ぽっちゃりとぽっちゃり

大学生の頃の私は太っていました。
見た目によってはガタイがいい。見た目によってはぽっちゃりでした。
そんな私はよく友達とクラブに行っていました。
クラブは本当に楽しいです!可愛い女の子をたくさん見れるし運が良かったらお持ち帰りできます。
ですが、私はナンパは得意ではありません。
クラブによく行っていましたが一回しか成功したことがありません。
その一回とは初めて私がクラブに行ったときの話です。

とりあえずクラブに行ったらナンパすればいい!と思いながら
友達とお酒をたくさん飲んだ私はテンションが上がっていました。

お酒の力は長続きして初めてのクラブなのにも関わらず
たくさんの女性に声をかけまくっていました。

ナンパの最終的な目標はお持ち帰りが100点
連絡先をゲットするのが70点
と聞いていました。

私は初めてのクラブで最高評価点100点を目指したくさんの女性と話していましたが
やはりダメでした。

私はクラブが初めてでしたが
友達は経験があるらしく、何人かの友達はお持ち帰りに成功していました。

仲間がどんどん少なくなり私はとても焦っていました。

焦りはしますが、女性と上手く誘い出すことができず
途方に暮れてカウンターにタバコを吸いにいくと。

隣に女性が
悪くいうとデブ、良くいうとぽっちゃりが
「私をナンパして!」オーラ全快でこちらをチラチラみてくるのです。

私がぽっちゃりですので、細身の女性をお持ち帰りしたかったですが、
能力が無いので細身体系綺麗女子は断念して

この目の前にいるブt…ぽっちゃりを全力で落とすぞ!と思い
話しかけると

案外話が弾みました!

性行為は初めてでは無かったですが、
なんだかとても新鮮な気持ちになれました。
終わった後がとても楽しかったのです。

私もそうですが、ぽっちゃりは大抵甘えん坊です。
甘えん坊と甘えん坊が戯れ合うのが新鮮でしたし、

ぽっちゃりは頑張り屋さんです。
性行為をしている途中で私はお酒の力が抜けて
現実が見えてきて元気が無くなってしまったのです。

その時ぽっちゃり女子が私を元気付けてくれたのです。
容姿は良くないが内面は頑張り屋さんだ!と思わせてくれました。

ぽっちゃりとの関係はその日の夜と
別の日にぽっちゃり女子おすすめの焼き肉店にご飯を食べに行ったきりになりました。

ぽっちゃり保険レディーのセフレ


パンパンッ!
「あっ!あ、凄い!もっと!もっと激しくしてぇ!おかしくなっちゃう!」
今夜はこれで3回戦目だが、2人の勢いは全く衰えない。
セフレの紗江は38歳のバツ1。
身長は165cmで体重は70kgくらいだろうか。(体重は教えてくれない)
足が長く、ハリのあるむっちりとした肉質で全体的にボリュームがあるのだが、
とにかく尻がでかい。しかも全く垂れておらず、ドンッと突き出している感じだ。
保険レィーをしており、スーツを着ることが多く
パンツスーツの尻の部分はいつ張り裂けてもおかしくない感じで
なんとか押し込めているかんじだ。

紗江と始めて逢ったのは、私の行きつけのバーだ。
仕事終わりに寄ってカウンターで飲んでいると、隣に座ってきた。
普段なら気にせず飲んでいるのだが、座ったイスからはみ出した紗江の尻肉に目を奪われ、思わず食い入るように見てしまった。
紗江は、座るなり「ウィスキーストレートで!」と急ピッチでウィスキーを飲み始め、30分もすると顔は真っ赤になり、ろれつも回らなくなっていた。
私も、いい感じに酔っていたこともあり、思い切って紗江に話かけてみた。
すると、元旦那の浮気が原因で離婚したこと、そのため生活するために保険の営業を始めたこと、そして今日営業で行った会社に別れた旦那の再婚相手がいて子供が生まれそうなので、学資保険の相談をされたことを愚痴りはじめた。
1時間も経った頃。
「なんで私ばっかりこんな目に・・・」
ふっと、少し涙目になった紗江に
「こんなキレイな人を放っておいて、浮気だなんて元旦那は女を見る目がないですね。」
「私だったら、絶対に放っておきませんよ」
なんて、酒の手伝いがなければ言えないようなことを言った。
しかし、次の瞬間、紗江は私の肩に寄りかかってきて
「お願い、しばらくしてないの…」と紗江は私の耳元でささやいた。

「マスター、お会計を」
さっと会計を済ませ店を出ると、タクシーに乗り込み、近くのラブホテルに向かった。
タクシーの中で何を話したのかは全く覚えていない、私の頭の中は、紗江の巨大な尻を鷲掴みにすることでいっぱいだった。

ホテルに着き、部屋のドアが締まると同時に、2人は貪るようなディープキスをした。
紗江のぽってりとした肉厚の唇はとてもエロく、私の唇に吸い付いてきた。
「もう我慢できない・・・」
と、紗江は私の前でしゃがんだかと思うと、ズボンを下げ、私のアソコに顔をうずめた。

「んっ・・・ん」
ジュッポ、ジュル
吸い付くようなフェラで、舌はねっとりと絡みつき、唇の感触がとても気持ちよかった。
ヨダレでべちゃべちゃになりながら、美味しそうにしゃぶる紗江の顔を見ていると私は我慢ができなくなり、紗江を立たせ後ろに向かせてパンツスーツを下げた。
ぷりんっと、今ままで見たこともない大きく形のいいキレイな尻が現れ、私は狂ったようにその尻を鷲掴みにした。
「あっ・・もっと、もっと強く」
紗江はMの気があるのか、力を入れて尻を掴むと喜んだ。
私は思い立って、パーン!と軽く尻を叩くと
「あっ・・・あっ・・」
と小刻みに震えてイッてしまった。
座り込んだ紗江を立たせ、はいていた小さなパンツを脱がすとあそこは糸を引くくらい濡れていた。
私は、後ろからその割れ目にいきり立ったあそこを押し当て、一気に奥までついた。
「あーっ!」
パンパン!パンパン!
「あっ、あっ、あ、凄い、気持ちいいぃ!」
アソコを出し入れするたびに、紗江は気持ちの良さそうな声を上げた。
打ち付けるたびに大きく揺れる尻肉にもの凄い興奮をして、私は、すぐに絶頂を迎えた。

ビュルルルル!!ビュル!ビュル!
今まで出したことのないような勢いと量の精液を紗江の膣に射精した。
「ハァハァ・・・凄い・・・凄い気持ちよかった。」
紗江は膣から出てくる精液を見ながらそう言った。

私と紗江はそのあと一度シャワーを浴び、ゆっくりと味わいながら2回戦目を終えた。
その後、結婚願望の無い私と紗江はセフレの関係になり、あの巨大な尻を好きな時に思う存分味わっているのだ。

ぽっちゃりな女性とハッスルしてきました


私は複数の出会い系サイトを利用して出会いを求めるサラリーマンです。リアルでは出会いは年を重ねる毎に減っていきますよね。
その為、出会い系を使わざるを得ない状況ではあるのですが、楽しませて頂いてますよ。もちろん、好みのスタイルの良い女性が私は好きですが、
最近では中身をまた重視して出会いを見つけようと思っています。その理由としては、好みのスタイルの美人はやはり攻略に手間がかなりかかります。
それはリアルでもそうです。ですが、出会い系の場合は非常に個性のある女性がいて面白いのです。

比較的、ぽっちゃりな女性や、精神的に病んでいる女性が多いというのは私のデータではあるのですが、後者の病んでいる系の女性はもめるととても面倒な事になるから
パスしています。付きまとわれたり、メール、ラインでの豹変からの暴言に次ぐ暴言、たまりません。
どんな女性と今まで出会い、付き合いまたはおいしい思いをさせてもらったかをよく分析する私ですが、ぽっちゃりな女性のうまみは何度も経験していて、それを
思い出すとぽっちゃり女性をターゲットにまたしてみようと決めました。

ぽっちゃりで、介護または看護に係る仕事をしている女性はガードが緩い、その情報を昔ネットか雑誌で見たのですが、私はですが見事にこれに当てはまっていました。
それを思い出し、某出会い系サイトでの掲示板利用を早速開始。そして釣れた介護施設で働く20代年下女性とメールのやりとりを始めました。

メールの回数も多く、回数が多いとそれが成功確率をグンと上げます。これは私の勝利の法則の一つではあります。そういった場合は男からのメールを
待っているという態勢ですからね。車で1時間程かかる所に彼女は住んでいましたが、下ネタへの抵抗もない為に、2週間ほどでデートの約束をしました。
2週間ぐらいで会うとして、最初の1週間が経過するぐらいに下ネタを入れて乗って来たらかなり成功率は上がります。
私の、これはいける!と判断する材料ですが、ぽっちゃりの女性に試しに友好度が上がっているのを確認した後(重要)、バストサイズを私は聞きます。
そして巨乳であれば褒めつくしてしまいましょう。男性側が、巨乳女性好きであれば自分もテンションが上がりますよね。これで教えてもらい、乗って来たらもう、勝ちです。

初めて会ったにも関わらず、車で車内でトークをし、ある程度の時間が経ったらボディタッチをして拒否がなければそこでホテルへ、そうシナリオを立てていて、
その通りに事が進んでいきましたので、久々にFカップクラスの巨乳を堪能させてもらいました。その女性はぽっちゃりでしたが美巨乳でピンク色の乳首でとても素晴らしかったので
下の方も沢山舌で愛してあげたのですが、私が興奮しすぎており、おめえは犬か(笑)と言われたのを未だに覚えています。

デートは合計2回、70キロぐらいはありそうな感じで、痩せたら可愛いのになと思いつつ、付き合う事へのアクションはしなかった不届き者の私に彼女は
しびれを切らし、結果私は関係を切られてしまいましたが、安い出会いは安い関係。これでよかったのです。
ぽっちゃり女性の肌はとても気持ちがいいですよ。巨乳好きであれば、是非何らかの形でトライしてみましょう。

ごほうびに巨乳を


俺の会社にとも子さんという人がいて若い職員が多い中でお母さん的な存在だった
お母さん的と言ってもまだ30歳、だけど全体的にふっくらした体型なのでそんな雰囲気だった

俺もよく普段からお世話になってて
一人暮らしの食事を心配してとも子さんは家にごはん作って呼んでくれた

その時はちょうど難しい資格試験の結果が出る日
去年落ちてるので今年も落ちるとかなり肩身が狭いが無事合格だった

それで夜とも子さんの家に行くとすぐに試験の結果どうだった?と聞かれた
合格でした
と言うとすごく喜んで抱きついてむぎゅっとしてくれた
とも子さんの胸が顔に当たってその柔らかさで不覚にも勃起

しかも生地の柔らかいハーフパンツなのでチンチンの形は丸わかりで
ビンビンにテントを張っていた

ちょ、ちょっと待って
「どうしたの?」
いや…その、胸が当たって…

体を離したとも子さんが俺を見て股間に気付いた
「あら やだ どうしたのこれ?」と笑ってる
「あたしの体で興奮しちゃったの?」と何でだか嬉しそうだった

「せっかくの合格だしサービスね」
そう言ってとも子さんはブラのホックをはずすとごそごそさせ
器用に服を脱がないままブラだけ取ってポイッとした
「はい もう一回」
また抱き寄せられ今度は生乳に顔をうずめた

やばい
今までとも子さんを性的に見たことはなかったが、これはくる…
無意識のうちに両手でその巨乳を鷲掴みしていた

試験勉強中は禁欲していてもう正直やばいことを伝えた
「あら 大変、どうする?ここで出していく?」
そんな感じで床に寝かせられた

「どうしよ 硬いおちんちん見るの久しぶり」
と興奮気味のとも子さんに下を脱がされると
「パクッとしちゃお」と亀頭を咥えられたしまった
それがもう気持ち良くて出そうと言ったら
「あん まだ出しちゃダメよ」
「あたしも欲しくなっちゃったから…」そう言ってとも子さんも下着を脱いだ

「はい、来なさい」
今度はとも子さんが床に寝て抱き寄せてくれて
導かれるようにアソコに挿入
全部入れるととも子さんは
「あー、久々の硬いオチ○コの感触、気持ちイイ」と悦んでくれた
お股の肉がぽよんとして気持ちよかった

「さぁここに出しなさい」とお腹をぽんぽんと叩いてみせた
お腹にめがけて発射したが飛び過ぎて胸の上まで飛び服を汚してしまった
それでもとも子さんは「すごい飛んだね びっくりした」と
最後まで笑ってくれていた

それ以来ぽっちゃりの女性しか愛せない自分がいます

お持ち帰りしやすい人の容姿。


人に胸を張って言える話じゃないかもしれませんが、私はナンパをするのが数少ない楽しみだったりもします。
そのため、土日は都心に出てナンパに励み日々成功率を上げるよう努力しています。
そして、ナンパを初めてもう5年目に突入しているせいか、最近はいろいろと塩梅が分かってきたように感じます。
それは、ナンパしやすい街についてだったり、服装や容姿についてです。

特に、ナンパをしやすい容姿についてはとある共通点が分かってきました。
それをみなさんに教えるとすれば、ぽっちゃりさんです。
私の経験上、ぽっちゃりしている女性はナンパの成功率が高く、その日の内にホテルに行ける比率も高いです。
それは、先日も実感しました。


エロ可愛い女の子と出会いたいなら、”PCMAXで出会うのが手っ取り早い。”ということです。 真剣な交際を探すのも向いている出会い系サイトですが、PCMAXはR18なのでセフレ探しにも簡単です。
PCMAX
PCMAXは会員数1000万人超創設10年以上の超安心優良サイトです。 広告にも力を入れているのでそれゆえに、女性の登録も圧倒的に多い。です。今すぐHな出会いから真剣な出会いを見つけちゃいましょう♪
僕が伝えたいのは、”ハッピーメールで出会うのにこれまでの経験は関係なく、出会うことは簡単”だということです。 ハッピーメールはセフレ探しにも使えますが、まじめな出会い探しにはもっとも向いている出会い系サイトです。 ハッピーメール ハッピーメールは街頭看板などの広告雑誌やメディアにも大変力を入れています。 それゆえに、女性の登録者数もとても多く、真剣な出会いを求める女性から大人の関係を探している女性まで、様々な出会いを求めている女性が登録しているのです。

先日私はいつものようにナンパをしていると、ぽっちゃり系の20代の女性をゲットしました。
彼女の職業は看護師で、買い物をするために渋谷に来ていたようです。
見た目は童顔で目がくりくりとしており、やせれば美人系と言える感じです。
ぽっちゃりさんは食べるのが好きなので、基本的にゲットをしたければおいしいお店に連れて行けさえすればOKです。
私も先日はイタリアンのお店に行き、お店では基本的に聞き手にまわり、彼女の仕事の愚痴を延々と聞かされましたが、
その結果彼女との距離が縮まりお互いに下ネタを言い合えるほどになりました。

それから、居酒屋を2件はしごし私は彼女をホテルにさそいました。
俺「もう遅いしどっかとまっていかない?」
彼女「いいねー 行く行く!」
そして、近場のホテルに行くと私と彼女は再び世間話をし、それが終わるとお互いに無言で抱き合っていました。

ぽっちゃりさんに共通しているのは、理由は分かりませんが意外とセックスについても積極的なことです。
彼女も私と抱き合った後は、彼女の方から私のズボンに手を入れ、手コキをしてきました。
我慢できなくなった私も、彼女の服を脱がしパイ舐めから、手マンそしてクンニをしました。

もうそうなれば、本番に入り欲求の赴くままに抱き合うだけです。
ぽっちゃりさんとのセックスはやっぱり大変なので、私は基本正常位でひたすら抱き合います。
私が突くたびにおなかのお肉が揺れるので、普通の子とのセックスと違いそれが官能的に見えます。
そして、最後は彼女の顔にザーメンをぶっかけ、ぽっちゃり子との一夜が終わりました。

最後になぜぽっちゃりさんがすぐにやれるか研究したのですが、それはストレスを抱えている子が多いからだと思います。
彼女も看護師でストレスを抱える仕事なので、その分食べることで発散しているんだと思います。
それは、性欲としても顕著として現れるので、今回のようにゲットしやすい子はみんなぽっちゃりしているのだと、私なりに考えました。

PCMAXで25歳の巨乳ぽっちゃり女性と


この前、PCMAXで25歳のぽっちゃり女性と会って、エッチをしました。PCMAXのピュア掲示板に「ぽっちゃりが大好きなので、ぽっちゃりの人、メッセージください。」書き込みをしたら、彼女からメッセージがありました。それから、3日ぐらいメッセージをやり取りし、LINEの交換をしたので、その後はLINEでやり取りしました。

LINEで3日ぐらいやり取りして、週末に会う約束をしました。当日、待ち合わせ場所で待っていると、彼女が来ました。自称ぽっちゃりという女性はデブが多いとネットなどでは言われていますが、彼女の見た目はデブではなく、ぽっちゃりでした。私たちは食事をしました。食事の後、カラオケに誘いました。

カラオケでは、最初はお互いに歌を歌いました。そして、お互いの持ち歌がなくなってきたので、二人で隣り合わせに座って話しました。隣り合わせに座ったので、二の腕に触れました。彼女は嫌がらなかったので、徐々にスキンシップを増やして、手を繋ぎました。手まで繋いでお互いの距離が縮まったのと、カラオケの暗い部屋で二人っきりというシチュエーションで、どんどんエロチックな雰囲気になってきました。

カラオケが終わった後は、二人で手を繋いで外に出ました。もう恋人同士という感じでした。ダメ元でホテルに誘ってみると、OKだったので、ホテルへ行きました

ホテルに入ってからは、ベッドの上で、キスをしながらいちゃつきました。それから、どんどんお互いに興奮していき、私は服の上から彼女の身体を触りました。彼女は胸が大きかったですが、お腹も出ていました。それから、私たちは服を脱ぎました。服の上から触った感触通り、彼女は胸も大きく、お腹も出ていました
しかし、デブではありませんでした。

私たちはシャワーを浴びてから、ベッドでエッチしました。私は彼女の大きな胸を堪能した後、彼女をクンニしました。彼女を楽しました後は、今度は彼女に胸を押し付けてマッサージしてもらい、フェラチオしてもらいました。

その後は彼女が私に跨り女性上位でセックスし、女性上位→バック→正常位という流れでフィニッシュしました。フィニッシュした後は、少し休んだ後、もう一発やりました。ぽっちゃりの身体を堪能した1日でした。

ほんとにやってきたサンタさん


これは私の友達のお話です。
私と友達は二十前半にして彼氏もいなく、今年のクリスマスこそ彼氏作ってリア充するぞなんて意気込んでいました。
そして私は宣言通りちゃんと彼氏を作ったのです。それもクリスマスの一週間前に。
正直その時期にできるなんて二人して考えていなかったので今年も一緒に過ごそうなんて盛り上がっていました。
ところが私に彼氏ができてしまったので彼女は怒りつつ悲しみつつ、クリボッチを決めていました。
そのためかバイトを詰め込み、あえてクリスマスイヴもクリスマスも予定を入れていました。
彼女がせっせと働いている中私は彼氏と過ごしていたわけですが。
彼女は一日かけてバイトに入り、終電で自宅に帰ったそうです。
その帰りの事でした。
電車をおり、一人で夜道を歩いていると後ろから男の人が走って来たかと思うと目の前に立ちはだかったそうです。
何事かと思いつつ怖くて逃げようとしたらしいのですが、男の人は赤い服に身を包み、頭を下げたそうです。
「ボクと一晩過ごしてください!」
その姿はまるで本物のサンタさん。
というのもベルトに乗ったお腹はよくイラストで見るそれと大差がなかったのです。
もちろんそれがイラストのように可愛ければ笑って過ごされますが、現実は体格のいいおじさん。
そんな人に急にそんなことを言われても頷けるはずがありません。
彼女は無視して歩き去ろうとしたそうですが、横を通り過ぎる間際に腕を掴まれ、そのまま抱き寄せられたそうです。
そしてキスをされたとか。
一瞬驚いた彼女は動けずにいたそうですが、すぐさま押しのけようとしたそうです。
しかし当然女性が男性の力に敵うはずもなく、離してもらえませんでした。
次第に優しかったキスは激しさを増し、舌が口に入って来たかと思うと、舌と舌が絡み始め、濃密になり始めたと話していました。
ところがそのキスのうまさに友達は抵抗するのを忘れてしまい、そのまま体を預けてしまったそうです。
結局そのあとそのままホテルに連れ込まれ、一夜を過ごしたとか。
けれどその彼は朝目が覚めた時にはもういなく、ホテルのテーブルに手紙だけが置いてあったそうです。
「素敵な夜をありがとう。メリークリスマス」
それを見た彼女はその日バイトをさぼり、その幻のサンタさんを想って一人オナニーをしてしまったと私にこっそり教えてくれたのでした。

ステーキおごったお礼にやらせてくれた


あーお肉食べたーい
といきなり休憩時間に言い出したY子

あのなー食べることばっか考えてないで少しは…
だってーお肉食べたいんだもーん

だから人に話を聞けよ!
そんなんだからお前は太ってんだろうが

Y子は同じ職場に働く22歳
けっこう太ってるがY子はあくまで
ぽっちゃりです!と言い張る

まぁ明るいし愛嬌のあるいい子だとは思う

ほんじゃステーキでも食いにいくか?
軽い気持ちで誘った
えっ?おごりですか?

そんなつもりではなかったが…
1発やらせてくれるならおごりでいい
男らしく言い切った

え?え?私ですか?したいですか?
ばか そこはいやーんセクハラですぅ
とか言う所だろ どうしてそうなるんだ

いいですよステーキ食べれるなら

予想外の答えだった
しかしここで いや冗談だけど
と言うのも男を下げるだろう

しかたなくステーキをおごる約束をした
久しぶりに性行為ができそうだという期待と
ステーキっていくらするんだという不安が交差する

当日はほどほどのステーキハウスで6000円のステーキを食べた
さすがにおいしかった

食べた後Y子は
お肉食べたから次はエッチですね

そうあけすけだとこっちも困る

もうホテル代はないので
車の中でもいいか?と聞いたら
は あたしはどこでもいいですと
いい子だねお前は

車で人気のないところに停めて
Y子がさっそく
口でしてあげますね

あたしけっこう上手いんですよ
と なるほど これは気持ちいい
いいところを舌でチロチロと…
あ ちょっと待って
やばい

ドビュ

あれもう出ちゃった
Y子も拍子抜けするほどの早さだった

いやぁ はははは ほら久しぶりだったから
まだ勃つかなー?
Y子は入れてもらえるかどうかが気になるようだ

Y子に精液を吸い取ってもらって
バックから挿入
腰を突きだす度にお尻にお肉に
ぽよん となってそれがなんとも気持ちいい

と油断していていたら
あぶね
イキかけたところで何とか抜いた
ふう ふう 呼吸を整える

出そうになっちゃったの?
Y子が心配している
いや大丈夫だよ ごまかして正常位へ

あそこはヌルヌルしてぐねぐねして
内側が柔らかく絡みついてきて
Y子も気持ちよさそうな顔をしていて
アッ アッー!
声もでかい…

Y子の興奮してる姿を見てこっちも高まり
あっ ダメだ
慌ててお腹の上に出した

すぐ終わってすまないと思っていたらY子は
あたしで気持ち良くなってくれてうれしいー
と抱きついてきてくれた

あ 最後にY子にこれを聞いておかなきゃ
次は何食べたい?

ぽっちゃりの娘は食いやすい


出会い系サイトでぽっちゃりタイプの娘と会ったことが結構あります。
スタイルの良い娘の方も好きですが、少し肉付きが良くてムッチリしてるのも好みなので、あまりにもひどい肥満とか以外は気にしないようにしてます。
実際会う前に多少相手のスタイルに探りを入れますが、会ってみてこれはヒドイ!詐称してる!って感じた場合は少し話してお引取りしてもらってます。
あと、エッチしてみた感想としては、どの娘もエロいのと、エッチまで持っていきやすいっていう印象を受けました。

今でも鮮明に覚えているのは、20歳の娘で肉付きの良い娘と知り合いました。
50kmほど離れたとこから私の地元まで遊びに来てて、今から会える人で帰り送ってくれる人を探してました。
長距離ドライブは嫌いじゃないかったし、良い娘なら問題ないってことですぐ連絡して無事会えました。
外見は20歳っていってるけど、もっと若いか?って感じです。
体重は結構ありそう(165cmぐらいで60~65kgぐらい)だったんですが、女性特有の体つきじゃなくて、水泳選手のようなガシっとした肉付きなんです。健康美って感じですかね。
顔は普通lvなんですが愛想が物凄く良いんですよね。
出会い系で会えるlvだと上のほう、あと服装は派手系じゃないんですけど、ものすごく露出が多く胸が強調されていて、これはいっとくか!と車に乗せました。

彼女の地元方面まで車で1時間半はかかりそうだったんで、ゲームセンターとかでちょろっと遊んでから彼女の自宅方面へドライブしました。
道中でご飯を食べたり、コンビニによって飲み物やツマミを買いつつ、少し寄り道して夜景の見れる場所まで行きました。
山頂の駐車場に車を停めたのは夜の22時半ぐらいでしたが、幸い人気がまったくありませんでした。
車から降りて見晴らしの良い所でキスしてみると抵抗もなく、彼女から舌を絡めてくるんです。
ネットリとまとわりつくような濃厚なキスで、こちらが戸惑うぐらいでした。
周囲にも人がいないことはわかっていたので、そのまま胸を触ったり下着ごしにアソコを上下にさすったりして刺激しました。この時点で下着越しからもじっとしとした湿気を感じ、その気になってるのがわかりました。
イチャつきながら車に戻り、山のふもとにあるラブホに直行です。
もちろんラブホの場所は計算づくで、帰り道この夜景スポットで盛り上げてここにゴール!っていうプラン通りになったわけです。
部屋にはいるとまずシャワーを浴びました。
日中汗をかいてるし、臭いとか気にせずにしたかったんですよね。
脱衣所に彼女の体を触りながら脱がせ、一緒にシャワーを浴びて洗ってあげました。
こういうのに慣れてないのか、戸惑いつつも感じてる姿を見てこちらも興奮してきます。
そのままフェラしてもらって、生で挿入です。
中はものすごくネットリとしていて、すぐイキそうになりました。
このままだとやばいって思って、ベッドに場所を変えて再戦開始しました。
体を拭いたりして少し間があいたんですけど、彼女のアソコはヌレヌレのままで相変わらずネットリしてます。
一度中断したんですが、やっぱり我慢できずイッチャいました、もちろんイク時は抜いて彼女のおなかにドバーっと出しました。

私はもうスッキリしたんでこのまま送ろうかと思ったんですが、彼女がどうもスッキリしていないようで、ふにゃチンを弄ぶんです。
10分ぐらいすると、多少硬くなってきて、それを感じるとやさしくフェラしてきました。
こういう時にハードにされると私はダメなんですが、ゆっくり口でしてくる刺激が心地よく、みるみる復活してリベンジ開始となりました。
結局夜中の2時すぎまでで合計3回してから自宅方面まで送り届けました。
結構気に入ってもらえたみたいで、距離があるので毎週とかは無理ですが、月に1,2回会うセフレとして現在もさせてもらってます。


セフレ・遊び相手を見つけたいなら、”Jメールで出会いを探さない手はない。”ということです。 まじめな交際を相手を探すのもありですが、JメールではちょっとHな相手から飢えている熟女までセフレ探しに最適です。
Jメール
Jメールは会員数450万人突破の超大型優良サイトです。 会員数獲得の為に宣伝にも力を入れています。遊び・セフレ目的の女性の登録も圧倒的に多い。遊んで出会いを見つけないと損をしてしまいます♪