やっぱり新島に来る女ってエロい

よっぽどのことがない限り、女の子が知り合ったその日にカラダを許すなんてあり得ない。でも、そのあり得ないことが起きてしまうのが、いわゆるナンパスポットと言われる場所だと思う。

一番記憶に残っているナンパスポットといえば、東京にある新島だろうか。

みんな、その島へは竹芝桟橋から出ている船でで向かう。ナンパは船の上からすでに始まっていた。

「ねえ、泊まる場所は決まってる?」

「きみどこの大学? 何年生?」

深夜の甲板はそんなナンパの声であふれていた。

その頃、僕は大学1年生。

徳島出会い系サイトでも失敗したから「絶対に童貞を捨てる」

そんな決意を抱いて男友達3人と新島へ向かったのだ。

先に結論を言えば、この旅行で僕は童貞を捨てることができた。

船の上で知り合った、2つ上の女子大生だ。

なんでも彼女、就職活動に入る前に、最後に思い切り弾けたかったと言っていた。

顔のレベルは中の下くらい。でも胸がやたらと大きかった。

2人で島にある温泉に入ったんだけど(そこは水着着用で混浴)、とにかくでかい胸が気になって仕方なかった。

でも、問題はどこでやるか。島には当然、ラブホテルなんてものは存在しない。

宿泊先の民宿にはお互いの友人がいるわけで、できるはずもない。

では、どこでセックスをしたか。

「童貞捨てさせてあげる」

そう言ってくれた彼女と島内をむちゃくちゃ歩き回りましたよ。

もちろん酒に寄ってたってのもあったけど。さんざん歩いて、見つけたのは、すごい小さなビーチ。

ちょっとした森を抜けた先で偶然見つけて、「ここなら誰も来ないでしょ」とゴザを敷いて、ヤリました。

最初はすぐにイってしまったけど、そこは若さでなんとか…。

3発くらいデカ乳エロ女のアソコに中出ししちゃいました。

 

私にセフレができた時のこと

私はセフレと週2で、セックスをしています。
相手は大学4年生の女の子です。

彼女には私とは別に彼氏がいて、私とは単純な身体だけの関係です。

私が彼女とそういった関係になったのは約一年前のことです。
それまで私は彼女の悩み相談の役で、彼女は年上の私のことを「お兄ちゃんみたい」と言っていました。

彼女は私に彼氏とのエッチの時の悩みや自分の性癖などもよく相談してきたので、私は男目線からアドバイスをしていたりしました。
そういった関係が長かったので、私たちがセックスをするということにはお互いに抵抗がありませんでした。

彼女と初めてそういう関係になったのは、やはり彼女に相談を受けていた時でした。
私は普段から相談を受けているときに、彼女の手をにぎってあげたり、肩を抱いてあげたり、抱きしめてあげることがよくありました。

その時も私は彼女を抱きしめていたのです。
私の腕の中で「安心する」と言って抱きしめ返してくる彼女の頬をさわり、私はキスをしました。
すると彼女は最初びっくりしていましたが、拒むどころか、彼女の方から舌を絡ませてきました。

彼女は「悪いことをしているみたいで感じるかも」と可愛いことを言ってきました。
私はがまんができなくなり、そのまま彼女を押し倒しセックスしました。

セックスの後、彼女は「いけないことをしてしまった」と後悔していましたが、私は「二人だけの秘密だから大丈夫」と彼女を説得し、なだめました。

そんなわけで、出会い探しの出会い系で知り合いその日から彼女とは正式なセフレになりました。
お互いに気楽な身体だけの関係が、心地良いです。

 

ナンパで怪しまれない方法はパーティーに参加するのです。

女の子をナンパするのに、街中ですると人の目を気にしてついてこれない女の子が多いです。
だからと言って人通りの少ない場所で、ナンパすると不審者と間違えられて逃げられてしまいます。

そんな時は、女の子が来る場所を選んで、しかも話しをしても自然な場所を探しましょう。
私の場合はクラブが苦手なので、静かな場所が良いと思いまして、合コンパーティーに参加させてもらいました。
いわゆる街コンというものですが、30対30や40対40、50対50というモノもあります。

ここの中でならいくらナンパをしてもOKですから、意外に簡単に女の子と仲良くなることが出来ます。
考えてみれば分かることですが、街コンの場合は女の子も実は良い男がいないかを探しているのです。
私がカップルになることはなかったのですが、見事にパーティー終了後にお友達になることが出来ました。
結果はカップルになることではなくて、一緒にご飯を食べて一緒に夜を過ごすということなのです。

ここまでくれば、もう夜はもらったも当然ですが、焦らずに今日は餌をまくだけで、次に頂きましょうという心の余裕がないと上手く行きません。
メール交換をしておけばかなりの確率で、ヒマな時に次の機会を与えてくれます。
基本、パーティーに参加している女性は彼氏がいないということですから、焦る必要はないのです。

もし失敗しても、何回もパーティーに参加していると、やり方が見えてくると思います。
適当に流すことで、上手く流れに乗れれば、出会い系サイトでもセフレのゲットにも繋がるでしょう。
飽きれば捨てれば良いのですから、簡単なことですね。
本気で惚れられないようにしましょうね。

 

出会い系であったセフレと

24歳大阪住みの女です。
この前出会い系サイトのアプリで知り合った男性と即ハメしました。。
私は元々性欲が強いほうなのですが、彼氏があんまり性欲が無くって物足りなく感じていたので、セフレを探していました。
それで出会い系のアプリを始めました。
そのアプリではあんまり女性がいなかったこともあって、メールがたくさんきました。
ちなみに、容姿は大学時代ミスコン候補になったことがあるのでよくほめられます。
結構イケメンな人が多く、色んな人としばらくアプリでやり取りしていましたが、
仲良くなった人とはLINEでやりとりするようになりました。
そのうちの特にイケメンな子と会う事になり、天王寺で待ち合わせしました。
実物もめっちゃかっこよくて、相手も私を気に入ってくれました。
ご飯を一緒に食べた後、バーに行って飲みました。
彼氏がいるか聞かれましたが、いない、とうそをつきました。
彼も彼女はいないといっていました。
ほんとかどうかわかりませんが。
飲みながら、彼は急にスキンシップが激しくなってきて、かわいいね、足くれいだね、
と、特にほめてくれるようになりました。
あ、やりたくたってきたんだろうな、と思いました。
私もやりたくなってきたので、私からもうホテル行っちゃう?
って誘ってしまいました。
出会い系ではなく普段だとこんなこと言わないし、彼氏にも自分から誘った事なんかなかったのですが、
知らない人だから、なんか積極的になってしまったのだと思います。
近くのホテルに入ると、シャワーも浴びずに乗りかかってきました。
さっきまでの穏やかさはなくて、ほとんどなされるがままでした。
でももう私もびしょびしょに濡れていたので、いきなり挿入されても気持ちよかったです。
しばらくピストンしたあと、中だしされました。
彼氏とはしたことありませんでしたが、えろくて嬉しかったです。
彼とは今でもたまにあって即ハメします。

 

ナンパからセフレになった女

私はナンパが出会い系サイト好きなので、繁華街で単独一人で行っています。

ナンパは誰がやっても、成功率は少なく足を止めてくれる女性も、

一日に一人か二人居れば良い方です。

それから、最近の女性は比較的真面目な子が多いので、丁寧に断ってくれるのが、唯一の救いです。

しかし、たまに神様からのご褒美のように足を止めてくれる女性が居ます。

それは、先月にも一度ありました。

私が東京の某ターミナル駅付近でナンパをしていたら、長身で茶髪の美女を見かけました。

正直言うと、一目ぼれであり勇気を出して声を掛けました。

すると、断りもせずに私との会話を続けてくれたので、手ごたえを感じました。

そして、どうにか彼女にお願いをして、その日はお茶にいきました。

そこで、1時間ばかり会話をして別れましたが、アドレスとSNSのページを教えてくれました。

彼女は、アパレル関係のOLで出会い系好きの21歳の女性です。

そして、メールでやりとりをしているうちに、会ってデートをすることになりました。

彼女とはじめて会ったのが、埼玉県の某駅です。

その付近にある、居酒屋で飲みながら彼女との親交を深めました。

いつものように、恋愛トークをすると彼女がくらいついてきて、私に恋愛の相談をするほどになりました。

それから、お酒が進むごとに彼女は私にくっついたり、ベタベタするようにもなりました。

私は手ごたえを感じ、彼女をホテルに誘いました。

もちろん結果はOKでした。

ホテルでは彼女とシャワーも浴びずに、半裸の状態でセックスをしました。

ズボンとパンツを脱がして、後ろからクンニをすると、彼女が震えながら感じていました。

彼女に私のアソコを舐めてもらい、元気になると行為を始めました。

互いに下半身だけ脱いだ状態で、立ちバックでセックスを行いました。

私は夜のホテルの中で、ひたすら彼女の体を味わい、激しく腰を振りまくりました。

その日は、2回戦まで行い彼女とは、今でもセフレとして関係が続いています。

 

セーラー風水着を着たままエッチしました。

先日、彼女が水着を買うと言うので、お店に一緒に行き、選ぶことに。

今年は、セーラー風の水着が人気と言うので、それを目当てに行ったところ、ありましたので、それを購入し、家路に。

部屋に帰り、彼女が早速、買った水着を着たところ、私としては、とても、そそられる感じがして、徐々に私のお○んぽが大きくなってきたのです。

彼女も、それに気づいたみたいで、『あ~、ちんちん、大きくなってる。』と言って、ズボン越しに触ってきたのです。

そして、彼女は、四つん這いになると、私のズボンを下ろし、フェラを始めたのです。

セーラー風水着の彼女がフェラをしていることに興奮した私は、四つん這いの彼女の体を徐々に動かして、シックスナインの格好にすると、ビキニをずらして、彼女のお〇んこを触ると、彼女は、お〇んぽを口からだし、『あああん。そんなことすると、フェラできないよ。』と
言ったのです。

それでも、触り続けていると、彼女から、『もう、ダメ~。入れて~。』と言ってきたので、水着を着たまま入れることに。

入れた瞬間、『ああああ!』と声を出した彼女。

さらに、腰を動かしていると、『ああああ、たまんない~。感じちゃう~。』と感じまくる彼女。

私も、セーラー風水着を着た彼女が、喘ぐ顔や喘ぎ声に興奮してしまい、出そうになったので、『もう、出すよ。』と言うと、彼女から『私も、いきそうなの。一緒にいこう。』と言った後、彼女が『あああ、いきそう。いく~』と言った後、私も彼女の水着の上にザーメンを出したのです。

終った後、出会い系であった彼女から水着を汚したので、少し怒られましたが、そんなことよりも、セーラー服風水着でのエッチがとても気持ち良かったので、またしたくなりました。

今度は、プールに行った後にしようと思いました。

 

男性経験の無い女性と付き合ったこと

晩婚化が進み、結婚適齢期の男女に恋人のいる割合が低いと言われる昨今だが、
「彼氏いない歴=年齢」という女子も少なくないらしい。
事実僕の知人にも何人かいるのですが、彼女たちは、それを少なからずコンプレックスに思っているらしい。
大人になって恋愛の重さや意味は
大きく変わる事だけは大人になるまで分かるまい。
なので
練習台としては知っておいて欲しい経験ではあるなぁ、と
総論としては思う。

僕が「初めての彼氏だった」女性とは2名付き合った事がある。
その内、一人は僕が「初めての男」であった。

本人がそう言うのだから信じてあげる事にするが
もう一人は僕が初めての男ではなくなんと出会い系サイトであった次の「2人目」だった(笑)

僕が処女を奪ってしまった「一つ年上」の女性は
交際を深めて行く過程で
僕とのセックスに徐々に溺れて行ってしまい
その関係がおかしくなる位になってしまったのである。

確かに僕も若かったが
僕も彼女も会う度に場所を問わずセックスしていた。
最後は別れ話をした後も、彼女の方から
「最後にもう一回だけ。。。」とせがむ有様だった。

別れる時は彼女は塾の講師をしていたが
僕の指示でパンツを履かないで教壇に立って授業をし
帰り道に近くの公園で僕にせがんで来るのだ。

今でも僕の耳に残っているのが
「こんな熱狂的な行為を、高校生の時とかに覚えなくて良かった。
これじゃ若い子たちが勉強が手に付かなくなるのも無理ないわね。。。」

言いながら、僕にしがみついて腰を振りながら言っていた言葉だ。

(いやあ、そこまで熱狂的な人はキミぐらいやないか??)
と内心思っていたが
僕は黙っていた。


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

 

友達以上、恋人未満。

彼と知り合ったのは、私が中学生の時。

地元のスポーツセンターで行われているスポーツ活動に参加した私は、男女混合で行われる弓道に週に一回だけ通っていた。

彼の方が先に加入していたので、初心者だった私は彼に手取り足とり教えてもらっていた。

その時の彼は、大学生で、私は中学生。当時歳の差婚だとか、歳の差関係のお付き合いはあまり流行っていなかったし、お互い

「この人は弓道を教えてくれるオジサン。」

「この子は子供。」

って感じの意識しか無かったと思う。

それが変わりだしたのは、私が高校に通い始めてから。

高校の先輩にベタぼれして自分を磨いた私は、正直可愛くなったと思う。結局告白した時に彼女持ちだったことを知り、玉砕したのだけれど、同じ高校の男の子に呼び出されて告白されることも度々あった。

でも恋に失敗してちょっと擦れた私は、遊び心ばかりが育ってしまったみたいで、

「私、彼氏はいらないんだ。出会い系サイトでもセックスフレンドならなってもいいよー。」

そんな感じで興味本位で身体だけの関係を作ろうとした。でも、初めては良く知っている人がいいなーと考えた時、弓道のお兄さんを思い出した。

そんな訳で、その週の弓道の稽古では、弓道のお兄さんにみんなが帰るまでまってもらい、誰もいない男子更衣室に押し入って誘ってみた。

見事に引っかかってくれた彼は、私との行為に及んだ。

それから私と彼は、セックスフレンドになった。稽古終わりはみんなが帰るまで待ち、シャワー室、トイレ、更衣室などでするようになった。

でも彼には彼女がいたらしい。

この関係は、本命がいない私と本命がいるけど遊びたい彼の間で成り立っている。お友達以上、恋人未満ってところかなー。

 

子供の運動会で昔のセフレと再会

秋といえば運動会のシーズン。

これは昨年の話なのですが、当時小学2年生だったうちの息子の運動会を妻や妻のご両親などと一緒に見に行った時のことです。

かけっこに出場した息子を応援したり、皆で妻特製のお弁当を食べたりと

非常に楽しく時間が過ぎていきました。

そして午後。保護者が参加する競技に俺も出場したんです。

するとそこに、かつて出会い系サイトで知り合った俺のセフレだったアヤ(仮名)の姿がありました。

突然の再会にお互い正直驚きました。アヤも結婚し、一児の母になっていました。

子供同士、同じ小学校に通っていたんですね。

大人の女になったアヤはすごく色っぽく、昔の思い出がすぐさま甦りました。

あの白い肌、やわらかく形の良い美乳、くびれた腰・・・

よこしまな欲望が俺の中でムクムクと大きくなっていきます。

30分後ぐらいでしょうか。用を足すために、俺はトイレに行きました。

普段小学生が使っているトイレなので、すべてのサイズがやや小さく狭く、

少し使いづらかったのですが、なんとそこへ突如アヤが入って来たのです。

もちろん偶然だったとは思うのですが、

そんなことよりなぜアヤが男子トイレに?という疑問がまずわきました。

田舎の小学校ゆえなのか、そのトイレだけ男女共用だったみたいなのです。

突然のチャンスに俺はアヤを連れて個室へと入りました。

アヤも拒むことなく、俺の要求に応えてくれました。

外で子供や他の保護者さんたちの声がする中でのセックスはすごく興奮しました。

立ったままアヤの片足を抱えるようにして挿入すると、そのままピストン。

アヤが必死になって口を押え、喘ぎ声を殺しているのがまた俺を高ぶらせました。

かなり感じていたらしく、出会い系サイトのアヤは愛液をふとももから膝のあたりまで滴らせていました。

お互い家庭がある以上、中出しはまずいと思い、最後は目一杯、顔射。最高でした。

アヤとはそれっきりですが、今年の運動会も実は期待しています。

 

神待ちの子を泊めてみました

会って見て、タイプの子ならウチに。そうでもなかったらホテルかカラオケかなと思ったら、

すごく感じのいい子が!出会い系サイトは最高です!

持ち帰りってわけじゃないけど、僕の部屋に来てもらって、だらだら。

わけありの子で、家に居たくないから、神待ちして泊めて貰える日は帰らないって。

お風呂、一緒に入ろうか?って言ったらちょっと迷った感じになってからうなずいた!

ユニットだから、どっちかつかったら、どっちかは腰掛けてる感じで、まずは彼女にあったまるように促した。

彼女の目の前に、僕の勃起したチンポ。どうするかな?と思ったら

「舐めたほうがいいですよね・・・?」

というじゃないか。もちろんそのほうがいい!けどひとまず

「いいの?しゃぶってくれるの?」

と聞いてみた。やっぱり、頷く。それじゃあ、と口元に持っていく。

あ~、やった~、神待ちとやれるって本当なんだな。

たまってたんで、すぐ口に出した、彼女は飲んでくれた!嬉しいな!

体のあらいっこをしてからベッドへ。

今度は、していいかとか聞かずにSEX。濡れてたし出会い系だしね。

いきなり入れたら流石に驚いてたけど、すげえぐちゅぐちゅ!

ちんぽしゃぶって興奮したの?と聞いたら

「意地悪」だって!たまらねー!

朝まで3回やらせて貰って、すごい良かった!

「いくとこないときは、電話くれたら多分とめてあげられるよ」とアドレス交換した。

帰り際に、電車代程度のお小遣いも渡して。

彼女はちょっと嬉しそうにして「電話します」と言った。

もう、うちで暮しちゃってもいいんだよと言いそうになったけどさすがにそれは

 

誰かに必要とされる・・・その為に。

お水の世界に入ってもう5年。

ここ数年は、お店でもナンバーワンを独占できるようになりました。

お店の中では、噂になってるけど・・・

そう。

私、お客さんと寝てるんです。

勿論、1回や2回席に着いたようなお客さんとはありません。

ほとんどが、太客ばかりですが、指名の為ではないんです。

何度もお酒を一緒に飲んで、色々なお話をしているとやっぱり情が出てきます。

私の為に、お金を使ってくれて

私の為に、喜びそうなプレゼントを探してきてくれて

私の為に、おいしいお店を予約してくれて・・・

そうやって、私の為に動いてくれてることを考えると嬉しいし、私も何かしてあげたいって思っちゃうんです。

女の私が出来ることって言ったら、男の歓びを与えてあげること位しか思いつきませんでした。

勿論、それがなくても癒してあげられる女性もいらっしゃると思います。

でも、私には自信がありません。

孤児院で育った私には、学歴も無いし、育ちも良くないし、気の利いた言葉もそんなに言えません。

何も無い中で、私が自信あるものと言ったらセックスだけでした。

こういうのを枕営業と言うんですよね。

でも、いいんです。

お客さんは出会い系サイトとかでも会えずに困っていて私に対して喜んでくれているし、私もお客さんの為にしてあげたという達成感が味わえるんですから。

お客さんとのセックスは、苦痛ではありません。

むしろ、歓んでくれるので、私もうれしいです。

私の身体をむさぼるように愛撫をしてくれると、必要とされていると実感してしまいます。

私も沢山奉仕をしているうちに、私で感じてくれていることを歓びに感じます。

お客さんとはセックスで繋がっているだけかもしれないけれど、私を必要としてくれている。

 

素敵な体験談

今の主人との思い出です。

本当に素敵な思い出でした。

どんな思い出かといいますと。

海でエッチした思い出です。

夏でした。真夏の出来事でした。

デートの途中 何にもする事がなく

ぶらーんとトライブしてました。

彼の家に行こうと。

途中 海がある道に通るのです。

時間 まだ有ったので 海岸に停まって

降りて 手を繋いで 砂の上に

歩いて行きました。

その時 二人共 無口で 何にも話さず

ただ 手を繋いで 歩いていました。

薄暗くなってきたので そろそろ 彼の家に帰ろうと

思った時に ムードのせいか 彼が

やりたい気分になってきた様で

キスから始まったのです。

「海岸で????」と思いつつ そのまま

受けましたが やっぱり 外だし 誰かに見られたら

恥ずかしいから 少し 抵抗しました。

それでも 彼は強引にそのまま そのムードに進む。

暗くなってきたけど 点灯の灯りで少し 微かに見えるのです。

お互いの体。

抵抗が段々 快放心になって。

服を脱がず そのまま。服の上で。

気分が高まった時点。

彼が言ったのです。「せっかくだから 海の中でやらないか」と。

海の中でやりました。

服は脱ぎました。

海でのエッチは とても気分が良かった。

興奮度がMAXになります。

抱っこしながらのセックスに入る所になった時

入れにくかった。

あそこの愛液が海に洗わされたの様に

全然愛液がなく入れにくい状態でしたので

海に上がって 砂の上で続きをやりました。

誰もいない夜の海で初体験でした。はじめは奈良出会い系サイトであいましたが、一度きりの経験でした。

その時のロマンスもう一度やってみたいと思っているのです。

若かった二人の物語は楽しかった。

 

図書館の女性と

私は引っ越した街の図書館に行きました。
私は読書と出会い系が好きなので、すぐに図書カードを作って本をたくさん借りたかったのです。

図書館に入り、私はいろいろと本を選んだ後、受付に本を持って向かいました。
「初めてなんです」と私は受付の男性に言うと「図書カード作ってあげて」と受付の男性は近くにいた女性に言いました。

その女性はいかにも主婦のボランティアと言った感じの女性で図書館にマッチする感じで一見地味なのですが、とても上品な雰囲気も持っていて私はなんだかそそられてしまいました。

私は、図書館の使用方法の説明を受けている間も彼女の目を見つめ続けました。
「好きです 好きです」そういう気持ちをこめながら彼女を見つめました。
ただし決していやらしい考えをいれないように気を付けました。

彼女は冷静に説明をしているようではありましたが、何となく目が潤んでいるように見えました。

たまらなくなった私は「写真集のコーナーでちょっとお尋ねしたい本があるんですけれど」
と彼女に言いました。別に写真集に興味があるのではなくその図書館で一番奥まっていて人気がないのが写真集のコーナーだったからです。
彼女は、私の心を知ってか知らずか「はい、では行きましょう」と言って私の前を歩いて行きました。

写真集のコーナーで、写真集を探してもらうふりをして彼女の立ち姿、胸、唇などを観察しました。
そして私は振り向いた彼女にキスをしました。
彼女はびっくりしたようですが、私のキスを受け入れてくれました。

私はキスをしながら彼女の胸をもみ、スカートの下の股間に手を入れました。
彼女はかなり濡れていたので「これはいける」と私は確信しました。

「二人きりになれる場所ない?」私は言うと彼女は「3回の奥の部屋。30分後」と彼女は言いました。

30分後私たちは誰もいない会議室でセックスをしました。
彼女は声を出すのを抑えるのに必死でした。
それから何度も図書館に行きましたが彼女はやめてしまったようで二度と会えませんでした。

 

綿の野暮ったい下着に大興奮

友人はナンパが大好きだ。
勿論、目的はセックスに持ち込むこと。
それこそ、高校生のときから、女あさりに余念がない。
それこそ、食った女の数は数知れず。それこそ、淫行で捕まるんじゃないかと
ギリギリの線まで手を出していたのは知っている。
そんな遍歴をかさねがら、彼が現在狙うのは人妻だ。
一度、人妻をナンパしたらすこぶるよかったらしい。
何より簡単に釣れることが多いため、もっぱら人妻狙いである。

さて、あるひ彼はスーパーで獲物を見つけて見事捕獲。
昼間だったらから、車でホテルへ直行したらしい。
よくもまあ、そんな所でナンパするもんだと関心していたのである。

ホテルへ入って脱がせてみると、綿の野暮ったい下着である。
私だったら、これで萎えてしまうのだが、彼はこれに興奮したらしい。
勝負下着なんかは見慣れた彼のこと、むしろ野暮ったい方が物珍しいというか、
新鮮なのである。そして野暮ったさがある種のリアリティがあってよいのだそうだ。

興奮した彼は、下着の上から指で触り、なめまわしてぞんぶんに楽しんだのだそうだ。
そして脱がせてみれば、全くもって手入れされていない陰毛に大興奮。
結構毛深くびっしり生えた陰毛から、滴り落ちる愛液を見てさらに興奮。

百戦錬磨の彼なのだが、興奮しすぎて早く行ってしまったらしい。
その後、この興奮が忘れられない彼は、出会い系で同様の獲物を探している。

傍目から見ていれば、そんなおばちゃんに声かけるのかよとは思うのだが、彼はそこに独特の美を見出しているらしい。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪