ハプニングバーにいる女性は大体暇な主婦

ハプニングバーにいる女性は大体暇な主婦

三十三歳主婦。ハプニングバーにいる女性は大体暇な主婦だと思うので、主婦であることはどうという特徴ではない、と私は思います。
少なくとも今メインにしているバーでは、独身っぽい人はほとんど来ません。
今日もハプバー仲間の二人と店で男性を物色。
一人二人の年下の子を食い尽くすのが一番楽しい、というのが私たちのグループの考えです。
その日は男女の数が似たような物で、割と選ぶことができました。
気の弱そうな二十少しぐらいの若者です。
気の弱い人間がハプニングバーに来るかは微妙ですが、普段普通でもここの雰囲気に気おされて気弱そうに振舞うなら同じことです。
声を掛け、見るだけでも見ていかないと仲間の一人が言います。
立場が逆なら絶対罠ですが、この場合も罠です。
奥に誘い込むや、スキンシップ。中で行われていることを見てそれでは、若い男子が反応しないわけがありません。
後はもう楽しまないと損だと適当なことを行って脱ぎ出せば、相手もついてくる物です。
ここで勃起したまま引き返す人間ならこういうところには来ません。
脱いだら、褒めるのが鉄則。
平均的なモノなので、とりあえず大きいといいます。
多少ささやかでも、旦那のより大きい、というのはありです。旦那のがどのぐらいなのか相手は知らないのですから否定しようがありません。大体、大きさを褒められて否定する男はまずいません。
まんざらでもない男性のモノを三人で競うように舐め上げます。
そのまま私が咥え、二人が立ち上がって両側から乳房を押し付けていき、指で割れ目を弄らせます。
上目で見ると、必死で左右の年上女性と口付けをしていました。
これはがんばってくれそうだ、と思いつついかない程度に責めます。三人相手にさせるのですから、無駄うちはありえません。
ある程度刺激したら一人に入れさせ、横に寝て股を開いた一人にクンニしにいかせ、片手で私の割れ目を弄らせます。
経験豊富とは思えない彼は案の定腰を振るのがやっとのようで、弄る手はしばしば止まります。手を沿え、無理に動かさせます。自分の手でやるよりはるかに刺激的です。無理やり食っている、という感覚もムラムラと欲望を掻き立てます。
そうやって次々と本番をやらせ、無理をしたのか一回りで男性はダウン。
こちらは大満足で意気軒昂です、やっぱり年下を食い尽くすのが一番楽しい形のようです。

ハプニングバーを知って以来、かなり通い詰めています。


二十八歳主婦です。数年前ハプニングバーを知って以来、かなり通い詰めています。
悩みは、イメージと違って男性客が少ないことです。
やはり単身男性は入場料が高いことと、風俗と違って確実にやれるわけではないということがネックなのでしょう。
私のよく行く店では大体みんなやれる、というより無理やりやらされるほどですが、イメージはどうしようもありません。
その日も、どうやらプレイルームの男性は少ない様子。
表のバーの部分に女性客がたむろしている日は大体そうなのです。
二本も三本もアレを貪り、大勢の男性が次々自分を求めてくれる状況が好きな私としては同じようにまっているしかありません。
入り口を見ていると、やっと男性客が入ってきます。
見るからにおどおどして、楽しい会話などできそうにない感じ。
しかし一人でここに来る強い性欲はある。
超優良株です。
それだけに、先にバーにいた女性客らがさっさと群がり、驚くやら喜ぶやら、それを超えてやや怖がってさえいる一人の男性客をさっさと奥に連れて行きます。
入り口近くの席が一つ空いたので、横から別の客が移ります。
順番に誘う、というような決まりはありませんが、私も同じようにして順番を待ちます。
回ってきた男性は、小太りで脂ぎった外ではもてそうにない感じ。
ここでは性欲が強そうな優良株です。
早速誘い、プレイルームへ。
一本だけでは物足りないものの、私もその日は一人で来ていたのでギリ許容範囲です。
脱ぐや、咥えにいきます。丸々としたタマタマを揉んで確かめつつ、一心に舌を絡めます。
一対一なのだから、舐めて出させます。出る、という彼に咥えたまま頷き、さらに激しく責めます。
出させた後はシックスナイン。ぎこちない舐め方は新鮮で、物が立ち次第跨りました。
最終的に彼は五回もがんばってくれ、それなりの満足感を与えてくれました。彼ぐらいの相手を一人で三人相手にできたらもっといいのですが。

ハプニングバーで鉄マラの面目躍如。


ハプニングバーが私の唯一の息抜きの場所です。そのときも、一人の女性に誘われ、もう一人の男性と一緒に奥に入ります。
結構乳房の大きな女性で、私たちを脱がせると早速二対一の行為を開始します。
「おおデカイ」
一緒にそりたった隣の男性を見て、頬を緩める女性。玉がきゅっと引きあがります。私のを握り、彼女はうなずきます。
「こっちは硬いわ。どうしよう。デカマラと鉄マラなんて」
結局、彼女はまず本番を鉄マラにすると決めてくれました。四つんばいになり、指で濡らした股間に突っ込みます。
前では、巨根がフェラされ、串刺しの形。
私はすらりとした背中にのしかかるようにして、乳房を背後から抱え込んでもみあげます。
この後背位の自由を制限して、押さえ込んでいる感はいつやってもこみ上げてくるものがあります。
くりくりと乳首を転がすと、フェラの動きがとまるのがわかります。熱心にしゃぶっているときは頭が動きますが、感じると身を強張らせるのです。
巨根といえど、しゃぶられているだけでは無力なもの。
入れつつ、乳を揉む私が主導権を持っているのだと強く感じ、さらに腰を振って手にも熱が入ります。
巨根が、出ると警告を発します。女性がそのまましゃぶり、飲み込みます。
ここは交代のときだと、全力でピストン。薬を飲んでいるという彼女の中に存分に放出。
二回戦目は当然フェラ、すぐに反応して反り立ちます。
ダブルで復活を狙いますが、巨根は立つのに力が要るのかいささか遅れます。
「このぐらいのものだと思いますよ。この人が絶倫なんです」
なかなか元気が戻らないので焦る顔を見せ始めた巨根を、女性が慰めます。
仕方ないので私がもう一度本番をはじめ、途中で相手が立ってきたので交代しました。
そのときには巨根への劣等感は綺麗に消え、がんばれと思っているだけでした。
フェラで出してもらい、また交代。
三回目を何とか立たせようとする巨根を尻目に、精液まみれの股間に気持ちよく出しました。

ハプニングバーで四対一の剛の者


私を含む男四人ほどをプレイルームに誘ったのは、一人の女性でした。
無茶だ、とは思いません。
ハプニングバーは個室で性交する形ではないので、中で別の女性がやってくることは十二分にあることだからです。
しかしその日は、外も少なかったですがプレイルームの中も結構閑散としていて、結果的に四対一で始めることに。
女性が引くかな、と思わないでもありませんでした。
四対一では大変だけど、誘った手前止められないというのではかわいそうな話です。
が、そのむっちりとした体の、一言で言えば太り気味の女性は平然としたもの、むしろ誰も来ないことを喜んでいる風でした。
無理なら他所に言ってもいいという親切な男性に、四本ぐらい余裕だとあっさりと応えました。
一度に四回でも大変なのに、その場の雰囲気に乗せられて興奮し、一人二三回やるのも珍しくないハプニングバーではどうなることか。
それでも、自信があるというのならとりあえず、と始めます。
全員にズボンを下ろさせ、一番可愛い人からサービスだと女性は言います。
可愛いの意味はあまり考えたくないものの、私が選ばれました。
フェラです。
摘んで引っ張り、舌でちろちろと転がし立たせます。もう一人横に立たせ、ダブルフェラ。子気味よく舐めては咥え、移るめまぐるしさ。そうしつつ、一人に背後から乳を揉ませ、もう一人に股間を弄らせてぬれるや一人に跨ります。
本番一番乗りこそサービスではないかと思いましたが、一物を握る手の力強さと舌のすばやい動きに何も言えません。
けちけちせずに出しちゃって、というので私ももう一人のフェラされている人も早々出します。乳を揉んでいた一人が前に出てきて、フェラされます。
騎乗位の一人も、腰を突き上げて絶頂に。私はそれと変わり、重い体を受け止めます。もう一人が乳揉みに移行。本番を終えた一人がもう一人のフェラに回る。めまぐるしいです。それでも四本余裕といったのは伊達ではありませんでした。
たいしたものだ、と思いつつ、その日は結局彼女に三回出させてもらいました。

ハプニングバーでの男としての義務。


ハプニングバーでは表のバーでの会話が重要といわれますが、私の場合特に会話が上手くはないものの、結構誘ってもらえます。
男性が少ない店だからでしょう。
ハプニングバーはその形式上、金を払ったからといってできるとは限らないので、イメージとは裏腹に女性過多になりがちなのだろう、と私は考えています。
といっても、一つしか店を知らないので、かなり偏った考えかもれません。
この前も、見るからに目のぎらついた女性が誘われ、プレイルームに入りました。
一番ほっとして、もしかしたら一番楽しい瞬間かもしれません。呼ばれてプレイルームに胸躍らせながら向かうときは。
何人か男を同時に相手にしたい感じで、女性は部屋を見回しましたが、似たような感じの女性は多いのでなかなか男性多数を相手に逆ハーレムとは行きません。
むしろあぶれた女性が気づいてよってくるぐらいです。
そうして私は一人で三人を相手にする形になりました。
まあ丁度いいのではないでしょうか。三発なら、相手を変えていけば案外余裕です。
同じ相手に三回、というのは結構しんどそうですが。
横向きに寝た一人目の女性の太股を枕に、股間に顔を埋めます。
私の股間にも一人。
多少の無理をして前に座った三人目に手を伸ばし、どうにか申し訳程度の手マンを。
三人相手はやっぱり多いかな、と思いつつも、手と舌に集中。三人相手ではサービスに努める形になってなかなか出ず、逆に長く楽しめます。
一息ついてはなれ、手マンの相手に挿入。
左右に同じように寝た二人に手をやり、必死のピストンとダブル手マン。
手の技巧などとてもこなせない無理やりですが、誤魔化すようにすばやく動かすと先ほどまで舐めていたほうはびしょぬれ、もう一人もすぐに濡れてきます。
乾かないように湿度を保ちながら、一人目に絶頂。
始めの女性に舐めてもらい、挿入。とにかく、三人相手にする以上は三人に出すのが私のやり方というか、こだわりです。
義務のようで重荷なきもしますが、上手くこなしたときの男としての満足感は結構なものなのです。

ハプニングバーで節約


ハプニングバーでのことです。
一人の女性に誘われてプレイルームに行き、一仕事終えてモノを引き抜きます。
「お兄さん、でっかいね」
見物人というか、少し前から見ていた女性。見ると、結構体格がいい人ばかり三人。
筋肉があるということではありません。丸みを帯びたという方向です。
「私たちにもぶち込んでよ」
三人となると最低三発です。三十近い今は結構というかかなりきつい。
とはいえ、断るのも惜しい。女性三人が私のモノを求めて声を掛けてくるなど、外ではありえない話です。ハプニングバーの非日常感を存分に楽しむため、今相手をした女性がいいなら相手をすることにします。
女性も、休んでいるからとソファーに座りました。
早速、三人とし始めます。
「疲れてるだろうから、まずデカチン君を元気にしましょうよ」
そういうと、三人が私の前にしゃがみ、顔を近づけてきます、股間に。
一人が先を持って舐め、引っ張りつつ茎を左右から舐められ、瞬く間に元気を取り戻します。まだ自分は若い方なのだと嬉しく思います。
元気になると、今度は順繰りに私が責める番です。
「上手いじゃない、大きいのに」
左右で見る二人に言われると、奮い立たずにはいられません。
舐めたら冷める前に挿入。
いかせたら、次に。一発出してすぐ、三人相手なので全員に出していけば三人目に立たないかもしれません。その辺は仕方ないと思っているのか、余韻を楽しんで黙っている一人は特に何も言いません。
二人目には、出します。
三人目にもちゃんと立って入れられました。これなら一人目も出しておけばよかったかな、と思いつつ、その日三発目を盛大に流し込みました。


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

ハプニングバーで、見せびらかすつもりが


結構可愛い彼女がいるので、見せびらかしたいと思っていました。ハプニングバーに興味もあったので、友人とその彼女の四人でいくことにしました。
プレイルームというのにも、男女組ならすぐ入れます。
奥には、あぶれた男が大勢いるのだろうと思っていました。
しかし、実際には逆でした。
そもそもあぶれる男はプレイルームに入れないので、中であぶれるのは必然女ばかり。
男が彼女らに群がってこないかという心配はまったくの杞憂で、むしろちょっと年上の女性たちが私や友人に群がる形になりました。
やっと二十歳の私と友人は、プレイルームの女性らから見れば五歳は余裕で下。
逆なら、それは群がるでしょう。
ハーレムのような展開に割りといい気分になり、適当な受け答えをしているうちに友人や彼女といつの間にか分断され、三人ほどの年上女性の相手をする形になっていました。
何でそういう形になるかなと、後で不思議に思いましたが、そのときは普通の流れだった気がします。ただ、乱交が行われるような店の薄暗い店内での普通、ですが。
ともかく、三人の女性に先を争ってフェラされるのは彼女と二人きりより刺激的で格別でした。その後、舐めながら別の女性に挿入するときの感覚は気が遠くなるほどのもので、初めてのときのように必死に興奮して一心不乱に舐め、腰を振っていました。
これは楽しいぞ、と思っている間に、目の端で捕らえていた彼女と友人、その彼女らも行為を始めているのに気づきます。
見ず知らずの男のを彼女が熱心にしゃぶっているのを見て、怒るとか悲しいとかは感じませんでした。
同じように楽しむことで吊りあいをとるしかない、と思っただけです。
ここに来た以上、こういう形になるのも当然だと、自身二人を同時にしていると思わざるを得ませんでした。
店を出てから、友人の彼女はこんなつもりじゃなかったと怒り出し、二人は別れてしまったようです。私も彼女との関係が元と変わらないのかは自信がありませんが、とりあずまた店には行きたいと思っています。

ハプニングバーで六回のノルマ。


とあるハプニングバーでは、私はちょっとした有名人です。
相手を変えていくなら、六回ぐらい出せるので、絶倫の人などと呼ばれ、顔を出すとすぐ常連の女性に呼んでもらえます。
ハプニングバーでは、単身男性はプレイルームに確実に入れるか分からないのが一番のネックですが、私の場合その不安がほとんどないので、暇さえあればバーに顔を出します。
その日の相手は、まず一発飲まないと気がすまないソムリエを呼ばれている女性。
私を誘って中にはいるや、すぐにズボンを下ろしてモノを口に含みます。
絶倫ですが大きくはないものは立っても口の中にあっさり納まり、さまざまな技巧を使う余地があってそれも評判の一つです。
それは私の一物が小さい、という噂という気もしますが、気にしません。
舌をモノに巻きつけるようにして口の中で回転させたりできるのも、小ぶりならではでしょう。
出ることを一様伝えても、彼女の舌は止まりません。
一発目を気持ちよく放出し、出終わると吸い出そうとする彼女を夢見心地で見下ろします。
次は、再び立つまでこちらが舐める番。
相手が複数ならそういう悠長なこともやっていられませんが、その日は空いていて一対一なのでゆったりできました。
余韻が冷めた彼女がしゃぶりたいというので、シックスナインの形になります。
挿入は背後から。
椅子に手をつかせ、バンバン責めたてます。彼女がその体勢を好むのは、周りでしている他の人々を眺めながらできるからのようで、頭が動くのがわかります。
感じながらなので、特に文句はありません。
むしろ余計な会話もなく、楽といえます。
出す頃には、新しく入ってきた女性が近くで立っていました。絶倫さん、次は私。
そういって、さっさと下を脱ぎます。ソムリエも一息つくというので、すぐに二人目に取り掛かりました。ノルマは後四発残っています。

ハプニングバーで疲れよりストレス解消。


その日、ハプニングバーでであった女性たちは目が血走って見えました。
三人組で、店に入ってくるやバーにいた私を含む四人の男性を端から端までという感じで誘ってさっさとプレイルームに直行。挨拶もせずに舐めたいからとズボンを脱がせる性急さです。
結局のところやりたい、出したいから来ているわけでこれはこれで楽といえる気もします。
体力的には疲れきっているようで、時間は朝であることもあってどういう仕事をしているのか気になりました。剥けていないのにデカイ物持ちの方が私と同じ疑問を持ったのか聞いていました。
看護師だということです。
夜勤明けで着ていると聞いて、すごい体力だと驚きました。
が、そうでもないとすぐに気づきます。
しゃぶっているうちに息が荒くなり、それは興奮だけではないようなのです。すでに疲れているので、息が上がりつつある感じです。
喉を詰めないかと心配になります。フェラで喉を詰めるほどの巨大な物を持つ人間は四人の中にはいませんでしたが。
実際に帰ってもらっては困りますが、無理をしないほうがいいのではないかと一様私が言うと、ストレスをこうして発散しないほうが体に悪いといわれ、後は黙って私のものを咥え、頬と歯茎でえげつなく擦ってくれました。あまりの気持ちよさに腰が引けるほどで、それ以上なんだかんだ言う気はうせました。
男たちがギンギンになると、看護したちは次々とソファーや絨毯の上に寝転がります。
四対三なので一人はフェラ続行、残りは舐めてから本番コースです。
私は先に入れる組に入り、一人が結構早くいって交代したので後がいるわけでもなく、たっぷり楽しみました。
しかし、看護師三人は一人一発で終わる気はないらしく、終わった一人はすぐに舐められるほうに回っていました。
これは覚悟がいる、と思いつつ、とにかく楽しみます。

ハプニングバーにハマった私の体験

月に3~4回のペースでハプニングバーに通って

たくさんの体験をしました。とても良い体験をした時もあったし、そうでない時もありましたが、はじめて行った日の刺激が強すぎて今でも通っています

その日は夜10時ごろに店に行きました。人はまばらでしたが、せっかくこういう場所に来たし、お金も払ったからコミュニケーションをとらなきゃと思い積極的に話しかけました。店のスタッフはみんないい人で気さくに話しかけてくれたので緊張もほぐれました

スタッフに導かれるまま、あるカップルと一緒の席になりました。

男性はとても気の強い感じの人で女性はかなり美しい人でした。男性と話をしていると、寝取られの趣味があることがわかりました。「わかりますよ。その気持ち」と話が盛り上がりました。

男性と話をしながら私は見えないところで女性の手に触れました。彼女は拒否しなかったのでそっと彼女の手をズボン越しに自分のペニスの上にもっていきました。私は既に勃起しており、女性は笑っていました。

男性はトイレへ行くと言い残し席を立ちました。

寝取られ願望がある男性なので、きっと彼女を抱いてもらいたいと思い気を利かせたのだろうと思いました。男性がいない間私たちは見つめあいました。唇に触れ、少しだけ近づけ、そして離れました

キスをしたのは男性が帰ってきてからの事でした。キス直前までの雰囲気を作っておき男性が帰ってくるのを見計らってキスをしました

この店は地下が特別なスペースになっており

3人でその場所に行きました。マットレスが前面に敷かれた天井の低い空間でした。そこで私は女性の服を脱がせました。小ぶりの胸がとてもかわいく感じました。男性が「お前も脱がせてやれよ」「舐めてやれよ」と女性に指図をしていきます。

彼女はそれに従い私の服を脱がせてねっとりとしたフェラチオをしてきました。私はフェラチオをされながら手マンをしました。かなり水分が溢れ出てきました。男性が「入れたいんだろ?」と聞くと女性が「うん」と言いました

すると「じゃあ、自分でお願いしな」と男性が返しました。女性は私に甘えながら求めてきたので、私はコンドームを装着しました。そのタイミングで男性は部屋を出て行きました

女性は私にまたがり挿入しました。

ペニスからトロトロの愛液が漏れてペニスを伝わって落ちてきました。この部屋はマジックミラーになっており男性は見ているだろうと思いながら激しくピストンをしました。そしてフィニッシュしました。

しばらくして私は女性を残し男性を呼びに行きました。そしてそのまま店を出ました。美しい女性とみられながらセックスできたことに大興奮でこういった経験をもっとしたいと思いお店を通うようになりました。

噂のハプニングバーで嬉しいハプニング

以前から噂に聞いていたハプニングバーに行ってみました。

ハプニングバーの事を詳しくは知らなかったので、ネットで事前に調べてみると、単独の男性でも上手く行けば美味しい思いにありつけるとも!!

そんな邪な気持で自分にも気軽に行けそうな距離にハプニングバーは無いものかと調べてみると、1件だけお店がありました。
システムの情報を見てみると、単独の男性だと入会金の他に入店料が掛かると・・・。

しかし単独の女性だと無料とも!!

なるほどカップルさんの行為に触発されて上手く行けば単独の

女性とも!!・・・と水を得た魚のように、既に勝負に勝った様な気になりつつ、今度の休日に遊びに行く事にしました。お店のホームページで指示されていた場所から、お店に電話すると詳しい場所を教えて貰い、お店に無事到着しました。確かに教えて貰わないと、何のお店かは解らない建て構えでした。

入店し受け付けを済ませ、晴れてハプニングバーの会員になった私は、早速カウンターに移動しフリードリンクのウィスキーで喉を潤し、内心はドキドキしながらもこの非日常の空間を楽しむ事にしました

店内を見渡すと店員さんの他に談笑しているカップルが2組、

私のような単独の男性が2人と女友達同士で来店していると思われる女性が2人居ました。すると1組のカップルが席を立つと別室に移動していきました。そしておもむろにセックスをし始めました

AVとは違い実際に他人の行為を見ると、何だか興奮と言うより不思議な感じがしました。それに触発されたのか、もう1組のカップルも絡みだし徐々に場の空気が変わりだしました。

私以外の単独の男性もいつの間にか、カップルの行為に混じりだし、

ふと気づくと行為に混ざっていないのは、遠目から覗いている女性2人と私だけでした。意を決して2人の女性に声を掛けてみることにしました

会話も意外と進み酔いが回っているのか、思ったよりノリがよくエッチないたずらをしても仕返してくるほどでした。しかしこの場所でセックスをするのは気が進まなかったので、駄目元でホテルに誘ってみると片方の女性がokを出してくれ、その晩は美味しい思いをさせていただきました

結局その晩限りのお付き合いでしたがハプニングバーは侮れないと思いました。あの異様な非日常感で女性も触発されていたのかもしれません

彼女と行ったハプニングバー

付き合い始めのころの彼女にどんなセックスが好きかと

尋ねてみたところ、「誰かに見られながら・・・」と言い出したので調べてみたら、カップル喫茶とハプニングバーの存在を知りました。彼女は抵抗感があったようですが、一回だけならと言う事で行く事になりました

渋谷にあるハプニングバーに向かいました。入口に到着しましたが看板はなく、インターホンがあるのみでした。ボタンを押すと「はい」とそっけなく出たので、「HPを見てきたのですが・・・」というとすんなり開けてくれました

入って早速システムの説明を受けて入会金とチャージを

払いました。地下に通されるとバーカウンターがあって、既に3組のカップルが来ていました。まずは適当にお酒をチビチビ飲んで二人で様子をみました。しばらくすると別の2組のカップルの女同士がレズり始めました

私の真後ろで椅子に座ったままM字開脚されて、もう一人の女がバイブを突っ込み始めました。私はお酒を飲むふりをして首だけ振り返ってガン見していました。

しばらくするとカウンターの隣にあるカーテンの仕切りの

向こうから、女性の大きな喘ぎ声が聞こえてきました。すると突然おっさんが出てきて私に「お兄ちゃん!俺の女ヒイヒイいわせてくれよ!」と言ってきました。

私は興味があり、隣で微妙な顔をしている彼女をおいて、カーテンの奥に行きチンコをしゃぶらせました。かなりおっさんにいじられたようでよだれと愛液でヌルヌルになっていました。私は挿入して異様な興奮にすぐにイッてしまいました

彼女の元に戻ろうとバーカウンターに向かうと

座っていた席に彼女はいませんでした。女性店員さんに尋ねると一組のカップルと一緒にプレイルームに向かったとのことでした。

私もプレイルームに行くともう始まっており彼女は他の男にハメられて喘ぎ悶えていました。私は軽い嫉妬心が出てきましたが、すぐさまハメている男の彼女にチンコをくわえられて興奮に変わりました。そのままその女にも挿入してあっという間にイッてしまいました

帰りハイテンションで彼女に話しかけると「もう二度と来たくない」と言われてしまいました。しかし、それでもこの経験から5年、何とかカップルの関係が続いています。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪