ハプニングバーに行ってみるとすごい世界でした。

私は25歳女性です。
1年前に彼氏と別れてそれからは適当に彼氏未満の人と遊んだりしてやり過ごしています。
年上の33歳の彼氏未満の人とは身体の相性が良くてよくセックスをする関係ですが、彼は遊び人で私以外の人と遊んだりもしています。
私も割り切って本気にならず楽しく彼と遊んでますが、彼からハプニングバーに行ってみないかと誘われました。
カップルとして入場した方が少し安くつくという利点もあり彼とカップルとして店に入り会計を済ませて、ドリンクをもらい移動するとまず男性2人、女性1人でイチャイチャしている人達を見かけました。
見られる事が興奮要素という感じで女の人は男2人に攻められておっぱいを鷲掴みにされてキスを沢山してなかなかハードな行為を目の当たりにしました。
次に1人で自慰行為をしてアンアン言っている男性がいてとてもいやらしく、本当ここは何でも有りな世界なのだと思いました。
私達もエッチな所を人に見せようと思い、彼と長椅子に座り人前で濃厚なキスをして彼にボディタッチを沢山されて見られる興奮を感じながらだんだんと服を脱がされて生のおっぱいをだされて第三者に自分の身体を見られる恥ずかしさを感じながら私のアソコはグチョグチョでした。
彼にされるがままに触られて指マンをされて私は大きい声をだしてイッてしまいました。
興奮状態のままプレイルームに移動するとそれぞれにセックスに励んでいる人達を目の当たりにしました。
3Pをしているような人もちらほらでした。
そんな人のセックスを見ながらも自分達のセックスに集中して彼と合体をして家でするセックスとはまた違った快感を感じながら彼は果てました。
色んな人のセックスの模様を見れて新鮮な経験をしたと思います。

ハプニングバーのドキドキ感


10代の頃からの付き合いで何でも話が出来る友人がいます。
初体験の事や彼氏の事、仕事の事に家族の事・・・何でも話が出来る関係の女友達です。

年末彼女と2人忘年会をした時に、衝撃の誘いを受けました。
彼女がクリスマスに彼氏と2人でハプニングバーへ行ったと言うのです。
ハプニングバーの名前やどんな事が行われているのかは、何となくは知っていましたが(会社の親しい同期と話題が出たことがあり)
自分の生活とは無関係に思っていました。

友人の今の彼氏ははっきり言ってプレーボーイ系の男性で、たまに彼で大丈夫なの?と思うようなこともありました。
しかし友人が今までは経験できなかったような事も彼といると出来るし、楽しいと言うので、見守っていました。
その彼とハプニングバーで行った時の話を目を輝かせて話してくれたのです。

最初に誘われた時は、他の女性とは彼氏がキスしたり抱きあったり、それ以上のことをするなんて考えられなかったそうですが、ハプニングバーへ行く事でふたりで行く事で二人がどれだけ好きか再確認できるし、気持ちよくなれる場でもあるから、楽しもうよと、言われたそうです。

彼女もその考えを受け入れて、行くのならば楽しもうと思ったそうです。

当日はクリスマスイベントで沢山のカップルやシングルの男女が参加していて、コスプレあり、ゲームあり(キスしたろ胸やあそこをタッチする)
凄く盛り上がりすんなり場に馴染めたそうです。

その後違うカップルと4人でプレーを頼んで、彼が他の人としているドキドキ感と、違う男性にされているドキドキ感で今までに感じた事がない
気持ちになったそうです。

友人から年明けに私の彼と4人で行こうと誘われていますが、彼を誘う事はまだ出来そうにないので、とりあえず彼女カップルと私と3人で行ってみる予定です。
どうなる事やら、不安と楽しみとでドキドキです。

ハプニングバーの激エロ姉妹!


都内のハプニングバーに行きました。
会員制のハプニングバーで、結構高級なので上玉の女性が集まっています。
今回もそこに行き、セックスを楽しもうと思っていました。
店に入ると、男性客4人と女性3人がいて、もう既にセックスを始めていました。
マスターに今日は誰が来そうか尋ねると、あと30くらいで、姉妹の変態女性がくると聞きました。
待っていると顔のよく似た20代後半の女性2人組が入ってきました。
他の客はプレイに夢中だったので、自ずと私が対応することになりました。
適当にお酒を飲んでいると、彼女たちはエロモードになり、2人で私を責めてくれました。
ヤリ部屋がいっぱいだったので、店のソファーで行うことにしました。
彼女たちはどちらもお揃いのTバックで、マンコはツルツルにしてあり、お尻にはタトゥーが入っていました。
どちらもかなりのいい体で、Dカップのおっぱいでダブルパイズリをしてもらいました。
そして濃厚なフェラチオの後は、騎乗位で挿入。
もう1人の妹は、バイブでオナニーしていました。
姉の方が、イキだすと、妹はすかさず姉のクリトリスを弄り、何回もイっていました。
今度は妹に挿入です。
バックから入れ、突いてあげると姉の前でアンアン声を出していました。
お互いのマンコにバイブを入れ合いオナニーし、おしっこも出しながら変態プレイを楽しんでいました。
最後はダブルフェラチオで出たザーメンを姉妹で分け合っていました。
それからも客が来るたび誘惑し、朝までセックスしていました。

ハプニングバーに通う不倫妻


いつものようにハプニングバーに行きました。
僕は適当なセックスフレンドを連れて行き、何か可愛い女性はいないか探していました。
1時間ほど適当に飲みながら女性を探していましたが、なかなかいなかったので、セックスフレンドとヤルかと思っていた時に、1人の女性が入ってきました。
歳は30代後半くらいで、かなり清楚な服装、雰囲気の人でした。
話しかけてみると、人妻で、夫に内緒できたとのことでした。
かなりルックスも良かったので、早速口説き、プレイルームに連れて行きました。
SMが好きだということで、SMの部屋に移動しました。
幸い誰も使っていなかったので、道具も全部使えました。
ムチで彼女のお尻を叩くと、自ら腰を振りおねだりしてきました。
さらに何回も叩き、お尻が真っ赤になるまで叩いてあげました。
彼女は旦那に見られたら・・・と言っていましたが内心興奮しているのが分かりました。
連れてきたセックスフレンドも交えて、セックスフレンドにペニバンをつけさせ、彼女をバックで犯すよう言いました。
その先では僕のチンコを舐めさせ、セックスフレンドにお尻を叩かせ続けました。
本物のチンコが欲しいと言い出したので、役割を変わって犯しました。
アナルにはアナルパールを入れ、体には落書きし、写真も何枚も撮りました。
調教されていることが嬉しいらしく、なんども絶頂を迎えていました。
最終的には、5人の男性に犯されていました。
そのあともちょくちょく顔を出し、人妻でありながら、変態な姿を見せてくれていました。

ハプニングバーはAVの中に入ったよう


ハプニングバーにはさまざまな年齢層の女性が来ます。
今回行ったときは、40代の熟女が3人来ていました。
ハプニングバーで知り合ったというその熟女3人組は、まだ若さを残しており、30代前半くらいに見えました。
しかし中身はとてもエロく、すぐにでもセックスしたいという感じでした。
とりあえず、1人の熟女の相手をすることにしました。
少しぽっちゃりの巨乳で、Eカップはあろうかという大きな胸でした。
年齢は42歳で保険の仕事をしているそうです。
では早速プレイルームに行き、セックスすることにしました。
濃厚なフェラチオから始まり、アナルまで丁寧に舐めてくれました。
彼女は実はAVにでたことがあるという経歴の持ち主で、だいたいのプレイはOKでした。
マンコに極太のバイブを入れてあげると、腰を振りながら感じていました。
アナルもいけるそうで、家で綺麗に洗ってあるからと、大きく穴を広げて見せてきました。
私1人ではもったいないと思い、男性1人を連れてきて、騎乗位で挿入。
腰を上下に振りながら、彼女はもう1人のチンコをしゃぶります。
バックの体勢でも同じように、口からチンコを離しません。
とんだ変態で、最後はアナルとマンコに同時挿入しました。
感じまくってうるさいくらいに声をあげていました。
私たちは1回セックスしただけで終了しましたが、彼女はまだまだヤリ足らないらしく、どんどん他の男性に犯されていました。
彼女とのセックスはまるでAVの中に入ったようでした。

ハプニングバーに慣れよう


エロいハプニングを期待してこれからハプニングバーを利用しようと思っているハプバー初心者の方にとって、最初の頃のバー経験は多分肩透かしというか期待はずれのような印象を持ってしまう事もあると思います。
月に数回は利用している身からいわせてもらうと最初からいわゆる期待しているようなエロいハプニングに遭遇するのは、かなり対人スキルが高いフランクさか初対面の異性にプレイ前提のナンパを仕掛けられるほどのメンタルの強さが必要です。
またハプニングバーは風俗ではないので、入店したとしても毎回必ず性行為が行えるわけでもありません。ハプバーで起こるハプニングはお互いの同意の元で性癖やNGなプレイなどもよく確認したうえで、満足のいくプレイを行うというのが前提であり基本です。

とはいえ、お客がそこそこ賑わっている店内ならそこかしこで様々なカップルの性行為が拝めたりアブノーマルな世界をのぞき見ることが出来るでしょう。
自分はハプニングバーを利用してからスワッピングや同性セックス、その他いわゆる世間でいわれているマイノリティの性癖やプレイを目の当たりにし、少しそういった世界への見解が広がったような気がしました。
それとハプニングバーではピンの女性の来店客はナンパ待ちの可能性が高いのでチャレンジしてみるのもいいと思います。ただし、彼ら彼女らもただ他人のプレイが見てみたかったり、バーの雰囲気を楽しみたいといった方も多いので強引にそういった方向に話を持っていこうとするのは呆れられてしまいます。
ちなみにプレイの際はソファーで行うカップルも、室外からの覗き可能なプレイルームで行っているカップルもいます。

ハプニングバーに行ってみた!


男2、女2で都内某所のハプニングバーに興味本位で行ってみた。
カップルだと安くなるという情報があったので、合コンで知り合った子を誘った。

扉を開けるまでどんな世界かわからなかったのだが…普通に男女共に半裸の人たちがうろうろしていて驚いた。
正直、連れの女の子とやる口実っていうのもあったんだけど、他にも可愛い子がいてびっくり。
俺と友達はとりあえず、周りの雰囲気に合わせて上半身裸になって女の子たちに接近する。
女の子たちも雰囲気に飲まれたのかガードが緩い。
合コンでは手さえろくに握ってくれなかった女の子なのに、ちょっと褒めて優しく顎を持ち上げたら簡単にキスできた。
友達とアイコンタクトで2対2に分かれ、舌を絡ませてキスしまくった。
女ってキスだけですぐトロンってなるんだよね。
酒飲んでいたのもあって女の子も興奮してきたみたいで「ちょっとだけ、する?」とか言ってきた。
周りに見られている興奮もあり女の子を座らせたまま手マンすると、すんごいぐちょぐちょ。
元カノと感じるポイントが似てたから、そこを攻め続けるとすごい喘ぎながらしがみついてきた。
俺は女の子を膝にのせて、向き合う形で手マンし続けたんだけど女の子がイキそうになってたからそのままチャックおろしていれちゃった。
中は溶けてるみたいに気持ちよくて熱かったから俺はイカないよう気を逸らすのが大変だった。ゴムもつけてないし。
でも限界が来たから、ごっくんさせた。
そのあとは見てた人たちが話しかけてくれて、エロ話たくさんしてすごい楽しかった。
女の子も男たちに褒められたりナンパされててまんざらでもなさそう。
今度はひとりでハプニングバーに行ってみようと思う。

体験したいなら自分からハプニングを起こしていこう


ここ二ヶ月ほどご無沙汰していたハプニングバーに先日行ってきました。
都内の某所にあるハプバーはよくカウンターでお酒を作ってくれる店員さんが若くて美人ですがナンパされているところは不思議と見たことがありません。ちなみに自分は女ですがハプニングバーはピンの女性だと本当に安く飲めます。
甘いお酒を頼む気分でもなく、ジンジャーエールをちみちみ飲みながら今日は見知った人もいないし店内は曜日のわりに人が少なめです。それでもプレイルームは使用されていたり、ソファで重なっているカップルもいたりします。挿入まで行うならたいていプレイルームを使用するものですがペッティングまでなら普通にそこら辺でしているのがハプニングバーです。
一度茶髪のホストみたいなカットをしたお兄さんにナンパされましたが、お兄さんは複数プレイに誘われたとたん目を輝かせて参加していってありゃりゃ今日の私はボッチだなあと思っていると、初めて見るお姉さんに声をかけられました。
いわゆるキャバやお水な雰囲気の方ではなく、受付か秘書をしていそうな華やかさと清潔さがあるお姉さんで私と話さないでも引く手数多と見受けられました。お話自体は当たりさわりなく、このハプバーにはよく来るのかなどを話し途中いっしょにトイレに立った際、しているところを見せてくれとか言われたらどうしようと勝手にドキドキしていましたが何事もなく化粧を直して外に出て、その日は結局終電まで間がある時間に帰宅することにしたのですがお姉さんには別れ際に頬にキスされました。
どうやらやはりナンパされたようです。


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

ハプニングバーでやってみたい事はなんでしょうか


日本人は恥かしがりやさんなのか、自分が性的なことに興味があることを他者に知られないようにする人がとても多いです。性的な事に興味がないことが清潔とされ、正しい事のように表現されていることは個人的にとても疑問でもあります。
もちろん信頼関係もなく性交をしたり、法に触れることを性的欲求の元にするというのは言語道断なのですがせっかく肥大した脳を持つ人間という種族に生まれたのですから繁殖以外の性行為をもっと楽しんでいいはずです。

ですが自分の性癖に嘘はつけません。
もし自分の性癖や性欲が異常かもしれないと思っていたらハプニングバーを一度訪れてみてください。その孤独は癒されるかもしれません。
ハプニングバーでやってみたい事はなんでしょうか。SM?コスプレ?カップルのいちゃいちゃを覗いてみるのも楽しいでしょう。照明の淡く落とされた店内で本番をしている男女を最初は間近に見るのは頭を殴られたような衝撃と開放感があります。
最初からはなかなか勇気が出なくてプレイには参加できないかもしれませんが、独りでカウンターで飲んでいる方も多いので大丈夫です。その内常連になるにつれ顔見知りもでき、プレイにも誘われるようになります。
また異性で同じように独りで来店している場合はナンパ待ちの方も多いのでその気があるなら声をかけてみましょう。
私が月に二~三回は行く都内の某ハプニングバーはショーなども頻繁に行い、女性は入店料やフード、ドリンクが割引になったりサービスになったりします。なぜか男性は料金が安くなりにくいのです。

カップルでも楽しめるハプニングバー


付き合って3年になる男性がいます。いたって関係は順調で性格も体の相性もとても合う人です。
しかし、付き合いが長くなるにつれてデートやセックスはやっぱりマンネリ化してしまいます。
2人でマンネリ化防止に考えた事はラブローションを使ってのセックスや、大人の玩具を使用してのセックスでした。
彼がネットで調達してくれて、それはそれでしばらくの間は楽しめましたし、新鮮でした。

しかし、ラブローションも大人の玩具も数ヶ月するとまた当たり前の行為になってきました。
そこで、彼から提案されたのがハプニングバーへ行って、違うカップル達とカップル交換をしてしてみるのはどうかな?と言われました。

ハプニングバーって名前は知っていましたが、具体的にどんな事をしているバーなのかは把握していなかった私でしたが、彼は実は数ヶ月前らから色々調べていたそうです。
ハプニングバーでもカップルが多く利用してるお店を選んであるので、週末に行ってみようと具体的な日にちやお店まで行ってきたので、そこからは彼に託しました。

彼の前で違う男性にされたり、増してや彼が違う女性をするのなんて冷静に見れるのかな?と思いましたが、実際にそうなると、これが全然大丈夫で、彼とではそこまで濡れないだろうというくらい濡れてしまいました。
彼が違う女性を愛撫している姿なんて見たことが一度もありませんでしたが、その姿を見ながら自分もされているドキドキ感と気持ち良さと嫉妬心で信じられないくらに濡れて感じました。

ハプニングバーへ行った後はしばらくの間は、2人で狂ったようようにセックスをしました。
その時のことを2人共想像しながら行為に及んでいたんだと思いますが、いつもと違うセックスを体感できました。

また新鮮さが無くなったら行く予定です。

ハプニングバーは大人が勇気を出すところ


変態さんたちの性癖の坩堝で酒池肉林が繰り広げられているようなイメージがあるでしょうハプニングバーですが、これがなかなかどうして女性のお一人様も楽しめてしまうのです。ハプニングバーの初めての入店の際は入会金、そして会員になった後には来店する度に入店料が発生するお店が大半ですがこれはカップルが一番安く、次が女性客、そして男性客の順になります。
女性は入会金が無料であったり、入店料も千円前後で時間制限もなしとかなりお安い料金設定となっているのです。もちろんナンパやプレイへのお誘いもされますが興味がなかったり気分が乗らなければ断ってオーケーですし、カウンターでずっとお酒を飲んでいても構いません。
プレイに参加するのはお誘い待ちでも大抵のハプニングバーには覗き部屋があるのでお酒の肴にしてもいいですし、カップル達が使用するソファー席でがんがんハメているのをガン見してしまうのもアリです。
いきなり単独での来店はハードルが高い、という方は同じようにハプニングバーに食いつくようなお友達と行くといいです。AVは見飽きていたり他人のセックスに興味を示してくれそうな異性の友人などを誘ってみましょう。
最近のハプニングバーは摘発の危険もあってか分かりやすく看板などを出さず、ごく普通のビルに入っていたりネットや口コミなどで新規顧客を集客していたりします。
安くお酒が楽しめてアブノーマルなエロの世界の空気を味わえるハプニングバーは興味があるならまず来店してみてほしいです。

お金について


20代前半の話になりますが、その時は学生時代にあまり発散できなかったせいか、社会人になったとたんに私は遊び人になってしまいました。それこそ給料の範囲に収まらず、趣味やお水など仕事でためたストレスや今までの欲求不満を満たすために稼いだ給料をすぐにほとんど全て使い果たしておりました。
当然お金が足りなくなり、私はお金がほしいと思い、東京スター銀行さんに電話を入れ始めてキャッシングをしました。限度額は150万と提示され、承諾しました。
実際に取引を行うため、支店までまできてくれと言われ、一番近い天王寺支店を案内されました。天王寺駅から少し離れた名前も知らない無名のビルに設置されていて、目立たなく探すのに時間が掛かりました。すでに審査は電話をした時に通過したので、手続き自体はオペレーターと話をし、免許証などのコピーなどの手続きだけで済み、30分ほどでカードが発行され、すぐにキャッシングをしました。
ばれにくさとしては本当に目立たないところにあったので、地元の人にばれたくないと思う人には打って付けの場所だと思います。
元々は学生時代は私は目立たなくいわゆる地味っ子の男でした。
ですが内心ではクラスのみんなみたいにいろんな趣味や恋愛などの願望がありました。しかしどう具体的に行動すればよいのか全く分からなかったのです。コミュニケーション能力というか、人間力というかそういったスキルやキャパはほとんどない状態で、社会人になったのです。
しかしお金を払うことによって友人や女性(キャバクラ)などが相手をしてくれると自分なりに誤った理解をしてしまい、後は仕事のストレスを発散するためにキャッシングをしました。それから自分の趣味などにお金を使いました。
不安は会社に在宅確認入れられることでしたが、それはどこの金融機関も行っており、必ずしもそれで会社にバレる訳でないらしいので、承諾しました。
契約の手続きも当日に終わり、当日に借りることができたので、迅速かつ正確なサービスをしてもらったと思っております。
銀行系のキャッシングは手続きから利用開始までかなり時間が掛かるイメージを持っておりましたが、銀行や支店かはわかりませんが、場合によってはすぐに貸してくれるケースもあるようです。
しかし今度借りる機会があればちゃんと真っ当な理由で借りられるように私自身人として精進してまいります!さらに元をいうのであれば借りること自体をこれからなくしていかないとなりませんね。

ハプニングバーでたまに遊んでます。


彼氏にハプニングバーでの遊びを教えてもらってから、その彼と別れた後も一人でもたまに遊びに行くようになりました。
女性が無料の企画やコスプレしていくと半額になるとかの企画の時とかに行く事が多いです(イベント事のほうが人数も来ますし、楽しいです)

一番最初は元彼が私が別の男性にされてる顔を見ながら1人行為をしたいと言われて行きだしたのですが、そのうちにカップルシートで別のカップルと親しくなったりもしました。
意外とカップルでの利用が多い事にも驚きましたが、女性のお一人様も多いな~という印象を受けました。

実際に行くまではかなりのドキドキ感がありましたが、行って見ると周りも全員がそんな雰囲気なんで楽しめます。
私は避妊の問題が一番不安でしたが、行為をする人は勿論言えば避妊をしてくれますし(お店に避妊具もあり)玩具にも避妊具をつけて遊ぶます。
その事がクリアになったので、彼と別れたあとも1人で行くことが出来ているのかもしれません(避妊が必要なら必ず言った方がいいです)

カップルで参加していた時は相手への嫉妬心が本当に煽られるので、帰ってからもしばらくはそのネタで楽しめるところが魅力で(ほとんどのカップルが多分そんな感じだと思います)、1人での参加単にいろんな男性と楽しめるところが魅力です。
今のところ、性欲はハプニングバーで解消出来ているので、彼氏はいらないかな~と思ってます。
そんな風に思ってもお1人様参加の方も意外と多いのではないでしょうか?

ハプニングバーについて


じぶんは現在28歳の男性会社員をおこなっております。じぶんは一月前ほどにまたハプニングバーにいかせていただきました。以前にもいったことがあるのですが、また違うハプニングバーに行かせて頂きました。そこのハプニングバーはいろいろと小部屋やSM器具などといった小道具などもそろっていて、ハプニングバーというよりは風俗部屋にも見えました。ハプニングバーの中でこのようなものをあるのかと感心をしてしまいました。

それで同僚と二人で酒を酌み交わしていると二人組の女性がきて、いろいろとお話をすることになりました。話をしてみるとほんとうに気さくにはなすことができて自分としてもほんとに楽しいという実感でありました。それでいろいろと話を終えるとプレイルームに向かい、プレイを開始したのです。まさか初回でこちらのプレイルームを使用することができると自分としては夢にもおもってはいませんでした。それで本格的に彼女と交わることができたのです。

こんなことが現実にあるのかとほんとうに思いました。それは風俗とはまた違う感覚に自分は襲われてしまい、ほんとうに新鮮な感覚となったのです。そしてお互いの体の相性などもほんとうによく、彼女も自分の事を心から気に入ってくれました。それで連絡先を交換しようと彼女から言われましたが、自分には真剣に交際をさせていただいている女性がいるのでささすがにそれはお断りをさせていただきました。ですが、交際をしていなければ自分は連絡先を交換していたのかもしれませんね。

ハプニングバーで大事なのはパートナー選び


エロに関してかなりオープンという飽くなき興味と欲望を滾らせている女友達がいます。
彼女はレズセックスもソフトSMプレイも乱交もアブノーマルなプレイでもガンガンに楽しめる、それまでセックスといえばパートナーとのノーマルしか経験してこなかった自分にとって彼女はセックスの新しい世界を見せてくれる刺激的で頼もしい存在です。
そんな彼女に連れられてきたのがハプニングバーでした。なんでもカップルでの入店はなかなか歓迎される傾向にあるようです。

まず衝撃だったのが他者のそういった行為を見ることが自分にとって意外なほど抵抗がなかったことでした。
それまで女友達との付き合いによって人前でのSMプレイや、世間からすればアブノーマルといわれる性癖にも少なからず興味をもっていたらしく興奮できるようにすらなっていたようです。
最初はごく普通に他のお客のプレイを鑑賞するにとどめていましたが何度目かの来店で今まで数回顔を合わせていたカップルに誘われ、彼女も乗り気のようだったので遂に実際に乱交を経験しました。
私はゲイではなかったのでいわゆる突っ込んだり突っ込まれたりしないか大丈夫だろうかと懸念していましたが、結局男性陣は女性同士のレズセックスを鑑賞しながらシコり最後は精液をイチャついている彼女たちにぶっかける事で一応一回戦終了しました。
実際にそういったハプニングバーのハプニングを体験してみて実感したのですが、踏み越えてみれば楽しいです。
お客さんは皆あっけらかんとして自分の性癖への後ろ暗さを持っていませんし、店員さんと仲良くなったりするとサポートの万全さに驚いたりもするかもしれません。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪