と健気な彼。ますます好きになりました。
せめて負担が少なくすむように、と近場の熱海の温泉へ行き、早々と温泉に浸かっては茹で上がった浴衣姿のお互いに欲情し、夕食の時間までお部屋で何度もしました。20歳の男の子の体力ってほんとにすごい。私は逆に20歳の頃より性欲が大きくなったように思いますが、男女でやっぱり違うのかな。
何より、滑らかな肌にいいにおいがする彼の大きな体に、ぽっちゃりながらも身長の低い私の体がぴったりと覆われると、心も体も全部満たされた気持ちになりました。
激しい運動後にお腹が空いてさらに美味しさが増したご馳走に舌鼓を打ち、少しのお酒でほんのり酔いながら、またセックス。
夜中に汗を流すついでに何度目かの温泉に浸かった頃には、いじり倒された全身がひりひりしていました。
朝はすっかり寝坊して、あわや朝ごはんを食べ損ねるところでしたが、そこは食いしん坊の私。眠そうな彼を無理やり起こしてこれまた美味しい朝ごはんをいただき、チェックアウトの時間まで最後の一回。
ほんとに何回やれば気が済むんだってくらいやりまくってしまいました。
なんというか、若いパワーを吸収して若返った気がします(この発言こそ紛れもなく年寄りですね・・・)。
これからは出会い系を使わずに、直接彼を誘おうと思います。

 

あるサイトでのお話

はじめて利用した出会い系サイトで、少しだけぽっちゃりが好きだった過去の私が検索した結果。
出会うことができたぽっちゃり系の女性についてお話します。
女性の年齢は25歳でOLです。
ぽっちゃりといってもデブではなく、それなりに胸が大きくスマートな感じの女性です。
ぽっちゃりを募集したのに、ただの肥満体が来た場合は凹むところでした。
はじめて出会い系でぽっちゃりを募集しあわりには綺麗な女性がきたのにびっくりです。
正直、有名人で例えると「持田香織」を少し肥らせた感じの女性です。
胸も大きくて助かりました。
簡単に食事をすませて、おしゃれなカラオケ居酒屋で飲みました。
カラオケ居酒屋ではカップルルームで盛り上がりました。
ここからがぽっちゃりテーマの出会いのお話です。
ぽっちゃりって見た目で見るのと、次に裸にしないとわかりませんよね?まあ、なんだかんだの流れでセックスすることになりました。
ホテルでお互いの服を脱がせてびっくり。
たしかにぽっちゃりです。
別段腹も三段腹にはなってません。
胸はGカップはありました。
お腹もでてました。
全体的にみたら小さめのドラム缶くらいの体です。
なんすかね。
ぽっちゃりの女性とセックスすると、もち肌で気持ちよかったです。
パイズリが特に気持ちよかったです。
相手の女性も「私はデブなのにありがとう」っておっしゃいました。
そんなことはありません。
h上に胸も大きくて、もちもちしていて気持ちよかったです。
ぽっちゃり系の方々は人にもよりけりですが、胸の大きさと正確が大きい。
優しい方が多くて助かります。
今後もぽっちゃりの女性と出会えますように。。
乱文失礼いたしました。

 

12歳年下の男の子

出会い系アプリで12歳年下の大学1年生と知り合いました。
夫の仕事が多忙を極め、一方私は家事に専念するためフルタイムの仕事を辞め、暇になったのと同時に人付き合いがさっぱりなくなって寂しさを募らせていた頃でした。
そんな中知り合った彼とは話が合い、美術館や博物館巡りという共通の趣味があった私たちは何度もラインでやりとりを重ね、顔も知らないまま会ってお茶しようということになりました。
とはいえ31歳主婦の私と19歳青春真っ只中の彼、しかも私は結婚後すっかりだらしない体になっており、もとより恋愛対象にはならないだろうし、風変わりな友人の一人としてつきあってくれれば十分だと思っていました。
しかしながら、実際に会ってみたらどんな私でも好きだと熱っぽくアプローチしてくる彼に、すっかり私もいい気になってしまってその日のうちにホテルへ。
そうか、私は浮気してみたかったんだなぁと他人事のように思いました。
彼は10代特有のひたむきさとのびやかさで私に向かっていることが見てわかりましたが、心変わりの早さもまた10代だろうし、お互いひとときを楽しめたらいいだろうと。
驚いたことに、大胆にホテルに誘った彼は経験が一度もなく、私をどうしていいのかもわからない様子でした。
それでも私の体を悦ばせようと一生懸命な彼が愛しく、また引き締まって瑞々しい女の子の体を知らない彼になら、私のどこもかしこもたるんだ体もさらけ出すことができるような、大きな気持ちになり、ゆっくり互いに気持ちよくなれるセックスを指南しました。セックスにおいて男性を率先して導くという行為は私にとってもまた初めての経験で、互いに初々しい気持ちで絶頂に達しました。
白くてふにゃふにゃなお腹も胸も二の腕もお尻も太ももも、全部がきれいでやさしい、と彼は大切なものに触れるように私に触れるので、彼に抱かれる度に私は何か特別に上等なものにでもなったような気持ちになってしまいます。ほんのわずかの間の関係だろうと思っていたこの関係も早2年目に突入した今、彼を手放すことを恐れる自分をどうしていいのかわからずにいます。

 

ぽっちゃり女子大生とのエッチな一夜

私は30代の男性です。サラリーマンをしています。普段はなかなか女性との出会いがないため、いつも利用しているのが出会い系です。
先日、出会い系で女性大生と出会うことができました。今日はそのときの体験談を記したいと思います。
30代の男性は女子大生からするとおっさんなので、出会い系の際にはちょっと人気がないであろうという女の子に狙いを定めて声をかけていました。その中にぽっちゃり系だというAさんがいました。
年齢は21歳で大学3年生の女性でした。飲みに誘うとすぐにその日の週末にやってきました。実際に間近で会って感じたのは確かにぽっちゃりしているなという感じでした。
とはいえ、顔は痩せたら可愛いと思いましたし、そして何よりも巨乳だったのでこれはイケると思い、そのまま1軒目が終わってから飲みに誘いました。
女子大生でしかもこれまで男性との体験人数も少ないということでしたので、まずは一緒にシャワーを浴びてリラックスさせました。
しかし、目の前にFカップのおっぱいがあると理性を失ってしまい思わず、パイズリをお願いしてしまいました。彼女は少し戸惑っていたのですが、パイズリをやってくれて、そしてあっという間に射精してしまいました。
次に、ベットに移動して2回戦が始まりました。こっちが気持ち良くさせてあげようとクンニをし続けたら、彼女もイッてしまいました。
そして、気持ちよかったのは騎乗位です。下からおっぱいをもみまくると彼女はそれにも反応してますますあそこがしまる感じでした。結局彼女とはセフレを続けたかったのですが、そのうち本格的に交際を申し込まれたので、別れました。

 

ぽっちゃりは結構いいかも

三年前の事です、いわゆる出会い系というサイトで知り合いました。
そうですね、だいたい5回くらいメールのやりとりをしました。そのやりとりの中で、彼女が自分の体型をぽっちゃり型と表現しました。
この場合男としてどちらに取ればよいのか。ホントのところは、彼女の胸先三寸、まあどちらでもよかったのですが。勿論、会うことにしました、なにしろ出会い系ですから。
お互い会ってから嫌だったらパスすればいいだけです。待ち合わせはかなりドキドキものでした。そうして現れたのは、本人が言うほどの私が思うほどの太さ、大きさでは無かったです。そう、自分にとっては、丁度良い感じ。まあ確かに細くはないですが、歳相応(自称35歳)と言うか。
お互い納得したので、即ホテルへ、彼女いわく脱ぐと大変な事になると。先に浴室に入ってもらい、その後から自分も浴室に入り、相手が恥ずかしがるのもかまわず、お互いを洗いあいながら、いじりあいました。やはり胸が大きいのは嬉しいですね。揉んでも舐めても、楽しいです。
すっかり浴室で成長しきったものをしゃぶってもらい、太めの腿の先のワレメをいじくりまわし、興奮しきった二人はベッドで69を30分以上も続けました。いざ繋がる時に、足首を持ちながら両足を広げるとそこは、テラテラと肛門まで濡れ光りシーツには丸いしみが広がっていました。
興奮しきった私は5分と持たずに、正常位で彼女の中に射精しました。まだ足りない私は、そのまま側臥位で繋がり盛りのついた犬の様に腰を振り続けました。今度は、彼女の中が二人の体液で滑り長く動きました。しかし後背位に移る前に二回目の射精を迎え終わりました。
さすがに三回目は、きつそうなので、ここで終わりにしましたが、満足のいく時間でした。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪